Same Category

完全ワイヤレスの入門に!QCYの完全独立型イヤホン「Q29」がなかなか良い。

完全独立型イヤホンなるものを初めて試しましたが良いものですね。

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます! 当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

最近話題の完全独立型イヤホン。Appleが発売したAir Podsのような、イヤホンの左右筐体がそれぞれ繋がっておらず独立したイヤホンのことをいいます。

ここ1年ほどで盛り上がってきたジャンルの製品で、Apple以外にも様々なメーカーから発売されています。

ただAir Podsの意識が頭にあるとどうしても「完全独立型イヤホン=一部のマニア向け」というイメージがあるかも。
ぼくもこれまでは「完全独立イヤホンは高くて一部のオーディオ好きの製品」という印象を持っていました。

今回drip経由でフジテレビラボより、台湾のオーディオメーカー『QCY』の完全独立イヤホン「Q29」をレビュー用にご提供いただきましたのでご紹介。

実際に使ってみたところ、価格・パフォーマンス共に完全独立型イヤホンの入門機としてぴったりな製品でした。

スポンサードリンク

QCYの完全独立型イヤホン「Q29」

早速開封から。こちらが提供いただいたQ29のパッケージ。
よくあるダンボールの簡易包装ですが、しっかりとした作りです。

蓋を開けるとイヤホン本体と周辺アクセサリが入っています。
付属品は充電用のmicro-USBケーブル大・小のイヤーピースの必要最小限の構成。

これが本体。この小さなケースにイヤホンが収められています。
ケースの素材はプラスチックですが、以外と安っぽさはありません。むしろマットでスタイリッシュな質感。

ケース自体はとても小さく、手に持ってみるとその小ささが伝わるかと思います。

ケースの裏側には充電用のmicro-USBポート。ここからケースにセットしたイヤホンの充電を行うほか、ケースに搭載されたバッテリーの充電も可能です。

ちなみにバッテリーはイヤホン片耳に45mAhずつ、そしてケース内に220mAhが搭載されています。

ぱかっと蓋を開くと、いよいよ中からイヤホンが。

左右とも取り出してみました。Air Podsに比べると筐体部分が大きい印象。重さはほとんど感じないくらいの軽量さ。

QCYのロゴマークが入った透明部分はボタンになっており、ここで電源のオン/オフや再生/停止、ペアリングなどを行います。

 

実際に使って感じた良い点

ここからは実際に使って感じた良い点を紹介。完全独立型という初めての体験はなかなか新鮮でした。

コードがないのでストレスフリー

まずはやはり完全独立型というその新感覚な使い心地。
コードが一切ないので使用中に引っかかったり、カバンの中で絡まったりしないのはかなり快適。

イヤホンを付けているとコードが頬や首に当たって集中が途切れてしまうことがあったんですが、完全独立型はその心配も無用で作業に没頭することができます。

音質は思ったほど悪くない

他のレビューなどでも音質が良くないという意見が多かったので期待していなかったんですが、思ったより悪くないというのが個人的な感想。

全体的に軽くシャカシャカした音なんですが、音量を上げればある程度の迫力は感じられます。
イメージとしてはコンビニで売っている2,000円くらいのイヤホンに似てるかも。自分としては全然聴ける音です。

お世辞にも音が良いとは言えませんが、後述の通り7,980円という価格で完全独立型であることを考えると妥当な気がします。そもそも音質にこだわる人は「Q29」が選択肢に上がることはないと思いますし。

ケースに入れて持ち運ぶのが良い

これは感覚的な部分も多いですが、ケースに入れてイヤホンを持ち運ぶというのがちょっと格好良くて気に入っています。
特に「Q29」はケースもかなり小型なので、なんだか使っている間に愛着が湧いてくるんですよね。

ぼくはよくイヤホンをポケットに入れっぱなしで行方不明にしてしまうんですが、専用ケースがあれば失くしてしまう心配もありません。

完全独立型イヤホンとしては手頃な価格

「Q29」は税込7,980円と、2万円を超えるモデルも多い完全独立型イヤホンとしては安価な価格。
イヤホンに高いお金は掛けられないけど、完全独立型は気になるという人にはかなり挑戦しやすい金額になっています。

 

使っていて気になった点

ここからは気になった点もいくつか。値段とのバランスを考えると仕方がない面も多々ありますが、それ単体で評価した時にはやはり気になる点も。

ペアリングに迷う時がある

「Q29」の接続は少し変わっていて、右耳をiPhoneなどのオーディオデバイスにBluetooth接続し、その後にさらに右耳と左耳の間をBluetoothにて繋げる仕組みになっています。

この左右のイヤホンの接続が一度切れてしまうと、次回起動時に説明書通りに操作してもなかなか繋がらないということが何度かありました。

何度かトライすると正常に繋がってくれるんですが、上手くいかない時は煩わしさがあります。
ちなみに説明通りにやっても左右のイヤホンが繋がってくれない場合、下記の記事に書いてある操作が参考になりました。

【参考】片耳ずつペアリング可能!QCYの完全ワイヤレスイヤホン「Q29」をレビュー!|webledge

音質は決して美しくない

良い点では「意外と悪くない」と書いた音質ですが、これはあくまで前評判よりも悪くないという意味。
音質だけを単体で評価すると正直満足できない人もいると思います。いかんせん音に軸がなくて軽く、ややこもった印象を受けます。

筐体が大きく耳に当たる

Q29のイヤホンはバッテリーや操作ボタンが搭載されている筐体部分がやや大きい作り。
これが長時間付けっ放しにしていると、筐体部分が耳に当たって痛くなってくることがありました。

耳の形によっては全く気にならない方もいると思いますが、大きめな作りなので耳が小さい人は注意が必要かも。

イヤーピースのフィット感など付け心地は悪くないぶん長時間使用することが多いんですが、そうした時にこの耳当たりが気になり、イヤホンを外して休憩しながら使ったりしています。

 

価格の割に出来が良いイヤホン。完全独立の入門に。

良い点・気になった点含め色々と書いてきましたが、個人的には結構気に入ってますこのイヤホン。
これまで外出用のレギュラーとしてはSudio SwedenのBluetoothイヤホンを使ってたんですが、最近はもっぱらこちらを使用中。

やっぱりストレスフリーな使用感と、ケースがバッテリーになっているので多少充電を忘れても頑張れちゃうという点が気楽です。

お世辞にも音が良いとは言えませんが、普段使いならこれくらいでも個人的には十分。音質を重視したいときはKlipschのX12などを持ち出して使おうと思います。

というわけで価格は安いですが普通に良い製品でした。こんなに安価なモデルが出てくると、全てのイヤホンが完全独立になる日も近いかもしれませんね。

 

Relate Posts

Recommend Posts