Same Category

髪も顔も体もこれ1本! 全身洗浄料RAINYは大人の香りがするトータルウォッシュ。

Updated on

スライド3

シャンプーとかボディウォッシュって、ちゃんと選んだことないかも。

本日もDRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

みなさん普段はどこのシャンプー・トリートメント・ボディウォッシュを使っていますか。

ぼくはこれまでなんとなく”いち髪”とnaive(ナイーブ)を使っていました。
ただそれもあくまで「なんとなく」選んでいるのであって、自ら能動的に洗剤を選んだことってあまりありませんでした。

しかし今回良さげな製品を見つけ買ってみたので、そちらをご紹介したいと思います。
今までなんとなく洗剤を選んでいた方は、是非検討してみてください!

スポンサードリンク

 

トータルウォッシュという考え方

main-visual

今回ご紹介するのは「雨を纏え。」というキャッチコピーが印象的なRAINYという商品。

この製品、シャンプーという名前ですが頭を洗うだけのものではありません。
実はこのRAINYひとつで髪も顔も体も洗ってしまえるというシロモノです。

広告クリエイティブからもわかるように明らかに男性、特にスマートな大人の男を意識した製品となっています。

スマートといえば当ブログもサブタイトルとして『日々の生活にこだわりとスマートさを持ちたい方へ送る情報ブログ』と謳っているだけに、これは見逃せない。

ということで早速RAINYを買って試してみました!

 

洗練されたパッケージデザイン

届いたRAINYがこちら。
パッケージからも上質さとオシャレ感が漂います。

IMGP5734

特徴的な形状のボトル。

IMGP5739

ロゴ部分はゴールドでキラリと光ります。

IMGP5742

let the urban rain come and wash away

「都会の雨で洗い流せ」くらいの意味でしょうか。

IMGP5741

裏面は商品説明。

RAINYは髪・顔・体に使える上に、なんと1本で以下6つの用途に使用することができます。

  • ヘアシャンプー
  • トリートメント
  • 洗顔フォーム
  • シェービングフォーム
  • ボディソープ
  • ボディトリートメント

これがRAINYがトータルウォッシュと呼ぶ由縁です。

 

使ってみて

実際に使ってみました。

IMGP5885

中の洗浄料は無色透明です。
一般的なシャンプーやリンスほど粘度は無く、サラッとしているのが特長です。

1週間ほど使ってみて感じたことを良い点・悪い点にまとめてみました。

GOOD

・風呂場に物が減った

お風呂場って意外と物が多い場所なんですよね。
シャンプー・トリートメント・ボディソープ・歯ブラシ・歯磨き粉・洗顔料…

ですがRAINYは1本で多くの用途に使えるので、風呂場に置く物が減りずいぶんすっきりしました。
RAINYのおかげでシャンプー、トリートメント、ボディソープと洗顔料を置かなくても済むようになりました。

・時短効果はアリ

「『時短系』全身シャンプー」と銘打っている通り、シャンプーとトリートメントが1つになっているので、時短効果は確かにあると思います。

一般に”リンスインシャンプー”と聞くと、ホテルや旅館に置いてあるような物を想像してあまり印象は良くないと思います。
ですがRAINYはシャンプーとしての洗浄力もしっかりしていて、洗った後に髪がキシキシすることもありません

リンスインシャンプーとしては優秀な製品だと思います。

・香りがスゴく良い

個人的には香りがすごくお気に入りです。
柑橘系の爽快な香りを中心ですが、爽やか一辺倒ではなくややアンバー系の色気ある香りづけで、まるで香水のようです。

パッケージには「フレッシュで落ち着いたシトラスの香り」とありますが、まさに上手くRAINYの香りを言い表しています。

洗い始めは柑橘系のフレッシュなイメージが強いですが、お風呂から上がると徐々に柑橘系の匂いから甘い香りに変化していきます。

この辺りもトップノート・ミドルノート・ラストノートと、時間の経過によって香りが変化する香水に近い印象です。

BAD

・泡立ちが少し弱い

上で書いたように、普通のシャンプーなどに比べてサラッとしているので、泡立ちはやや弱め
ですので濃密な泡でガシガシ頭を洗いたい人、ボディソープをタオルでガーッっと泡立ててから体を洗う人にとっては物足りないと感じるかもしれません。

・価格がやや高め

市販のシャンプーなどは詰め替え用だと、だいたい300ml前後の量で300〜500円くらいの価格感だと思います。

しかしRAINYは400mlの詰め替え用で1000円と他の製品と比べると割高です。
まぁシャンプーとトリートメント、洗顔料を全て1本で済ませられることを考えたら、これくらいが妥当かもしれませんが。

 

あるようでなかったジャンルの洗浄料

ふと考えてみるとシャンプーやボディウォッシュって、誰もが毎日使うもののはずなのに案外ジャンルの幅が狭いんですよね。

特に男性に言えることで、市販のシャンプーの多くは女性向けとまでは言いませんが、女性訴求の製品が多いです。

また男性向けに作られたものは「爽快感!」「スクラブウォッシュ!」みたいな、若年層が好みそうな機能性を押し出したものが中心。

そんな中においてRAINYは機能性はもちろん、おしゃれなパッケージや香りなどの感覚的な要素も盛り込み「スマートな大人の男」というこれまであまり無かった層を明確にターゲットにした製品だと感じました。

 

普段は「なんとなく」選んでいる人が多いシャンプーやトリートメントなどの洗剤。
みなさんも一度自分にあった製品を主体的に選んでみると良いかもしれませんよ。

ぼくは香りが気に入ったので、しばらくの間はRAINYを使い続けてみようと思います!

 

 

Related Posts

Recommended Posts