Same Category

どこでも貼れる不思議なふせん。「magnetic NOTES」でデスクの壁に進捗管理表を作ってみた。

静電気ってすごい!

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます! 当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

今の時代パソコンやスマホを積極的に利用すれば、紙とペンを使う必要はほとんどありません。
それでもぼくは仕事で使うメモ取りや、忘れちゃいけない備忘録などはノートやふせんを使うことが多いです。

スマホに残したメモは手元からいつでも見れるとはいえ、やはり物理的に目に入る紙のメモは意識に残って忘れにくいんですよね。
そして自分の手で書いた文字はディスプレイのテキストよりも目に優しく、見ていても疲れにくい気がします。

そんな訳で常にバッグには小さなメモとふせんを忍ばせているんですが、今回はちょっと変わった珍しいふせんのご紹介。
ふせんといえば普通は接着剤で貼り付けるものですが、接着剤不要でどこにでも貼り付けられる魔法のようなふせんです!


drip

スポンサードリンク

魔法のふせん「magnetic NOTES」

magnetic NOTESはその名の通り磁力(静電気)の力でどんな壁面にも貼り付けられるふせんのこと。
どこにでもくっつき、接着剤の跡が残る心配もないので様々なシーンで使うことができます。

こちらが今回提供いただいたmagnetic NOTES。サイズはS/M/Lの3種類がありますが今回はMサイズを提供いただきました。

Mサイズは100mm×70mmで、一般的な正方形のふせんより一回り大きいサイズ感。ぱっと見は普通のふせんとほとんど変わりません。

台紙をめくって上から1枚ずつ剥がして使う点も普通のふせんと同様です。

普通のふせんと違うのはその紙質。普通の紙より少しツルッとした光沢のあるふせん紙です。もちろんシャーペンや水性ペンなどでも筆記できます。

裏面はホワイトボードの仕様になっていて、ボードマーカーを使えば何度でも書いて消してを繰り返すことができます。

 

早速いろんな面に貼ってみた!

魔法のようにどんな面にも貼れるということで、早速magnetic NOTESを家の中のいろんな壁に貼ってみました。

まずは凹凸のあるクロス紙の上。少し淵が浮いてしまっていますがちゃんとくっついています。

養生テープを貼った壁は割と安定して固定されます。

木材の上も凹凸がない部分だとしっかりと貼れます。

テレビの画面には強力に張り付きます。テレビ自体も静電気を帯びているから?

ダンボールの上も比較的安定。

なお今回は実験のため1枚のmagnetic NOTESを色んな面に貼っていますが、何度も貼って剥がしてを繰り返すと静電気の力が弱くなってしまうので、基本的には同じ場所に貼り続けるのが良いのだそう。

平らな場所なら安定感あり

他にもいろんな物に試してみましたが、平坦な壁だと安定して張り付いてくれることが分かりました。

逆に凹凸のあるクロス壁紙や、木目の強い木の板の上などは張り付きはするもののやや心もとない印象。
そして曲面は苦手なようでスピーカーや、シワがある服の上には上手く張れませんでした。

どうやらふせんの自重を支えるには紙全面で均等な磁力で壁面と接している必要がありそうです。
今回はMサイズを試しましたが、くっつき加減はサイズ(≒ふせんの重さ)でも変わってきそうな感じがしました。Sサイズだとふせん自体も軽いのでもう少し安定してくっつきそうな気がします。

 

デスク前の壁面でひとり進捗管理表を作る

アイデア次第でいろんな使い方ができそうなmagnetic NOTES。
ぼくは養生テープを貼った壁面に安定して張り付くことを利用して、デスク前の壁面にブログの進捗管理表を作ってみました。

ばばっと簡単に作ってみたのがこんな感じ。
普段ぼくはブログで書く記事のリストをTrelloというアプリを使って管理しているので、それを模して溜まっているブログ記事を要撮影・執筆中・完了・リライトと4フェーズに分けてみました。

magnetic NOTESは接着剤を使っていないので、貼り直しはもちろん貼ったまま壁に沿ってスーッとふせんを動かすことも可能。
各フェーズは左から右に流れるようになっているので、これを利用して記事に進捗があったらふせん紙を1列右にスライドさせれば進捗更新も容易です。

素直にTrelloを使っても良いんですが、こうしてデスクに座っていると常にToDoが目に入るのはやっぱり効果的。
次にやらなければいけないことが常に確認できるので、対応漏れも防げて自分に程よいプレッシャーをかける効果もあります。

大きな衝撃を与えなければ今のところ3,4日はくっつき続けているので、1週間でやりきるToDoを週の頭に書き出して貼っておき、週次で更新というフローで運用してみたいと思います。
まだ始めたばかりですが効果があれば、他のサイズや色のmagnetic NOTESも購入して本格的に導入してみようかな。

magnetic NOTESは各サイズ100枚入りで大まかな価格は以下の通り。

  • Sサイズ:580円
  • Mサイズ:800円
  • Lサイズ:1,700円

通常の紙のふせんに比べるとやや値段は張りますが、使い方のアイデア次第ではかなり便利なグッズです。
気になった方は是非おひとつ試してみてください。

 

 

 

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただき、記事のシェアをしてくれた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip


drip

 

Related Posts

Recommended Posts