Same Category

【メンズ】エスパドリーユのオススメブランド7選!コーデにリラックス感をプラスしよう。

少し前に比べてエスパドリーユを履いている人が増えてきましたね。

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

夏に履くシューズといえば真っ先に思い浮かぶのがサンダル。
最近はスポーツサンダルやシャワーサンダルなど、サンダルの種類も多様で夏の選択肢が増えてきました。

今回はそんなサンダルに続いてもう一つの選択肢になりつつある夏シューズ「エスパドリーユ」のオススメブランドを7つご紹介。
サンダルよりも大人っぽく決まって履き心地も快適なので、一度履けばハマる人続出です!

スポンサードリンク

エスパドリーユってどんな靴?

まずはエスパドリーユという名前を聞き慣れない人もいるかと思うので、まずはどんな靴かを簡単に紹介。

エスパドリーユとは基本的に底がジュート麻、アッパーはキャンバス生地でできた柔らかいスリッポンタイプの靴を指します。その軽さや通気性の良さで夏のリゾートスタイルやマリンスタイルなどで使われることが多いシューズです。

img1_l

聞きなれない発音のエスパドリーユ(espadrille)という名前はフランス語。フランス〜スペインあたりにあるバスク地方の農作業用の靴が発祥で、現在も主な製造国はスペインとフランスです。スペイン語でエスパドリューと呼ぶ場合もあります。

元は作業靴だったエスパドリーユですが、1960年頃にイヴ・サンローランがコレクションでエスパドリーユを発表して以来、ファッションアイテムとして広く使われるようになったとか。
これをきっかけにシャネル、クリスチャンルブタン、ロエベなど様々なハイブランドがコレクションシューズとしてエスパドリーユをリリースするようになりました。

436b53209c85b679419f4e85dc58c917

元が作業靴でカジュアル要素の強いアイテムですが、名だたるメゾンブランドも取り入れるほどファッッション性・ラグジュアリー性が高いシューズがエスパドリーユです。

 

エスパドリーユのおすすめブランド

ここからが本題。メンズでおすすめのエスパドリーユブランドを紹介していきます。
スニーカーや革靴と違ってまだ認知度の低いエスパドリーユですので、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

1.Castaner(カスタニエール)

castaner1

カスタニエールは1810年に創業したスペインの老舗シューズブランド。
リーズナブルで快適なカスタニエールのエスパドリーユはすぐに世界で確固たる地位を築き上げました。

その後はラグジュアリー路線にも積極的に製品を展開。上述のイヴ・サンローランのコレクションシューズを手がけたのもカスタニエール社です。他にもディオールやセリーヌ、クリスチャン・ルブタンなど様々なブランドの製作を担当するまさにエスパドリーユシューズを牽引するリーディングブランドです。

2.Soludos(ソルドス)

soluds

Soludos(ソルドス)は2009年に設立されたアメリカ発のブランド。
伝統的なエスパドリーユをカラフルな色や模様で現代的にアップデートさせたソルドスのエスパドリーユは、ハリウッドセレブにも愛用者が多いいです。普段使いしやすいリーズナブルな値段も人気の秘密

3.gaimo(ガイモ)

gaimo

1978年スペインで誕生した人気ブランドgaimo
一足一足、職人の手作業によって麻縄をソールに巻きつけるなど手の込んだ製法で評価の高いブランドです。フランスやイタリアの高級ブランドのエスパドリーユも手がけており、品質は折り紙付き

4.VULCALINI(ブルカリーニ)

vulcalini

1987年にスペインの伝統的な靴作りの街「エルチェ」で創業したVULCALINI(ブルカリーニ)
ハンドメイドで作られた履き心地の良さと、アッパーの発色良いスウェード素材が特徴的なエスパドリーユ。カラーバリエーションも豊富なので選ぶ楽しさもあります。

5.SALVI(サルヴィ)

salvi

SALVIは元々ジュート(麻)ソールのみを生産していたファクトリーでしたが、1992年に自社のソールを使ったブランドをスタート。それが手頃な価格帯のエスパドリーユとして地元スペインで評判を呼び、現在は世界中で人気を集めています。

価格がCASTANER(カスタニエール)やgaimo(ガイモ)などと比較しても6,000円台と比較的安い方なので、最初のエスパドリーユとしておすすめです。

6.KEPT(ケプト)

kept

イタリアで創業しスペインで生産を行うKEPT。KEPTの特徴はスリッポンとエスパドリーユのハイブリッドということ。というのもソールにスニーカーのようなゴム素材を用いて作られています。

ゴムソールでできているため、他のエスパドリーユにはない包み込むようなフィット感が味わえ、スニーカーと同じ感覚で履くことができるブランドです。

7.MONSIEUR LACENAIRE(ムッシューラスネール)

スクリーンショット 2016-06-12 16.27.17

MONSIEUR LACENAIREはフランス人女性がデザイナーを務めるメンズニットブランド。メンズのファッションブランドながら女性がデザインする異色のブランドですが、コレクション当初からパリのコレット、ボンマルシェなど世界の有名セレクトショップからオーダーされる実力派。

エスパドリーユは同ブランドが定番でリリースしているシューズで、前後でバイカラーに切り替えられているデザイン性の高さが特徴。ラグジュアリーにエスパドリーユを履きたいなら押さえておきたいブランドです。

 

夏のオシャレは抜け感とリラックス感がカギ

定番から変わり種までエスパドリーユのブランドを7つご紹介しました。
オシャレは服の着こなしや色使いはもちろんですが、季節感も大切なポイント。夏場に暑苦しい格好をしていたり冬場に寒々しい格好をしていたら、どんなにカッコ良いコーディネートでも“洒落(しゃれ)ている”とは言えません

夏は見た目にも暑さを感じさせない抜け感やリラックス感などをコーディネートに取り入れるのが季節感を出すポイント。エスパドリーユはそんな時にうってつけのアイテムですので、気に入ったブランドがあれば今年の夏は是非チャレンジしてみてください!

 

Related Posts

Recommended Posts