Same Category

吸い込まれるミラーディスプレイ。DAMUEのカスタムG-SHOCK GDを購入!

DAMUEの無骨さとスタイリッシュさが同居したデザインが、やっぱり好き。

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます! 当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

カスタムG-SHOCKブランド『DAMUE(ダミュー)』
既存のG-SHOCKをシルバーパーツで換装し、無骨なG-SHOCKを大人仕様に変えてしまうジュエリーブランドです。

Fukulowがいま一番惚れ込んでいるウォッチブランドでもあり、過去には熱を込めた記事も書きました。

そんなDAMUEには前回ぼくが購入した「5600 Silverモデル」以外にも多くのラインナップを展開しています。

今回は無骨なビッグフェイスと、神秘的でシャイニーなミラーディスプレイが格好良いモデルを購入しましたので早速ご紹介いたします!

スポンサードリンク

DAMUE Custom G-SHOCK GD

購入したのは「DAMUE Cusutom G-SHOCK GD Silver」というモデル。

前回購入した5600はスクウェア型でしたが、GDはラウンドフェイス。

「GD-100BW-1JF」という品番のG-SHOCKを元にカスタムしたモデルで、G-SHOCKの中でも“BIG CASE”という大きめなサイズ感の時計です。

実はDAMUEのブランドサイト制作を一部お手伝いしていて、その報酬を相談していた際に、お金ではなくこのGDモデルを購入させて欲しいとぼくから申し入れたのがきっかけです。

これから春夏シーズンで薄着になり、インパクトある大きめな腕時計が欲しいと思っていたので、快諾いただき少しだけお安くしてもらって購入に至りました。

 

早速開封!無骨×ラグジュアリーなフェイス

早速購入したCustom G-SHOCK GDを開封。

パカっと黒い化粧箱を開くとクッションに巻かれた状態でカスタムG-SHOCKが鎮座。
文字盤がミラーになっていてうっすらと反射しているのが分かるでしょうか。

DAMUEはG-SHOCKのカスタムパーツを中心に、様々なシルバーアクセサリーを展開するジュエリーブランド。

製品のパッケージングや開封するときの高揚感は、時計のそれよりもジュエリーに近い感覚です。

早速アップでウォッチフェイスをチェック。

中央に並んだ小さな5つのディスプレイはアラーム設定状況の有無を表示したり、秒数を視覚的に表しています。

ケースの中のパーツも元から反射性の金属で作られているので、シルバーのカスタムパーツやミラーディスプレイと相まってラグジュアリーな光沢を放っています。

メカメカしいケース内の複雑な構造と、高級感ある金属反射の瞬きがこのGDモデルの最大の魅力だと個人的に感じます。

まさに無骨×ラグジュアリーという、カスタムG-SHOCKのコンセプトをよく体現しているモデル。

サイドからも1枚。
BIG CASEシリーズということでケースも多少厚みがあります。

1点注意なのが背面のバンド留めのバックル。
写真ではシルバーのバックルですが、こちらG-SHOCK側の仕様変更により現在は黒のバンド留めになっているとのことです。

 

5600とGDを比較してみた

せっかくDAMUEの時計を2本持っているので、前回購入した5600と今回購入したGDを並べて比較してみました。

見るとやはりフェイスは今回購入したGD(左)の方がひと回りほど大きいです。

5600(右)も決して小さい時計ではないので、GDの方はかなりインパクトのある大きさだということが分かります。

バンド部分も比較。
5600(右)と比べるとGD(左)はやや太めのバンドになっています。

バンド穴も5600が1穴なのに対して、GDは2穴式。

オーソドックスな時計が好きな方なら5600、無骨で少し大きいくらいが格好良いという方はGDを選ぶと良さそうです。

 

存在感ある時計は日常にも映える

早速Custom G-SHOCK GDを付けて色々と写真を撮ってみました。

朝のコーヒーを片手に。
スポーティなナイロンブルゾンと合わせてみました。

Processed with VSCO with hb2 preset

カフェでの作業中のひとコマ。
シルバー×ブラックのコンビネーションは、Macなどのガジェット類とも馴染みます。

Processed with VSCO with hb2 preset

「無骨なDAMUEだから合わないかな?」と心配だったテーラードジャケットとの組み合わせ。
フェイスに光沢があるので、案外硬めのジャケットとも合わせられそう。

レザージャケットとの組み合わせは文句なしに相性抜群。

 

DAMUEは従来のG-SHOCKをデザインから一新

最後は少し余談ですが、デザイナー梅田さんから面白いものをいただいたので紹介します。

下の写真は今回購入したカスタムG-SHOCKと、カスタム前にもともと付けられていたオリジナルのフロントパーツ。

見てみると両者はシルバーとプラスチックという素材の違い以外にも、デザインから全く違うことが分かります。

よく知人から「DAMUEってオリジナルパーツの型をとってシルバーにしただけ?」と聞かれるんですが、これは間違い。

ちゃんとモデルごとにDAMUEの世界観に合うようパーツをデザインし、固定ネジもオリジナルの6本から4本に減らしてミニマルな仕上がりを追求するなど、非常に手が込んだ造りになっています。

公式の商品画像を並べて見てもその差は一目瞭然。
カスタムとはいうものの、オリジナルへのリスペクトを残した上でデザインは完全に一新しています。

こちらがCustom G-SHOCK GDが完成するまでに製作した試作品の数々。
実際にはこの倍以上の試作品を作り、半年以上の検証を重ねて今のクオリティになったのだそう。

製品を使っているだけでは見えないけど、こういうものづくりの姿勢を見るとその物への愛着も増すような気がします。
大切に作られた物だから、大切な時に身に付けたいし、大切に使っていきたい。

Processed with VSCO with hb2 preset

というわけで当分時計はDAMUEの5600とGDの二本体制でやっていこうと思います。

今はまだ寒いけど、暖かくなってきて時計を思いっきり見せられる季節が今から楽しみ。

How do you feel?

DRESS CODE.の記事に関するご意見を募集しています。アンケートに回答し記事をシェアいただいた方にはAmazonギフト券500円分をプレゼント。いただいたご意見はすべて目を通し今後の運営の参考にさせていただきます!

この記事のアンケートに答える

 

Related Posts

Recommended Posts