Same Category

【メンズ】じわりと流行中。ワイドパンツで作るおしゃれコーデ8選

ぼくも今季ワイドデニム買いました。

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

「ノームコア」
ファッションに興味がある方なら一度は聞いたことある言葉でしょう。ここ数年ファッション界を席巻していた「普通こそがおしゃれだ」というトレンドがノームコアです。
ノームコアの風潮はコーディネートのシルエットにも如実に表れていて、これまでは「ジャストサイズまたはやや細身」シルエットが人気でした。

しかしファッションとは流行する頃にはすでに時代遅れになってしまうもの。
「頑張る人」と差をつけるためのノームコアが大衆まで流行してしまうと、今度は「頑張らない人」と差をつけるために少し個性を加えた服装が今のファッションの潮流です。

ここまで行ったり来たりすると、トレンドなんてものに左右されないのが一番良いとも思えてきますが、乗る乗らないに関わらず流行を把握しておくことは大事です。ファッションでは文脈というものも価値判断の一つなので。

前置きが長くなってしまいましたが、要はワイドパンツ!ワイドパンツが今キテるのです
そこでワイドパンツを使ったおしゃれな着こなしをサンプルコーデとともにご紹介。ぼくも今季1本買っちゃいましたが、履きこなせばコーディネートの幅が広がりますよ!

スポンサードリンク

ジャケットはカジュアル素材を選ぶと合わせやすい

20160122081042520_1000
Photo by WEAR

かっちりしたテーラードジャケットとカジュアルなワイドデニム。
相反したテイストの両者を合わせる際は、ウール素材や柄物などカジュアル寄りのジャケットを選べばまとまりやすいです。

そのぶんシャツを第一ボタンまで留めたり、レザーシューズを履いてカジュアル全開になりすぎないようにするのがポイント。

 

全体的に緩めのサイジングで合わせる

20160222173940795_1000
Photo by WEAR

上下とも大きめのサイジングに設定し、色味もペールトーンでゆるい雰囲気に仕上げたコーディネート。
ビッグ×ビッグシルエットはそのままだとダラしなく見えるので、締める部分を作ってメリハリをつけるのが大切です。

このコーディネートは「パンツをクロップド丈に」「中のデニムジャケットで色味・素材感を変える」という2点でメリハリをプラス。

着こなしテクニック:ビッグ×ビッグシルエット

上下ビッグシルエットにするときは、コーデ全体にメリハリをつける。

 

モードな雰囲気を作るにもワイドパンツは活躍

20160220153806918_1000
Photo by WEAR

ワイドシルエットのスラックスはモードファッションの定番アイテム。
コーディネートを単色で統一して、クロップド丈のワイドパンツを選べば簡単に格好良いモードスタイルを作れます。

こちらのスタイルのように所々に差し色(ここでは白)を散りばめれば、こなれた印象にしやすいですよ。

 

テーパードシルエットはワイドパンツ初心者にもオススメ

20151128200830811_1000
Photo by WEAR

ワイドパンツに抵抗がある人は、まず裾にかけて徐々に細くなっていくテーパードシルエットから挑戦するのが◎
ワイドパンツ特有である裾のヒラヒラ感がなく、太いけどスッキリとした雰囲気に仕上がります。

クロップド丈のものを選ぶのも、ワイドパンツ初心者にオススメしたいポイント。

 

ゆるコーデで意識するべきは「素材感」と「色味」

20160214233715510_1000
Photo by WEAR

コート、カットソー、パンツその全てがオーバーサイズのゆるコーデ。
ゆるいスタイルを作るときはアースカラーやペールトーンの色味で、柔らかい素材感のアイテムを選んでリラックス感を出しことを忘れないで。

このコーデもパンツは引きずらずにクロップド丈にしています。

 

ホワイトパンツで作るフレンチスタイル

20160105080503775_1000
Photo by WEAR

白パンツをロールアップして赤ソックスをアピール。そこにストライプシャツのブルーでトリコロールカラーの完成。
コットンパンツでもデニムでも、ワイドシルエットをロールアップして赤ソックスを見せれば簡単にフレンチスタイルっぽくなるのでオススメですよ。

 

春夏はAラインシルエットで着こなすのが正解!

20150921083614796_1000
Photo by WEAR

徐々に薄着になってくる春夏のファッション。
そんな春夏スタイルにハマりやすいのがワイドパンツを使ったAラインコーデ。
※Aラインコーデ:上半身をタイトに、下半身にボリュームを作る「A」の文字のような裾広がりのコーディネート。

薄着になりトップスがコンパクトになってくる春夏こそ、ワイドパンツでAラインシルエットに挑戦したい。

 

トップスをタックインで一気にモードスタイルに

20150923001941549_1000
Photo by WEAR

夏はTシャツ一枚のときなど、どうしても差をつけにくくなる時期。
そんなときはワイドパンツにトップスをタックインするだけで、一気に個性派モードスタイルになります。

ガチガチモードではなく、サンダルを合わせてヌケ感を作ってあげるのが春夏らしいスタイル。

 

取り入れるなら、今!

ワイドパンツはどうしても「上級者向け」と思われて敬遠されがちですが、程よいボリューム×シンプルなデザイン×クロップド丈を選べば全然難しいアイテムではありません。

特に薄着になってくる春夏はボトムスに多少クセがあっても、全体としてスッキリ仕上がりやすいです。
トレンド的にも申し分ない時期なので、今季はぜひワイドパンツに挑戦してみませんか?

ワイドパンツの着こなしは下記でも記事にしているので、参考にしてみてください!

太めパンツはメリハリが大事。着こなしテクニック③『ワイドパンツ×クロップド丈』

 

Related Posts

Recommended Posts