Same Category

語りたくなるほどお気に入り。ぼくが毎日持ち歩くカバンの中身(2017年8月版)

DRESS CODE.は基本的にファッションに関する情報を多く取り扱っていますが、ファッション以外にもiPadやデジカメなどデジタルガジェットの記事も比較的多く執筆しています。

ファッションとガジェット。一見すると関連のなさそうなジャンルですが、「身に付けるもの」という括りで考えた時にガジェット機器はファッションと同じくらい重要な存在。

またより現実的な問題として、外出時に持ち運ぶものが多くなればそれに応じたバッグが必要となります。昨今あらゆるリュックにPC用の収納が付いていることからも、ファッションとガジェットはバッグという交差点において相互に関連し合う存在です

そんなカバンの中身に関してはこれまでも試行錯誤を続けていましたが、ここ最近は現在のアイテムラインナップである程度落ち着いてきました。そこで今回はぼくが毎日持ち歩いているカバンの中身を紹介してみようと思います。

スポンサードリンク

Fukulowのカバンの中身

ぼくが毎日持ち歩いているカバンの中身がこちら。日によって中身は微妙に変化しますが、この記事では毎日必ず持ち歩いている最小構成をご紹介。最小構成とはいえこの持ち物でブログも仕事も8割ほどこなせます。

 

10.5インチiPad Pro と Smart Keyboard

発売日に購入した10.5インチiPad ProとSmart Keyboard。使い始めて1ヶ月ちょっとですが、既に持ち出さない日がないほど愛用しています。

10.5インチiPad Proの使い道を整理してみました。」という記事でも書いたように想像した以上に使い勝手が良く、これまでPCで行なっていた作業の半分以上はiPad Proで完全に置き換えることができています。

メインの作業端末、Apple Pencilと組み合わせて紙のノート、雑誌、PCのサブディスプレイなど、1台であらゆる役割をマルチに務めてくれるのがiPadの良い点。少しでも荷物を小型・コンパクトにしたいぼくにとってこれ以上ない選択肢です。

ちなみにケースには入れず、wraplusのスキンシールを貼って小傷を防いでいます。

 

FUJIFILM X100F

コンパクト・高性能・お洒落の3つを突き詰めたカメラを探し、最後に行き着いたのがX100Fでした。APS-Cサイズのセンサーを持ったコンデジで、過去に詳細なレビューもしましたが、その見た目とコンパクトさからは想像できない写真を生み出してくれます。

ふわっとした優しい描写でボケもきれいで、最近は風景からブツ撮りまでこの1台で済ませることも多くなってきました。本体については満足しているので、次は画角を50mmにしてくれる純正のテレコンバージョンレンズが欲しい。

 

プレリーギンザのコードヴァン長財布

まだブログ上ではお伝えできていないんですが、つい先日財布を変えました。これまで使っていたのはGANZOのマネークリップとhmnyの小銭入れ。ブランド様よりタイアップのご依頼をいただき、今はプレリーギンザという革製品を手がけるブランドの長財布を使っています。

仕事とはいっても自分で店舗まで訪問し、吟味した上で選んだ財布なのでとても気に入って使っています。また別途記事にてご紹介しますが、質の良いコードヴァンをふんだんに使った、高級感のある大人の財布です。

 

SMYTHSONのカレンシーケース

両面に合わせて4つのジップポケットがある、SMYTHSON(スマイソン)のカレンシーケース。その個性的なデザインに惚れて、物が何かよく分からないまま購入しました。

実際は旅行先で異なる通貨を仕分けて持つための財布なのですが、ぼくはこれを小物入れとして使っています。

マチがほとんどない薄いケースなので、中に入れる物もそれに合うよう薄いアイテムを探してチョイス。ここからはSMYTHSONのケースに入っている細々したものを紹介。この薄さを損なわないよう、中に入れるものもかなり吟味しました。

 

Apple Pencil

iPad Proを買った当初Apple Pencilは必要ないかなと思っていたんですが、使っている人がみんな絶賛していたので試しにと思い購入。実際に使ってみると評判通りとても便利で重宝しています。

手書きメモでブログ記事の構想などを書いたりも便利ですが、個人的にはポインタとしてマウス的な使い方をすることが多いです。iPadで写真の現像や画像のパス抜きをする際など、細かなタッチ操作が快適になりました。

 

Apple Lightning-SDカメラリーダー

ぼくはiPadだけでブログを書くことも多く、デジカメで撮影した写真をSDカードから直接iPadに取り込むのに使っています。

JPGだけではなくRAW形式の写真もSDから取り込みが可能。今ではiPadだけでRAWファイルの保存や現像ができるようになったので、写真周りの管理がとても簡単になりました。

 

dodocoolのスリムモバイルバッテリー

Dodocoolのモバイルバッテリーは、SMYTHSONの薄いケースの中にも入る超スリム設計Lightningケーブルも内臓しているタイプなので、場所を取らずに持ち運べてとても気に入っています。

 

QUOVADISのノートとWalkieのペン

ノートも小型で極力厚みのないものを探して見つけたのがフランスのステーショナリーブランドQUOVADIS(クオバディス)のノート。ページがミシン目で切り離せるようになっているので、他人に渡すメモ書きとして持ち歩いています。

ペンはWalkieという超小型タイプのものをQUOVADISと一緒に携行しています。

 

無印良品の歯磨きシート、Ag+の制汗シート

無印良品の歯磨きシートはもう2年ほどリピートし続けているアイテム。指に巻きつけて歯を磨くように拭くだけで、歯磨きをしたような清涼感が得られます。うがいの必要もないので水がなくても大丈夫。

ランチ後に人に会うときや、急に友人宅に泊まりに行くことになった時などに何かと便利なので常備しています。

そして同じく常備している制汗シート。汗をかいた時や午後の眠気を吹き飛ばしたいときに便利。

 

TUMIのキーケース

キーケースの必要性を感じて学生時代に古着屋で購入した中古のTUMI。なんとなく選んだこともあり当時はそれほど愛着がなかったのですが、なんだかんだ5年くらい同じものを使っています。革に良い感じで艶が出てきました。

 

MAMORIO

キーケースと一緒に忍ばせている失くしモノ発見デバイスのMAMORIO。スマホとMAMORIOの通信が途絶えるとアプリから通知が来るシンプルな仕組みで、おかげで鍵の忘れ物が減りました。

世界最小の紛失防止IoTデバイスということで、キーケースの中に入れておいても全く気にならなずに使えるのが気に入っています。

 

retaWのボディフレグランス

東京発のフレグランスレーベルretaWも、2年ほど前に使い始めてから同じものをずっとリピート中。このALLENという香りのボディフレグランスが匂いもよく、香水よりも使い勝手がよくてとても気に入っています。

使い方はハンドクリームの要領で少量を手に取りサッと馴染ませるだけ。キツすぎないユリ系の優しい香りがふんわり続きます。香水を使わないという男性にぜひオススメしたいフレグランスブランドです。

最近はお洒落なセレクトショップでも取り扱いされているのをよく見かけるようになりました。

 

CARVENのボディバッグ

CARVEN(カルヴェン)のボディバッグは昨年の冬に mirabella homme というファッション通販サイトで購入。シーズン立ち上がりから欲しいなと思っていたバッグで、冬のセールにて半額とかなりお得に購入できました。

起毛感のあるスウェードと高級感ある金具やレザー使いなど、シンプルなコーディネートに取り入れるだけでポイントになるファッション性の高いバッグです。

ぼくが持っているバッグで最も小さいのがこのボディバッグなので、持ち物を選ぶ際はこのボディバッグに収まるかを1つの基準として考えるようになりました。とはいえ今の持ち物だとかなりギリギリの容量なので、もうひとまわり大きいバッグがあっても良いかなと思っています。

 

全て、語りたくなるほどお気に入り

というわけで長くなってしまいましたが、2017年8月現在のFukulowのカバンの中身を紹介しました。

毎日持ち運ぶ物は、言い換えると毎日触れる物。いつも一緒に持ち歩くからこそ、ぼくはどんな小さな物でもしっかりと自分で納得したものを選びたいと思っています。

そうして取捨選択を繰り返してきたこともあり、ここまで読んでもらった通りカバンの中にある物は全て語りたくなるくらいお気に入りの物ばかり。

これからも「好きなものに囲まれる」をテーマに、好きなものに囲まれる楽しさをDRESS CODE.を通じて伝えていければと思います。次回は旅行の際のカバンの中身も紹介できれば。

 

Related Posts

Recommended Posts