Same Category

【メンズ】カーゴパンツを大人っぽく着こなす為の、4つのチェック項目

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

ここ数年インディゴデニムにハマり、デニムばっかり履いているFukulow。しかし春ということもあり少し新しいボトムスにも挑戦したい、そんなお年頃なのです。

そこでいま目をつけているのがカーゴパンツ。簡単にいうと軍パンですね。
これまでミリタリーアイテムってカジュアル感が強くなりすぎるので避けていました。最後にカーゴパンツを履いた記憶があるのは中学2年くらいです。

しかし最近カーゴパンツをオシャレに大人っぽく履きこなしているコーディネートを見かけることが多くなり、興味が出てきた次第。
今回はいろんなコーディネートを見て、カーゴパンツを大人っぽく履くためにチェックすべき項目を4つにまとめたので、紹介します。

スポンサードリンク

1.どんなデザインがいい?

→とにかくシンプル、絶対。

大人っぽくカーゴパンツを履きこなすなら、同アイテムの特徴でもあるサイドポケットのみの控えめなデザインが良さそう。

20160213215327464_1000
Photo by WEAR

本来カーゴパンツはサイドアジャスターやドローコード、ハンマーループなど、実用的なディテールがたくさん付けられています。
しかしボトムスがごちゃごちゃしていると、どうしてもコーディネートは子供っぽくなっちゃいがち。

古着の味のあるカーゴパンツももちろん格好良いんですが、セレクトショップなどで売られている現代風にアレンジされたものもオススメです。

 

2.シルエット・丈感はどうする?

→格好良く見えるのはこの3パターン

デザインの次はパンツのサイズ感。ここでは主にシルエットと丈感について見ていきます。
様々なコーディネートを見ていくなかで、大人格好良いカーゴパンツのサイズ感は以下の3つのどれかに当てはまりました。

スリムシルエット×フルレングス

20151112183954712_1000
Photo by WEAR

まずは基本のフルレングス。
カーゴパンツといえば元はダボっとしたシルエットのパンツです。ミリタリー発祥のアイテムなので機能性を重視した作りになっています。

ですがフルレングスで太めのものを選ぶと、ダボっとして”中学生感”が出てしまうので細身のものを選ぶのが安心。
またフルレングスと言えども、丈が長すぎるのもだらしないので引きずらない程度の丈感で。

テーパードシルエット×9部丈

20150512151612688_1000
Photo by WEAR

テーパード(裾にいくほど細くなってくもの)タイプのカーゴパンツは、9分丈くらいにしてソックスやくるぶしを見せて履くとスマートに見えます。
ルーツ的にもテーパードシルエットのカーゴパンツというのは古着には無いシルエットなので、ブランドやセレクトショップオリジナルのものを探してみてください。

ワイドシルエット×ロールアップ

20150525152739598_1000
Photo by WEAR

最後はカーゴパンツの定番であるワイドシルエット。ズドンと太めのタイプです。
このタイプは物にもよりますが、そのまま履くとかなりカジュアル感もとい中学生感が出てしまうこともしばしば。

大人っぽく履きこなすなら裾をロールアップして9〜8分丈くらいにしてあげると、メリハリがついてすっきり履きこなしやすくなります。
カーゴパンツに限らず、ワイドパンツはクロップド丈にすると履きやすくなります。

着こなしテクニック:ワイドパンツ×クロップド丈

ワイドパンツはクロップド丈の物を選んでメリハリをつければ、だらしなく見えない。 詳しい解説を読む

 

3.色・柄は何を選べばいいの?

カーキ・無地が合わせやすさ抜群

20160118184706820_1000

Photo by WEAR

色はオリジナルカラーでもあり、他のアイテムとも合わせやすいカーキがオススメ
ちょっと薄めのカーキカラーだと、他の色とも合わせやすいです。

柄は最初の一本だと無地を選ぶのがベター。迷彩柄のパンツは軍隊のようになりがちで、慣れないうちは難しいアイテムです。

 

20160203003314537_1000
Photo by WEAR

ただ、迷彩柄のカーゴパンツは履きこなしこそ難しいですが、うまく使えばこんなに男らしいコーディネートに仕上がります。
普段から柄パンに履きなれている人は、是非ともチャレンジしてみては。

参考↓
【メンズ】ファッションスナップ No.017 Yuto/びーとるさん

 

4.どうやって着こなす?

ソックスor靴に白色を使って爽やかに!

今っぽく、さらっとミリタリー要素を取り入れたカーゴパンツの着こなしは、ソックスや靴など足元に白系アイテムを合わせてあげるのがポイント。

着こなしテクニック:ミリタリー × 白アイテム

土臭く野暮な印象になりがちなミリタリーアイテムは、白アイテムで爽やかに着こなすと◎。

特にカーゴパンツ×白ソックス×黒の革靴というボトムススタイリングが多いです。ぼくも買ったらまずはここから真似してみよう。

20160225180732582_1000
Photo by WEAR

クロップド丈のカーゴパンツから白ソックスを覗かせています。
インナーのTシャツも白を選んで、ミリタリーパンツをクリーンに着こなしています。

20150607100834989_1000
Photo by WEAR

黒を基調としたコーディネートでも、足元から白ソックスがチラッと見えるだけで、印象は大きく変わります。

20160209210038656_1000
Photo by WEAR

このくらいさりげなく見せるのが、格好良いですね。
カーゴパンツには革靴でもぼってりとしたフォルムのものを合わせると、バランス良く決まります。
写真ではDr.Martinですが、ぼくがヘビロテしてるchurch’sのシャノンでも合いそう。

20160229121434721_1000
Photo by WEAR

こちらはスニーカーで白を取り入れています。
スニーカーの場合、CONVERSEのジャックパーセルや、adidasのスーパースターなんかが良いですね。

 

20160217230158393_1000
Photo by WEAR

また、ブラウン系のアイテムと合わせればアメカジっぽい雰囲気にも。
このコーディネートのようにRED WINGのブーツや、アウトドア系のブーツなんかも相性良いですよ。

 

以上、カーゴパンツを大人っぽく履きこなすためにチェックすべき4項目でした。
カーゴパンツは1本持っていれば年中問わず履けるので、使いやすいやつを是非1本は手に入れたいですね。
日々のコーディネートにマンネリを感じている人は、パンツを変えればガラッと雰囲気が変わるのでオススメですよ。

 

Related Posts

Recommended Posts