Same Category

ぼくがファストファッションで毎月1万円分の服を買うことに決めた理由。

Updated on

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

タイトルの通り今月から『毎月ファストファッションで1万円分服を買う』という試みを始めてみようと思います。

以前少し書いたように、これまでぼくは使い捨てのイメージが強かったファストファッションは、あまり好きではありませんでした。
そんなぼくが毎月ファストファッションで服を買おうと思った理由を書いてみます。

スポンサードリンク

似てるようで違う『ファッション好き』と『服好き』

ぼくはこんなブログを書いているように、ファッションがとても好きです。
格好良い服やコーディネートを見るとわくわくしたり、つい着てみたくなります。

ただ、個人的な見解として『ファッションが好き』という人の中には大きく2種類の人がいると思ってます。
それが『ファッション好き』と『服好き』。

shutterstock_101952877

ファッション好きというと、文字通り色んな服を買って自分なりのコーディネートを楽しんだりするのが好きな人達です。
「今日の服装おしゃれだね」と言われると、嬉しくなっちゃうタイプの人。

それゆえ、ファッション好きな人はコーディネートの中に、自分なりのこだわりを持っていることが多いイメージです。
「トップスはこういった雰囲気にしたから、ボトムスは敢えてこんなテイストにして個性を…」という感じ。

20140403_80b19a

これに対して服好きというのは、ファッションが好きなのはもちろんですが、どちらかというとプロダクトとしての「服」に魅力を感じる人達。
ファッションとアートが同列で語られることからも分かりますが、服ってアート作品なんです。美しいんです。
服好きの人たちは「その○○(バッグ・靴など)、格好良いね」と、個別のアイテムを褒められると嬉しくなる人々。

服好きの人たちはアイテム個別の中に、自分なりのこだわりを持っています。
「ここの縫製や製法がこうで…」「この古着は○○年代のもので…」という感じでしょうか。

 

ぼくはこの2つの分類において、どちらかというと後者の『服好き』な方です。
テーラードジャケットがトルソーに掛かっている時の凛とした佇まいや、レザーライダースの無骨なZIP使いなどを見ているのが好きです。

 

もっとファッションを楽しみたいと思った

ファッション好きは多くの服を持っているのに対し、服好きは質の良い服を数少なく所有していることが多いです。
ぼく自身も昔から、気に入った服を買って長く愛用するという買い物の仕方が好きでした。

しかしそうなってくると財布の関係上、どうしても買える服が少なくなります。
さらに自分が気に入った服をよく吟味して買うことになり、自然と自分の嗜好に沿った服ばかり買うようになってしまいます。

それはそれで自分のスタイルが確立していることなので悪いことではないのですが、どうしてもファッション的にはマンネリ化してしまうんですよね。

毎月1万円分ファストファッションの服を買う。
ファストファッションなら手頃な価格で、これまではなかなか挑戦しなかったような服にも気軽にチャレンジできます。

こうしてブログを書いている立場としてもっと幅広いファッションを知るためにも、そしてなにより自分自身もっとファッションを楽しむためにも、今回こうした試みを実践しようと思いました。

 

ファッションを自由にするための服

fast-fashion-2

毎月1万円という価格に意味はありませんし、縛りもありません。
1万円あれば安いものなら数点、高いものでも1つは買うことができるかなと思った程度です。

気に入る服がなければ無理に買う必要もないし、気に入ったものがあれば1万円以内にこだわるつもりもありません。
自分の心の中に「毎月ファストファッションで新しい服に挑戦する」という意識付けができればと考えています。

勘違いして欲しくないのが、ファストファッションは安いから失敗しても後悔が少ないということではありません。
使い捨て感覚で利用するのではなく、もっとファッションを自由に楽しめるためにファストファッションを利用したい。

そんなファッションを自由にするための服として、ファストファッションを大いに活用してきたいと思います。
また買ったものやオススメアイテムがあればご紹介します!

 

Related Posts

Recommended Posts