シャツは仕立ての良さとサイズ感で選びます。

仕立てとは生地とパターンニングと縫製のバランス。
ブロードのシャツなら着た時にピンと襟元が際立つものが良いですし、リネンならふわっとやわらかく曲線を描くもの。

サイズ感も単にS,M,Lサイズのどれを選ぶかだけでなく、実際に着てみた時に自分の体型に合うかどうかをよく吟味します。
実際にブランド毎に同じサイズ表記でもフィット感は異なるというのはよくあることです。

MAISON KITSUNÉのボタンダウンシャツは、仕立てとサイズ感にこだわるぼくにとってちょうどいいシャツです。

スポンサードリンク

MAISON KITSUNÉの総柄ボタンダウンシャツ

購入したのは16年秋冬シーズンのMAISON KITSUNÉのシャツ。
16AWコレクションは『LOVE RISES』と題し、日本らしさを全面に取り入れたコレクションとなっています。

KITSUNÉのシャツは程よくシェイプされた細身シルエットながら、後ろ身頃にはセンターボックスがあり動きやすいパターンニング。

さらに縫製がとても細かく丁寧で、着ると自然と品のある雰囲気になります。総柄のシャツでもどこか落ち着いた感を受けるのはこの縫製のおかげ。

襟は小ぶりながらボタンダウン仕様でボタンを開けて着ても凛と立ちあがってくれます。

胸元にはおなじみのキツネの刺繍。さりげないけど可愛いアクセントになってくれます。

キツネの胸元のポイントは単色の刺繍のほかに、トリコロールのキツネシルエット、リアルなキツネ、キツネの顔など複数ありますがぼくは単色刺繍のものが一番好きです。

dsc09898

KITSUNÉのシャツはシーズンにより2.3型展開されていますが、この定番シルエットの38サイズはぼくの体にぴったりフィットするんです。

仕立ての良いシャツをジャストサイズで着ると、着ていて気持ちが良いです。