Same Category

見たこともない光景に出会えるレンズ。ZEISS Batis 2.8/18 作例レビュー。

定期的に作例レビューを書いて、腕を上げたい。

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます。 当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

Carl Zeiss製のSONY Eマウント用レンズ『ZEISS Batis 2.8/18』を手に入れて約1ヶ月。
愛用のα7に付けて積極的に持ち出して撮影したので、ここまでの使用感などを作例を中心にレビューします。

これまで使っていた標準〜中望遠レンズとは全く勝手が違い、使いこなしにはまだまだ時間がかかりそう。
ただ大量の写真の中でたまに「これは」と思う写真をいくつか撮れるようになってきたので、さらに精進していきたいです。

スポンサードリンク

Batis 2.8/18のレンズ特徴

詳しいスペックなどは専門媒体に譲るとして、まずはBatis 2.8/18というレンズの特徴を、使用感などを中心に簡単に紹介。

330gの軽い本体

レンズ径が77mmと大口径なBatis 2.8/18ですが、見た目と裏腹に本体重量は330gと案外軽量。

同じく軽量なフルサイズ一眼α7と合わせても約880gと軽量で、1日中首から下げっぱなしにしていても辛くない重さ。
ぼくみたいな初心者カメラマンは、できるだけカメラを持ち出してたくさんシャッターを切るのが技術向上の第一歩なので、軽さは正義。

店の暖簾が風に揺れる。そんな一瞬の瞬間を収めることができるのも常にカメラを携帯しているからこそ。

持つと手に馴染むレンズ形状

Batis 2.8/18の魅力は軽さだけでなく、そのレンズ形状にもあります。

レンズはフィルター径こそ大きいもののマウント部にかけて細くなっていく形をしています。

その独特な形状と全長の短さのおかげで、レンズを支える左手への収まりがとても良好。

隅々まで解像感高く写したいこうした場面では、暗所でも極力絞り込んで撮影したいもの。手収まりの良いBatisはホールド性能もよく、手ブレを防ぎながら撮影できます。

被写体と正対したくなる歪みの少なさ

Batisを使うまでは広角よりの画角はどうしても歪みが生じるというイメージがありました。魚眼レンズなどその歪みさえも味にしてしまう写真もありますが、自分の表現力の乏しさゆえ、どうしても歪みなく写したいという気持ちが強くて。

Batisは18mmと超広角レンズにも関わらず、周辺の歪みが少ないレンズだと聞いていました。

実際に撮影してみるとその前評判は本当で、直線を直線としてまっすぐ写してくれるBatisの歪みの少なさは本当に素晴らしい。

歪み補正機能や撮影後のレタッチなどを使わずとも、キレの良い直線が撮影できるのでついつい被写体と正対して撮ってみたくなるのです。

 

Batis 2.8/18作例

ここからはZEISS Batis 2.8/18で撮影した作例を紹介。
見上げる・あおる・寄る・広さを表現するという、4つの撮影手法別によく撮れたと思うものを載せておきます。

見上げる

Batisを購入してから、空を見上げることが本当に多くなりました。

天に吸い込まれていくように伸びる建物、空を覆う木々、そして空の青さを美しく表現してくれる描写力。手にするとついその日の空を写したくなるレンズです。

その広さゆえ自然と太陽が画角に入ってくることも多いですが、逆光に強いのも素晴らしい。

ちなみに空を撮影するときは円偏光フィルター(PLフィルター)を装着しています。これを使えば明るい空を写しても白とびせず、青々とした空を撮影できるようになりました。

あおる

18mmの世界は少し角度をつけて撮影するだけで遠近感のあるダイナミックな写真が撮影できます。

鳥居のこってりとした朱色がよく出ています。

先日BLOGGERS TEA PARTYで行った浅草フォトウォークでも、広角レンズが活躍。拝殿を角からあおって撮影することで屋根の鋭角が強調されるなど、広角レンズの楽しさを少しずつ掴めてきました。

寄る

開放F値2.8の明るさを持ち、最短撮影距離が0.25mmなので被写体にグッと寄って撮影することも可能。

ピント面はしっかりと、ボケは柔らかく写してくれます。前述の用に軽くてコンパクトなので、お散歩用のスナップレンズとしても使えそう。

広さが気になるときはカメラ側で「APS-Cサイズ撮影」をONにすれば、換算27mmになりスナップシューティングにより使いやすくなります。その日の気分や用途に合わせて使い分ければ、幅広いシーンで楽しめるレンズです。

広さを表現する

何といっても広角レンズの楽しさは広い空間を丸々写し切ること。

人の視野よりももっと広い18mmという画角は、ファインダーを覗いた瞬間に思わずたじろぐことも。
ただ、足元に見える交差点と、奥に写る地平線を同時に1枚に収めるような、肉眼では見れない風景を写せるのが超広角レンズの魅力。

目の前の光景全てが写り込んでしまうので、これまで以上に構図を意識して撮影することが多くなりました。

 

見たこともない光景に出会えるレンズ

これまでレンズは50mmを中心に写真を撮ってきて、少しはカメラの扱いにも慣れてきたと思っていました。
しかしこのレンズを使って写真の奥深さと自分の未熟さを思い知ると同時に、一眼レフを買った当時のような新鮮な楽しさを感じています。

腕前はまだまだですが、そんなぼくでもこれだけ迫力ある写真が撮れるのがBatis 2.8/18の力。

かなり値は張りますが、SONY FEマウントで写りの良い広角レンズをお探しならきっと満足できる1本。もう一度、写真を撮る楽しさを思い出させてくれるレンズです。

 

Related Posts

Recommended Posts