本日もDRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

日毎に暖かくなってきて、最近では昼時は少し汗ばむくらいの陽気ですね。
今回の記事は当ブログが目指す「スマートな大人」になるための必須アイテム、ローファーを使ったおしゃれコーデです。

ローファーが気になっているけど、いまいちどうやって履きこなせばいいかわからない。
そんな方のために、ローファーの色別におしゃれな着こなしをまとめました。

記事の最後にはFukulowおすすめの定番ローファーブランドの紹介もあります。ぜひこの記事を参考に、自分に合ったローファーのコーデを探してみてください!

スポンサードリンク

 

黒色のローファー

まずは黒色のローファー。
黒は選ぶフォルムや合わせ方によって大人っぽくはもちろん、モードなイメージまで幅広く使うことができますよ。

 シンプルなブルーデニムと白ソックスで

20141111174001126_500
出典:WEAR

ローファーの定番コーデがこちら。
ブルーデニムを軽くロールアップして白ソックとともに合わせています。

ローファーを手に入れたらまず挑戦したいコーディネートです。

 

派手ソックスで足元に主張を

20141204092814882_500
出典:WEAR

ローファーは履き口が大きく開いているので、ソックスの見える面積が大きくなります。
そこで派手柄のローファーを合わせて、足元にポイントを置いています。

ソックスが映えるようにコーデ全体はセットアップでシンプルに。

 

緩めスラックスに素足で合わせるとセクシーな印象に

20150410212345271_500
出典:WEAR

少しユルめのストライプスラックスにローファーを合わせたコーデ。
素足で履くことで黒いパンツと黒いローファーの間から足首が覗き、セクシーさが生まれています。

夏場などは素足で履くのは難しいので、メンズ用のフットカバーを着用するのがオススメです。

 

ショートパンツ+素足ローファーで涼しげに

20150408132154857_500
出典:WEAR

柄入りのショートパンツとチューリップハットに、素足ローファーという夏全開な着こなし。
肌の見える面積が大きいですが、ローファー自体の形がシックなので子供っぽくなりすぎません。

 

白パンに合わせてヨーロピアンスタイル

20150408132129180_500
出典:WEAR

白パンツに素足ローファーを合わせることで、ヨーロピアンで大人な雰囲気になります。
トップスもボーダーカットソーでシンプルにまとめています。

ローファーの色が茶色だとより欧米っぽさがでますね。

 

参考にしたい大人の休日コーデ

20150218193709645_500
出典:WEAR

ブルーチェックのシャツにブルーニットを合わせたトップスとバランスを取るために、ボトムスは白パンでシンプルに。
ここでレースアップの革靴ではなく、ローファーを合わせるくらいの気だるさが休日スタイルにピッタリです。

 

ワイドパンツ+ローファーでドレススタイルに遊びを

20150401153957546_500
出典:WEAR

アイテムはどれもドレッシーですが、着こなしで遊びを加えているスタイル。
ボトムスをワイドシルエットのスラックス、素足ローファーという抜け感がいいですね。

 

奇抜過ぎない大人モードな着こなし

20140811194953648_500
出典:WEAR

ローファーをモードに履きこなしたコーディネート。
モードというと若者のイメージですが、靴をローファーにするだけで落ち着きが生まれてスマートに着こなせますよ!

 

ハードなダブルレザーコーデに抜け感をプラス

20151018165800179_1000
出典:WEAR

ダブルのレザーライダースを主役にした着こなし。
ハードな印象のダブルライダースも、ローファーを合わせることで抜け感が加わりユルい雰囲気に。

パーカーとソックスをグレーで統一することでコーデに一体感も生まれています。

 

プロデューサー巻きでこなれ感アップ

20140809181935520_500
出典:WEAR

白シャツ、ネイビーのパンツにカーディガンを肩がけしたリラックスコーデ。
ここにノーズの長いイタリア型のローファーを合わせて大人っぽさを強調。

 

茶色のローファー

茶色のローファーはクラシックなイメージが漂います。
素足で履いても、白ソックスで履いてもかっこよく決まりますよ!

ジーンズ+白ソックス+ローファーは茶色でもバッチリ

20150302152958571_500
出典:WEAR

こちらは金属のベルトがついたビットシューズと呼ばれるローファー。
かなり上品なイメージになるのがビットシューズの特徴です。

デニムロールアップに白ソックスローファーは茶色でも鉄板の組み合わせです。

 

モードな着こなしもローファーで上品に仕上がる

20150403223926434_500
出典:WEAR

レザージャケットに黒スキニー、原色使いの派手柄Tシャツというモードになりがちなアイテム選び。
ですがダークブラウンのビットシューズを合わせているので、どこか上品なイメージになっています。

 

真似したいシンプルで余裕のある着こなし

20150415172107608_500
出典:WEAR

クロップド丈のセットアップに白カットソーで余裕のある大人なコーディネート。
差し色としても機能している茶色のローファーがアクセントになっています。

この余裕感は真似したいです。。。

 

ヨーロピアンな雰囲気漂うパーティースタイル

20150414233339662_500
出典:WEAR

ボウタイやチーフなど小物をうまく使ったパーティースタイル。
茶色のローファーも上品さを引き立てるのに一役買っています。

ショートパンツでも子供っぽさがでないので、夏こそローファーはおすすめ。

 

次はローファーおすすめブランド5選を紹介!

Pages: Page 1, Page 2