Same Category

今更Apple Watchを買いたいと思わせた、ある1つのアプリ。

Updated on

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

iPhone6やiPad Proが発表され、Apple Watchの話題は聞かれなくなりつつあります。

世間的には肯定派と否定派、真っ二つに別れていますが、
ぼくもこれまで好奇心程度でそれほど必要性は感じていませんでした。

しかしとあるアプリの存在を知って以来、今更ながらApple Watchが欲しくなってきています

スポンサードリンク

「aTimeLogger2」がWatch App化

「aTimeLogger2」はiPhone/iPad用のライフログアプリです。
この「aTimeLogger2」がWatch App化したと聞き、Apple Watchが急に気になり始めました。

 

このaTimeLogger2がどういうアプリなのかというのを、簡単にご説明。
ざっくり言うと、自分がどんな行動をどのくらいの時間行っているかを測定してくれるアプリです。

実際のアプリ画面はこういう感じ。

写真 2015-10-11 16 52 20

アプリを開くとすぐに予定の一覧がずらっと並びます。

写っているのは最初から登録されているものですが、予定は右上の「+」から任意に登録が可能。
例えばブログを書いている時間を計りたければ「ブログ」という項目を加えることもできます。

 

写真 2015-10-11 16 52 33

あとは今から始める行動のアイコンをタップすると、計測が始まります。
アプリを立ち上げて1タップで計測ができるので、面倒くささも少ないです。

 

写真 2015-10-11 17 08 21

ウィジェットからも操作が可能なので、どの画面からもアプリの操作が可能。

 

写真 2015-10-11 16 57 21

計測したログはこうして時系列や円グラフなど、様々な形式で表示が可能です。

アプリ内だけではなくCSVでのデータエクスポートにも対応しているので、あとはお好きなようにExcelでデータをこねくり回すことができます。

 

ただ項目別に時間を計るというシンプルな機能ですが、これは自分の時間を可視化できるという非常にパワフルな効果を持っていると思います。

お金を節約するための一歩が自分の「お金の使い道」を把握することであるのと同じように、毎日の生産性を上げるための第一歩は自分の「時間の使い道」を把握すること。

まさにタイムイズマネー
時間とお金の価値は同じなのに、これまでのぼくはお金に比べて時間の管理はザル勘定でした。

timeismoney

話が逸れてしまいましたが、ぼくも毎日の時間を可視化したいと思い、以前まで「aTimeLogger2」をiPhoneで使っていました。

しかし数週間使ってみて感じたことは、何か行動する度にiPhoneを取り出してボタンを押すことのハードルの高さ。
どうしても面倒くさくなってしまったり都度記録ボタンを押すのを忘れてしまったりで挫折してしまいました。

そんな時に「aTimeLogger2」がApple Watchに対応したということを知りました。

写真 2015-10-11 17 25 50

キャプチャからも分かるように、Apple Watchを使えばわざわざiPhoneを取り出さずとも、手首で予定の開始・終了の操作が可能になるようです。

さらにApple Watchのグランス機能に対応しているので、ウィジェットと同じようにどの画面にいても下からスッとスクロールしてaTimeLogger2の画面に移行できます。

「まさにこれがしたかったんだ!!」
まさにぼくがiPhoneアプリで挫折した問題をすべて一掃するレベルの機能に、ワクテカが止まりません。

今のところApple Watchを買う理由はほぼこのアプリの存在だけです。
しかしもしApple Watchによって「aTimeLogger2」での時間可視化をうまく実現できれば、その価値は計り知れないはず。

考えば考えるほどApple Watchが気になっているFukulowでした。。。

ちなみにもし仮に万一購入した場合は、このバンドを買ってお洒落にしてやろうと企んでおります。

 

Related Posts

Recommended Posts