Same Category

Updated on

Apple Watchを”魅せる”時計に。SLG Designの本革バンドは最初に手に入れたい交換バンド。

少し前に「便利だから」ではなく「お洒落」だからという理由でApple Watch Series 3を購入しました。

Apple Watchをファッションウォッチとして使うために、まず考えたのは交換バンド。

購入時のスポーツバンドはどうしてもオモチャっぽいので、フォーマルなファッションにも合う革製のバンドを探して行き着いたのがSLG Designというブランドのもの。

実際に購入して使ってみましたが、作りも丁寧で見た目も良く気に入っているのでご紹介。Apple Watchを買ったけど毎日同じバンドは飽きてきたという方にオススメの1本です。

 

SLG DesignのApple Watch用本革バンド

SLG Designはレザーを使ったガジェットのアクセサリーブランド。スマホケースを中心にiPadやMacBookの周辺グッズなども販売しています。

ブランド名のSLGは「Small Leather Goods(革小物製品)」を意味していて、高品質な革素材を使った製品を作っています。

今回購入したバンドはイタリアの有名タンナー「バダラッシィ・カルロ社」のミネルバボックスを使用し、ハンドメイドで仕上げられた本格的な1本。パッケージもこだわって作られていることが伝わってきます。

パッケージの裏面にも自社デザイン・高級皮革・ハンドクラフトが強調されています。

 

手触りの良い革と、精巧な金属パーツ

早速開封してバンドを写真でチェック。

カラー展開はタンブラウン・グリーン・レッド・チョコ・ブラックの5色。今回はフォーマルにもカジュアルにも使いやすいチョコを選びました。

チョコは薄すぎず濃すぎない絶妙なブラウン。白のステッチが可愛いアクセントになっていて、男女問わず使えそうなデザインです。

こだわりの革素材は確かに上質で、目が細かく均一で手触りもすべすべ。

バックル部分に使われている金属パーツはマットなツヤ消し加工が施されています。

落ち着いた光沢でジャケットに合わせても違和感はなさそうです。

 

純正のような一体感あるWatchバンド

本体に装着してみました。サードパーティ製のバンドは連結部分の質感がApple Watch本体と合わないことがあるのですが、SLG Designのものはステンレスケースに付けても違和感のない見た目。

バックル部と違って連結部分はApple Watchにマッチするよう光沢仕上げになっており、純正バンドのような一体感があります。

シンプルかつ上質な本革バンドで、1つ持っていればApple Watchの活用の幅がグッと広がります。

 

Apple Watchがオンにもオフにも使える

品の良い革バンドはオンにもオフにも使用可能。ぼくも仕事の打ち合わせなどフォーマルな場から、休日のファッションまで幅広く合わせています。

ジャケットとシャツを着用したフォーマルよりな着用例。文字盤にシンプルな赤いサークルを選んでアクセントにしました。

こちらはカジュアルにデニムジャケットと合わせたコーディネート。カラフルな文字盤で手元に遊びをプラス。

 

Apple Watchの基本となるオールマイティバンド

ぼくはこれ以外にも用途やファッションに応じてバンドを使い分けています。ただその中でも”基本の1本”となるのがこのSLG Designのレザーバンド。基本的にはいつもこれを腕に巻いて出かけています。

価格は1本7,500円とサードパーティ製バンドにしてはちょっと高めですが、金額に見合ったこだわりは十分に感じられる製品です。

ミラネーゼループやリンクブレスレット風のバンドはサードパーティ製でも安く出回っていますが、革バンドとなるとやはり安いものは値段なりの品質のものが多い印象。

色々試すよりも最初にこれを買って、じっくり使い込んだ方が最終的にはお得ですよ。

SLG Designは同じくブッテーロレザーを使用した本革製のWatchバンドも販売。こちらは記事で紹介したミネルバボックスよりもカジュアルに使えそうなバンドです。

 

Related Posts

Recommended Posts