Same Category

【メンズ】春に着たいデニムジャケットのおしゃれな着こなし9選!

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

みなさんデニムジャケット(ジージャン)って持っていますか?
デニムジャケットは羽織として春や秋に大活躍してくれるアイテム。さらに春だけでなく冬もミドラーとして着回しが可能な万能な服です。

そんなデニムジャケットの格好良い春の着こなしを集めました。
普通に羽織るだけはもちろん、色々な使い方ができるので、ぜひデニムジャケットを着倒してみてください!

スポンサードリンク

冬っぽさを残しつつ徐々に春物へシフト

20151011123844394_1000
Photo by WEAR

冬~春に向けてまだ肌寒いときには、タートルネックのニットと合わせて。
パンツもウールのチェック柄を選んだりハットを合わせたりすれば、デニムジャケットでもしっかりと冬っぽさを演出できます。
足元だけは白のスニーカーで爽やかに。

 色物のインナーをレイヤードするテクニック

20151009155442627_1000
Photo by WEAR

こちらもまだ寒さの残る時期に実践したい着こなし。
ブラックトーンで統一した中に、赤い柄スウェットで刺し色を入れています。

前ボタンを上だけ留めて、裾部分からインナーをチラ見せするテクニックは見習いたいですね。

 ミリタリーパンツと合わせる

20151009154115910_1000
Photo by WEAR

ボトムスにカーキのカーゴパンツを持ってきた、ミリタリー風の着こなし。
ジージャンと軍パンはともに男臭いアイテムなので、インナーでは白Tを入れて爽やかにまとめています。

着こなしテクニック:ミリタリー × 白アイテム

土臭く野暮な印象になりがちなミリタリーアイテムは、白アイテムで爽やかに着こなすと◎

 スウェットパンツで春らしい着こなし

20151011174410299_1000
Photo by WEAR

グレーのリブスウェットパンツでスポーツMixな春の着こなしを。
あまり部屋着感が出ないよう、他のアイテムは濃い色味を選んでメリハリをつけるのが大切です。

ホワイトコーディネートでデニムの野暮ったさを払拭

20150419113015022_1000
Photo by WEAR

野暮になりがちなデニム素材も、白基調のコーディネートと合わせれば洗練されたイメージになります。
キメキメにならないよう、ニットキャップなどでゆるいストリートスタイルでまとめると着やすいです。

デニムセットアップは色味を揃えることを意識して

20150419125050255_1000
Photo by WEAR

デニムジャケット+デニムパンツのセットアップスタイル。
デニムセットアップは上下でデニムの色味が違うとちぐはぐな印象になってしまうので、揃えることが重要。
できれば同じブランドで揃えることが望ましいです。

スキニーパンツと合わせてアメカジ&ロックスタイル

20160116142350656_1000
Photo by WEAR

上半身はデニムジャケットにジップパーカー、プリントTのアメカジスタイル。
対して下半身はスキニーパンツと柄コンバースでロックな雰囲気をMixしています。

ボーダーTカットソーでマリン風コーデ

20160116110045325_1000
Photo by WEAR

デニムジャケットにボーダーカットソーを合わせて、春夏の定番マリン風コーデ。
ただしジャケット以外の色味をモノトーンにすることで、少し辛口要素をプラスしています。

ショーツと合わせる時は膝上丈がオススメ

20150902000432538_1000
Photo by WEAR

暖かくなってきたらショーツと合わせたいデニムジャケット。
膝下丈のショーツはデニムジャケットの印象と相まって、どうしてもカジュアル感が強くなりがち。

思い切って膝上丈のタイトなショーツと合わせることで、全体が引き締まります。

 

秋〜春まで使える万能アウター!

ご覧いただいたように、デニムジャケットは秋の始まりから春まで着まわせる万能アウター
着こなしひとつで色々な雰囲気を作ることができます。

デニムでできているのでガシガシ着ても頑丈で、経年変化も楽しむことができ、メンズなら1着は持っておいて損はないはず。

今年の春はぜひお気に入りのデニムジャケットをひとつ手に入れてみませんか?

 

Related Posts

Recommended Posts