Same Category

5年以上愛用しているアイテム#1 BEAUTY&YOUTHのライダースジャケット

Updated on

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

洋服の寿命は案外短いです。
着ていくうちに擦れたり、伸びたり縮んだり、黄ばんできたりと、服はどうしても消耗品になりがち。
まだ着れる状態の服でも、趣味が変わって着なくなりクローゼットの中で眠っている服も。痩せたり太ったり、背が伸びたりでサイズが合わなくなる服もあります。
自分の経験上では同じ服を3年気に入って着られれば、長い方なのではないでしょうか。

1年2年で着なくなってしまう服がたくさんある中、長く使い続けている服にはそのぶん愛着もひとしお。
一生モノだ!と思って買ったはいいけど案外すぐに飽きてしまったり、何の気なしに買った服を意外にも長く着続けていたりするのも面白いですよね。

そこで、ぼくが5年以上使い続けているアイテムを紹介していきます。
こんなに服を買っているぼくでも5年以上使っているものとなるとその数はグンと減ります。でもそのぶん思い出深いものばかり。

スポンサードリンク

BEAUTY&YOUTH シングルレザーライダース

leatherjacket

BEAUTY&YOUTHのシングルレザーライダースジャケット。購入したのは大学1年生の頃なので6年前くらいです。
高校の頃からレザーライダースが欲しかったんですが「フェイクレザーなんて着たくない」と小生意気な持論を持っていたぼく。

手頃な価格のフェイクレザーには手を出さず、大学に入りやっとのこと貯めたお金を握りしめてレザーライダースを探しに行ったのを覚えています。
主要なセレクトショップを全て回って色々と試着しながら、最後に購入を決めたのがこのBEAUTY&YOUTHのレザーライダースでした。

DSC02957

このライダースジャケットに決めた理由はたくさん着てみた中で、最も長く使えそうだったから。
それはシンプルなデザインだけでなく、無理のないサイズ感や、首回りの裏側だけ汚れが落ちやすいようにコットンリブ仕様になっているところなど様々。
結果的に社会人になった今でも気に入って着続けているのだから、当時の自分を褒めてあげたい。

また革の質感が試着した中で一番良かったのも決め手になりました。触れると有機物らしい手馴染みの良さやしっとりとした触感を感じることができます。これはまずフェイクには出せません。
フェイクレザーとリアルレザーは見た目以上に手触りではっきりと違いがわかります。

1着5万円という当時にしてはかなり思い切った買い物でしたが、このレザーライダースは本当に買ってよかったです。

DSC02883

長く着ていることで革自体にもかなり味が出てきています。
特にお気に入りはこの袖口から肘にかけてのシワと革の伸び具合。5年間かけてゆっくりぼくの腕周りにあった形に変わっていっています。

服って基本的に買った瞬間をピークにそこからは劣化する一方だと思うんですが、革はその逆。
時を経るごとに逆に自分にとって価値が増していくのが革という素材のすごいところ。

短めの丈のコンパクトなシルエットでインナーをレイヤードさせて着るのがマイ定番。
肩〜腕周りの複雑なパターニングのおかげで体にフィットする立体感ある作りになっています。

DSC02886

5年も着ていると素材は頑丈でもさすがに縫製の方が悲鳴をあげるようで、実は脇の目立たない辺りが少し破れてしまっています。
修理に出してもいいんですが、なんとなく破れっぱなしでもそれはそれで良いかなと思ってそのまんま。直すとしたら自分で縫いたいな。

DSC02874

これからもガシガシと着込んで、さらに自分だけの1着にしていきたいです。

余談ですがBEAUTY&YOUTHのこのレザーライダースはかなり人気だった商品らしく、6年たった今でも細かなアップデートを加えながら定番商品として売られています。
先日ちょうど友人が春物のジャケットを探しているとのことで、BEAUTY&YOUTHに行ってこのライダースを紹介したら気に入って即購入していました。

今はもちろん、買ってから6年後も変わらず満足できるおすすめの1着です。

BEAUTY&YOUTHのライダースジャケット / 5年以上愛用しているアイテム#1

 

Related Posts

Recommended Posts