Same Category

【17A/W】管理人Fukulowの今季、コレ買いました!

Updated on

シーズン恒例の管理人Fukulowが購入したファッションアイテムを紹介する企画。焼けるような夏の暑さから解放され秋冬への期待が膨らむと反比例して、お財布の膨らみはどんどん小さくなる今日この頃。

まだ10月下旬ですが、すでに割といろんなものを買ってしまっているので第一弾として今季買ったものをご紹介します!今のところはまだ軽めのアイテムが中心。

スポンサードリンク

Drole De Monsieurのナイロンプルオーバー

VOGUE FASHION’S NIGHT OUTに参加した日に購入した、フランスのハイストリートブランドDrole De Monsieurのナイロンプルオーバー。

ナイロンプルオーバーというスポーツテイストなアイテムながら、独特の切り替えやキャメル×ネイビーの色味、レザーのドローコードでスタイリッシュに着れる1着。

1枚で着てももちろん、個人的にはジップを上げてハイネックにしてジャケットやコートのインに合わせる着こなしがお気に入り。ナイロンも2重仕様で見た目以上に保温力がありそうなので冬までたくさん着まわしたいアイテムです。

 

MAISON KITSUNEのマルチカラージャケット

今季は「これまでの自分にない服をたくさん着る」を買い物のテーマに、挑戦的なアイテムを多く選んで買いました。MAISON KITSUNEのマルチカラージャケットもそんなアイテムの1つ。

大胆なブロック状の切り替えに加え、これまで寒色系が多かったぼくに珍しい鮮やかな赤を使ったジャケット。

派手なアイテムのはずなんですが、なぜか着た瞬間に「これ、似合ってるのでは?」と謎の天啓を受けて購入。やや大きめのサイズなので厚手のニットやパーカーを着込んで冬まで着まわしたい。

 

GANRYUのマルチカラーボアベスト

今季最大の挑戦がこのGANRYUのボアベスト。マルチカラー×ベスト×ボアという難しい要素しかないアイテムですが、売り場で見てその可愛さにやられて購入。

昔はこういう可愛い系の服や個性的な服も臆することなく何でも着ていたんですが、最近は無難なアイテム選びが多くファッションにややマンネリを感じていました。

久しぶりに「着こなせているかな…」とドキドキさせてくれる服を買って、昔の新鮮な気持ちが蘇ってきました。ベストなので秋に1枚で着るのはもちろん、コートなどアウターの下に忍ばせたりとこの冬は色々チャレンジしてみようと思います。

機会があればぼくのファッションの変遷を写真付きで紹介する記事とかも書いてみたい。

 

UNIQLO and JW Andersonのボーダーニット

UNIQLO and LEMAIREに続く注目コラボUNIQLO and JW Anderson。LEMAIREのときほどの盛り上がりはなかったものの、美しい発色のアイテムが多く個人的にはとても楽しめました。

中でもひときわ目を引いたのがこのブルーを基調としたマルチボーダーニット。ロイヤルブルーのようなキレイな発色が素敵。

薄手のハイゲージニットで肌触りも良く、アウターのインからチラッと見せるだけでも個性を演出してくれそう。細身のサイズ感も気に入っています。

 

eYe CdG JUNYA WATANABE MANの紺ブレザー

仕事環境が変わり必要となったのがジャケット。商談でも使えてかつフォーマルに寄りすぎない遊びのあるものが欲しくて行き着いたのがeYe COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANの紺ブレザー。

オーソドックスな紺ブレをベースに縮絨ウールを使い、金ボタンもブランドオリジナルの遊び心が効いたデザイン。

そして極めつけはポップなイラストで埋め尽くされた裏地。このデザインに一目惚れして気がついたらその場で試着した買ってしまっていたほど。

これ1着で8万円以上と高い買い物でしたが、ジャケットは男の鎧。仕事着ということもあり奮発して購入しました。長く大切に着たいと思います。

 

UNIQLO and JW Andersonのワイドチノパン

UNIQLO and JW Andersonのチノパンは野暮ったくならない程度の程よいワイド感が気に入って購入。生地感もワークすぎず幅広く合わせることができそうなハリのあるコットンを使用。

ショートアウターでもロングアウターに合わせてもバランス良くハマる1本。パンツの丈は極端に長めに設定し、裾を大きくロールアップするのがブランドの提案みたい。

腿から膝にかけて膨らむボリュームを裾のロールアップ部分で程よく締めるシルエットが良い感じです。

 

MARNIのネオプレンスニーカー

こちらはShopStyleとFarfetchとのコラボ企画にて、割安価格で購入させてもらったMARNIのネオプレンスニーカー。前から気になっていたシューズの1つでした。

Farfetchで取り扱っている商品が膨大すぎて選びきれず、LINE@に登録してくれているみんなにアンケートで4択を取り最多票だったこのシューズを購入しました。

ネオプレンという変わった素材を使ったスポーツテイストのシューズですが、そこはかとなくラグジュアリーさを感じるのはさすがMARNI。白ソックスと合わせると良い感じに大人スポーティスタイルが出来上がります。

ソックスで遊べるシューズなので秋冬は色柄もののソックスと組み合わせて履きたいと思います。真冬はさすがに寒いかな…?

 

YOAKのSTANLEY HI

ここからは購入したものではなく、PRとして提供いただいたアイテム。まずはブランド立ち上がりから応援しているシューズブランド「YOAK」の新作シューズSTANLEY HI。

余計な装飾を削ぎ落としたミニマルなデザインで、ハイカットスニーカーながらきれい目ファッションにも合う万能シューズ。ゴム素材のシューレースを使って脱着が楽に行える仕組みも面白いです。

思いっきりカジュアルなファッションにも、ジャケットとシャツでグッとフォーマルに寄せたファッションどちらにも相性抜群。YOAKのブランドコンセプト通り特別な日に履く靴として大切に愛用しようと思います。

 

Prairie GINZAのコードバン長財布

最後は銀座の老舗革メーカーであるPrairie GINZA(プレリーギンザ)の長財布。革のダイヤモンドとも言われる希少部位「コードバン」を全面に使用した財布です。

もともとは薄いマネークリップを使っていたのですが、このコードバンの輝きに惚れて再び長財布を使うように。他の革とは圧倒的に光沢感が違うので、この財布を使い始めてから人の持っているコードバンアイテムに一目で気づくように。

特にApple Payを使うようになって以来、日常で財布を使うシーンというのは圧倒的に少なくなりました。ただだからこそ、ここぞという場面で取り出した財布は格好良くありたい。この財布を使い始めてからはこんな風に思うようになりました。もっと良い味が出てくるまで使い込んでいきたい。

 

着ていて楽しくなるアイテムを

ずらっとまとめてみると、いつもとは少し違ったテイストのアイテムが多くなった今年の秋冬。これまでは間違い無い服を中心に選んでいましたが、今季は「着ていて楽しいか?」を意識して挑戦的なアイテムをたくさん買ってみました。

これまでにないアイテムがワードローブに入ったことによって、コーディネートの幅も随分広がりました。鏡の前で毎朝何をどう着ようかと悩むのも久しぶりな気がします。これもファッションの楽しさの1つですよね。

秋冬に備えてたくさん服を買ったので、本格的な冬が到来するまでは手持ちの服をあれこれ着まわして目一杯活用したいと思います。次回の秋冬に買ったものパート2はおそらく年明け2018年になる予定。年明けの更新をお楽しみに!

前回(17A/W)のコレ、買いました!記事はこちら→【17S/S】管理人Fukulowの今季、コレ買いました!
去年(16A/W)のコレ、買いました!記事はこちら→【16A/W】管理人Fukulowの今季、コレ買いました!
 

Related Posts

Recommended Posts