Same Category

休日の革靴磨き。明日の服選び。誰のためでもない自分のための時間。

「靴だけは良いものを履きなさい。良い靴はあなたを遠くへ連れて行ってくれるから」

どこかで聞いたその言葉をきっかけに、ぼくはいつからか靴にこだわるようになった。

そうして靴に興味を持ち始めると、次第に週末の靴磨きがささやかな楽しみに。休日の靴磨きはぼくのこころがゆるむ瞬間でもある。

スポンサードリンク

ねぎらっているのは靴か、自分自身か

定期的に靴を磨くと、靴がいかに汚れているかがよく分かる。ただそれは自分が日々着実に歩を進めている証左でもある。

そんなことを考えながら靴を磨く。靴をねぎらっているようで、もしかしたら自分自身をねぎらっているのかもしれない。

そうしてピカピカになった革靴でまた次の1週間に備える。磨き上げた靴を履いて歩く朝は活力が湧いてくる。

靴磨きは過去の自分と対話し、未来の自分をデザインすること。誰のためでもない、自分だけの時間。

 

ファッションはくらしを彩る色彩具だと思う

「未来の自分をデザインする」というのは、靴だけでなくファッション全般に言えること。

夜、クローゼットから翌日着る服を選ぶとき、ぼくたちは無意識のうちに明日という日をデザインしている。

――友人と遠出する休日は、動きやすいデニムを履いて。
――大切なプレゼンがある日は、仕立ての良いスーツを。

ファッションはそうやって、くらしを鮮やかに彩ってくれる色彩具なのだと僕は思う。

ぼくのこころがゆるむとき。それは「明日をどんな日にしようかな」と考えながら、靴を磨いたり服を選ぶ、自分だけのひととき。

 

Related Posts

Recommended Posts