Same Category

世界最小のIoTデバイス!「MAMORIO」で日々のなくすを、なくす。【PR】

Updated on

小さな端末、シンプルな機能、大きな安心。

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます! 当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

読者の方には、ぼくが圧倒的に忘れ物・失くし物が多いという話をしたことありましたっけ?

全く自慢にはならないんですが、ぼくは本当に日頃から忘れ物・失くし物が多いタイプ。
財布を忘れるなんてことは日常茶飯事で、以前には下記のような記事も書いています。

格好良いタイトルですが、要約すると「財布よく忘れて困るから、いろんなところに1000円札を忍ばせよう」という内容。

あとつい先週は通ってるジムの会員証と回数券を失くしました。
回数券買ったばっかりだったのに。。。

そろそろこの忘れ物をテクノロジーでなんとかしたいと思っていたところに、ちょうど「MAMORIO」という失くしモノ発見デバイスをレビュー用にご提供いただきました!

まさにぼくのような注意力散漫な人間のためのデバイスですので、製品の概要と実際に使ってみた様子をご紹介。

Point
  • 小さく軽い本体
  • シンプルな機能
  • 今ならスペシャルチケットでもう1つもらえる


drip

drip

スポンサードリンク

世界最小IoTデバイス「MAMORIO」

こちらがMAMORIOの外箱。
「なくすを、なくす。」という製品コンセプトが書かれたのみのシンプルなパッケージ。

この「なくすを、なくす。」ってコンセプトメッセージ、すごく良いですよね。
端的にMAMORIOの提供価値を表しながらもキャッチーな言葉。

この端的な価値の表現は、後に説明するMAMORIOのシンプルな機能性に通ずるものがあります。

パッケージにはこれらのものが同梱されています。
MAMORIO本体にスタートガイド、「MAMORIOあんしんプラン」の案内、ONE MOREスペシャルチケットの4点。

このタグのような形をしているのが、MAMORIOの本体。
IoTデバイスとして世界最小(※)を謳うだけあり、本体は非常に小さく軽いです。
(※2014年7月時点で市販されている紛失防止を主な目的としたBLE製品において)

薄さは10円玉2枚分くらい。財布に入れても変に膨らんだりしない厚み。

500円玉と比べてもこの大きさ。
重さに関してはMAMORIOが3g、500円玉が7gなので約半分の軽さです。どれだけ軽くて小さいか何となくイメージできますか?

これだけ小さく軽いのでどこに忍ばせてもかさばったり、重さがネックになったりすることはありません。

同じような紛失防止のIoTデバイスとしては、今年2017年に日本上陸したフランスメーカーのWistkiが挙げられます。

そのWistikiと比べてみても大きさの差は一目瞭然。Wistikiのほぼ半分の大きさです。

もっともWistikiはスマホから音を出せたり完全防水仕様など、MAMORIOにない機能が備わっているので単純に比較はできませんが、小ささ・軽さを求めるユーザーにはMAMORIOはかなり魅力的なはず。

 

スマホとペアリングして使用

MAMORIOはIoT製品なのでBluetooth経由でスマホと連携し、アプリで各種操作を行います。
iOSユーザーはApp Storeで「MAMORIO」と検索してアプリをDLしてください。

MAMORIOアプリのMAMORIOを手元に用意したら早速連携・登録開始。

面白いのがアプリを立ち上げると突然iPhoneの画面上にMAMORIOを置くように指示される点。

言われるがままMAMORIOを画面のイラストに沿ってぴったりと置き、ドキドキしながら待っていると数十秒で連携が完了しました!

こういうギミックがあるだけで面倒な初期ペアリング設定も楽しくなりますよね。良い設計。

ペアリングが終わると「お前そのMAMORIO、なに用よ?」と聞かれるので、カテゴリーを登録します。

あとは取り付ける物の名前や写真、プッシュ通知の有無を設定して完了。これで初期設定は終わりです。

基本は「離れたら通知」のシングル・ファンクション

あとは登録したMAMORIOがiPhoneの通信が届かなくなると、スマホにプッシュ通知が来るという仕組み。
「距離が離れたら教えてくれる」MAMORIOがやってくれるのはこれだけ。

スマホをイジイジしてすることはほとんどなくて、シンプルに距離が離れたら通知という機能に特化しています。

普段は積極的に意識することなく、ただ失くしそう・忘れそうな時にすかさず教えてくれる。
MAMORIOはそんな縁の下の力持ち的なデバイスです。

一方で通知というシングル・ファンクションを気持ち良くすることにはこだわりが。
MAMORIOではiPhoneとの通信が途絶えてから、どのくらいのタイミングでスマホに通知を飛ばすかを調整できます。

例えば電波環境の影響で一時的に接続が切れた際は、わざわざ通知を飛ばさないようタイミングをゆっくりにするなど、利用環境に応じた設定が可能。

特許取得済みのクラウドトラッキング機能

MAMORIOは基本的にシングル・ファンクションと書きましたが、実はもう一つワクワクする機能が搭載されています。
それが特許取得済みの「クラウドトラッキング機能」というもの

クラウドトラッキング機能はMAMORIO(とMAMORIOを付けた鍵など)を失くしてしまった際に使います。

この機能をオンにすると、他のMAMORIOユーザーが紛失中(=クラウドトラッキング機能作動中)のMAMORIOの近くを通りかかった際にその人のスマホに通知が来るというもの。

「このMAMORIO失くしちゃいました…!」と登録しておけば、全く別のユーザーが「ここの場所で反応がありましたよ!」と教えてくれる、なんとも未来感溢れる機能なのです。

実際に使う時は自分の紛失したMAMORIOを「みんなで探す」機能をオンにします。
これをオンにしておくだけで、他の人が通りかかった際にその情報を教えてくれるんですね。簡単。

「こんなので見つかるの?」と思うかもしれませんが、驚くことなかれ。
MAMORIO公式HPではクラウドトラッキング機能のリアルタイムデータが表示されているんですが、なんと過去24時間で紛失中のMAMORIOが33個も見つかっているんです!

紛失したMAMORIOが見つかった人同士でオフ会とかしたら盛り上がりそう。笑

 

実際に忘れ物をしてみた!

ここからはMAMORIOを使えば本当に忘れ物を防げるのかを検証。
実際にMAMORIOを取り付けた鍵を家に忘れたまま外出してみることにします。

このように鍵を玄関の定位置に置きっぱのまま外出してしまった〜というシーンを想定して検証します。

ちなみにぼくの家はオートロックで出掛けの際に鍵を閉める必要がなく、こうしたシチュエーションは日常茶飯事。
ただキーケースに定期券も入っているので、駅で忘れ物に気づくというのがお決まりのパターン。

非常に再現性の高い環境で検証を行うので、そのデータも信頼できるかと。
今回の検証は下記のルールに沿って判定します。

検証ルール
  • 通知が来ないまま駅に着いたら失敗
  • 半分以上駅側の道のりで通知が来たら失敗(取りに戻るのが面倒)
  • 駅から半分までの道のりで通知が来たら成功

いざ、鍵を忘れたまま外出!

ぼくの家から最寄駅までは徒歩約6分。
通知が来るタイミングはデフォルト設定の「通信が途絶えてから60秒後」に設定しています。

すると少し歩いたところでスマホに通知が。見てみると…

早速通知が来てる!!
ちゃんと登録名で「”家の鍵”は手元にありますか?」と通知が来るので、MAMORIOを複数登録してもぱっと見で何を忘れているのかが分かりますね。

参考までにぼくの家から駅までの距離を測って、適当な地図に乗せて表してみました。
この6分ほどの道のりのどの段階でMAMORIOから忘れ物の通知がきたのかというと、、、

なんとこの赤い星を付けた地点!だいたい徒歩1分半くらいの地点です。
60秒のラグを設定していたので30秒くらい歩いた地点で通信が切れて、60秒後に通知が来たということ。

設定としても完璧だし、この地点で忘れ物に気付ければ取りに帰るのも全然楽。

というわけで検証は見事成功!ちょっとうまくいき過ぎた気もしますが本当に精度が高かったですよ、これ。

 

MAMORIO、いい。

というわけで製品の概要から実際に使った様子までご紹介しましたが、かなり使えるアイテムです。

IoT系のデバイスはその新しさから興味本意で使ってはみるものの、日々使ううちに面倒になって次第に使わなくなるという物も多い気がします。

その点MAMORIOは大切なものにつけて置くだけ。
忘れ物・失くし物しそうな時にだけ最適なタイミングで通知で発してくれます。

ぼくはもう気に入っちゃって、検証で使ったキーケースにそのまま付けっ放しにしています。笑

どうしても日々忘れ物が多いという人はぼく以外にも意外と多いはず(と信じたい)。
そんな方には是非MAMORIOをオススメしたいです!お値段も1つ3,500円と比較的お手頃です。

スペシャルチケットで1つ買うともう1つもらえる。

そして今MAMORIOを購入すると、スペシャルチケットという物が同梱。
これは裏に書かれたコードを入力すると、なんともう1つMAMORIOがもらえちゃう、よく分かんないけどすごいお得なキャンペーン。

3,500円で2つのMAMORIOが手に入るので、実質1つ1,750円という驚きの安さ。

複数のものに付けてもよし、プレゼントしてもよし、電池(公称値は1年持続)切れたら交換用に置いておくのもよし。
是非このお得な機会に気になった方はご購入ください!!

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただき、記事のシェアをしてくれた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip

drip

How do you feel?

DRESS CODE.の記事に関するご意見を募集しています。アンケートに回答し記事をシェアいただいた方にはAmazonギフト券500円分をプレゼント。いただいたご意見はすべて目を通し今後の運営の参考にさせていただきます!

この記事のアンケートに答える

 

Related Posts

Recommended Posts