前からやってみたかったやつ、やっとできました。

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

ずいぶん前にごりゅご.comの五藤隆介さんが実践されていた「自分の持ち物をひたすらEvernoteに突っ込んでみたら想像以上にスッキリした」という記事を読んで、ぼくも同じように手持ちの洋服を全てEvernoteに整理したいなと思っていました。

先日幸運にも週末に少し時間があったので、重い腰を上げて取り組んでみることに。

スポンサードリンク

やろうと思ったきっかけ

ファッションが好きで人一倍たくさん服を買っているぼくですが、(おそらく多くの人と同じく)服を選ぶときに「着るものがない」となることが多かったんです。

服の数では明らかに人よりも多いのになかなか手持ちの服に満足できない。
いろいろと考えてみたところ、以下の2つのような原因があるんじゃないかと思うようになりました。

  • 同じような服ばかり買っていてバリエーションが少ない
  • 自分が持っている服を把握しきれていない

「同じような服ばかり買っている」に関しては思い当たる節がめちゃめちゃあります。
例えば「【16S/S】管理人Fukulowの今季、コレ買いました!」という記事では今年の春夏に購入した服を紹介したのですが、見てみるとほとんどが無地で色味が濃紺〜黒という偏りっぷり。

ついつい服屋さんでは気に入ったものばかり購入してしまうのですが、ファッションはトータルコーディネートの総合力勝負。
メインを引き立てるサブや、ちょっとひねりの効いたアイテムがあると着こなしの幅が広がります。

手持ちの服をリスト化することで、今後買い物の際にはその辺りを意識できるようになれば良いなと。

 

「自分が持っている服を把握しきれていない」という部分に関してはそこまで自覚はないのですが、毎朝わざわざクローゼットから服を引っ張り出すのではなく、スマホからEvernoteでサクッと服を見てある程度コーディネートを決められるようになればと。

 

手持ちの服を撮影→Evernoteへアップ

ということで早速持っている服をEvernoteへ突っ込む作業の開始。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-16-2-09-21

床に置いて適当に撮影してしまうと服の微妙なシルエットなどが分かりづらくなるので、ハンギングのまま吊るした状態で撮影。
一眼レフを三脚に立てて撮影位置を固定し、あとは吊るしては撮影、吊るしては撮影の繰り返し。

割と量があるのでここはサクサクっと進めていきます。
α7はスマホからシャッターが切れるので、わざわざファインダーを覗かずとも次々撮影することができて便利でした。

関連記事:SONY α7レビュー!半年使い倒して感じた6つの良い点と3つの不満点。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-23_00_14_25

撮影してEvernoteにアップした様子がこちら。
ノートタイトルは[ブランド名_アイテム名_サイズ]というルールをつけて記入しています。

サイズは全て記入していくと面倒なので、よく買うブランドやUNIQLOなど基準となる服にだけ書いています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_2016-10-29_15_53_34

そしてそれぞれアイテムをカテゴリに分けてタグ付け。
ここはあまり細分化しすぎると意味がないので、コーディネートを考える際に使う粒度で分けました。

 

期待している効果

冒頭と重複しますが、これによってこんなことが起こればいいなぁと考えています。

  • 買い物の際に「これ同じようなの持ってるな」とわかる
  • 買い物の際に「これは手持ちのあれと合わせれば良いんじゃないか」とわかる
  • UNIQLOなどの服を試着せずに買える
  • 「今日はニットが着たい」となった時にすぐに「これ着よう」と判断できる
  • コレクション感覚で眺めてニヤニヤできる

作業するのに少し時間がかかりましたが、その分良い結果になればいいなー!
また実際にやってみて感じたことなどは、ブログで報告しますね!