Same Category

アプリ『myThings』を使って雨の朝だけ特定の過去記事をシェアする。

ブログ運営で地味に役立ってます。

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

ブログ運営では新しい記事を書くのはもちろん、過去に書いた記事を再プッシュするのも大切
最近読者になってくれた人などは、昔書いた記事を読んでないということもありますからね。記事はブログの資産とよく言われるように、その資産をどう運用していくかについてブロガーの方も日々さまざま考えているかと思います。

そこで今回はそんな過去記事を再プッシュするためにぼくが使っている方法をご紹介。
色々と応用が利く方法なのでよければ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

特定の天気の日に特定の記事をSNSでシェア

当ブログはファッションを中心としたブログなので、これまでに様々なテーマでファッション記事を書いています。
例えばオススメのレインブーツをまとめた下記の記事などがそう。

こうした記事は雨が降っていて「レインブーツが欲しい」と思っているまさにその瞬間に読者の目に触れれば、記事を読んでもらえる可能性はぐっと上がります。

本来なら雨が降っている時にはこの記事を手動でTwitterなどにシェアすればいいんですが、さすがに毎回毎回自分でシェアするのは面倒。
ぼくはそんな作業を完全に自動化してしまっています、『myThings』というアプリを使って。

og-image

 

『myThings』とは?

まずは知らない方のために『myThings(マイシングス)』というアプリを簡単に紹介。
myThingsはサービスとサービスを連携して自動化できるアプリです。

20160208133017

例えば上の図のように、『Twitterで特定のワードが入ったツイート』がされたら、『端末のプッシュ通知機能で知らせてくれる』といった感じ。

他にも『Instagramで特定のハッシュタグがついたpost』がされたら、『画像をEvernoteに保存する』など組み合わせによって様々な使い方ができるアプリです。

 

雨の朝にレインブーツの過去記事をTwitterでシェア

ここからぼくが『myThings』で利用している設定を紹介。
ぼくはmyThingsを利用して『朝雨が降っている』場合に自動で『レインブーツの過去記事をTwitterでつぶやく』という設定を活用しています。

スクリーンショット_2016-05-28_23_52_13

例えば5月の月間天気を見てみると、16日は午前中に雨が降っていたことが分かります。そんな16日の朝のぼくのTwitterのつぶやきがこちら。

ばっちりとレインブーツの記事を紹介するツイートをしています。見ていただくと分かるんですが、ちょうど朝の7時30分につぶやいています。
一度設定してしまえば、天気予報で雨の予報が出ている日の朝は毎回決まった時間に自動でツイートをしてくれます。

雨音で目が覚めた朝、「雨かぁ」なんて沈みながらTwitterを見るとレインブーツをオススメする記事を見つける。
こんな感じで綺麗な流れができると読む方も読んでもらう方も幸せですよね。
実際雨の日はTwitter経由での上記記事のPVが少しだけ増えるので、少なからず効果はあるんじゃないかと思います。

雨用グッズの紹介記事があるなら同じような設定ができますし、例えば書評記事なんかがある場合でも「晴耕雨読、雨の日は読書なんてどうでしょうか?」的な文言を添えて記事を紹介しても良さそう。

天気以外にも『気温が◯◯度以上の場合』といったトリガーも使えたりするので、自分のブログの特性に合った設定を是非考えて見てはいかがでしょうか。

 

設定方法

最後にぼくが利用している『雨の降った朝』に『特定のツイートをする』という設定の方法を簡単にご紹介。

IMG_514

まずは『myThings』のアプリを開くといろんな組み合わせサンプルが紹介されている画面が現れます。
自分でレシピ(組み合わせのことを)を作るときは画面下部の鉛筆マークをタップ。すると組み合わせ一覧が現れるので、右上の「+」マークを押してレシピ作成をスタート。

IMG_5515

するとサービスの連携画面に。トリガー(何があったときに)とアクション(どんなことをするのか)の2つを設定していきます。

IMG_5516

トリガーはYahoo!天気・災害を選択。

FullSizeRender

今回は『雨だったら…』というトリガーなので「特定の天気だったら」という設定を選択。

IMG_5519

特定の天気を「雨」を、地域は読者の割合が多い地域を選ぶと良いかと。ぼくは「東京都港区」に設定しました。
これでトリガーの設定は完了。次はアクションの設定です。

IMG_5525

アクションはTwitterを選択。

IMG_5526

Twitterを選んだらアクションは「ツイートする」を選びます。

IMG_5520

するとあらかじめツイート内容を登録しておけます。
ここでレインブーツの記事のURLを打ち込んでおきます。

IMG_5521

トリガーとアクションが登録できたら最後は実行タイミング。
これを7時30分に設定します。

以上で設定は全て完了。ここまで設定できれば以下のようなツイートが雨予報の朝に自動で呟かれます。

設定は複雑そうですが慣れれば1分たらずで簡単にできます。一度やってしまえばあとは半永久的に自動で動いてくれるので面倒なのは最初だけです。
Yahoo!JAPANが提供している日本製のアプリなので設定項目も全て日本語なのが安心。

 

必要な時に必要な人へ必要な情報を

ブログというのは情報。情報は必要なタイミングで、必要な人に伝わる時に最も価値を発揮します。

『myThings』を使えば数百の中に埋もれた過去記事を、最適なタイミングで届けることができます。
ぜひ皆さんも上手く活用してみてください!『myThings』公式ブログでは組み合わせヒントなども公開しているのでこちらも合わせてどうぞ。

 

 

Relate Posts

Recommend Posts