Same Category

【就活】知ってるだけで全然違う!圧迫面接のパターンとその対処法

Updated on

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

前回の記事では圧迫面接全体に対する突破法をお伝えしましたが、今回は実際に世の中にはどういう圧迫面接方法が存在し、その1つずつに対してどう対処すれば良いのかという事を書いていきたいと思います。

圧迫面接は事前準備が非常に大切なので、みなさん突然圧迫面接に遭遇するまえにそのパターンと対処法を頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク

圧迫面接パターン別対処法

①挨拶を注意される

挨拶の声が小さいと注意されるタイプです。これはしばしば他の方法と組み合わせて使われます。
素直に謝り、あちらと同じ位の声量で挨拶仕返しましょう。

 

②マナーを注意される

主にお辞儀の角度などを細かく注意されるタイプです。こちらも単独ではなく組み合わせで用いられます。
こちらも素直に謝り、もう一度お辞儀しましょう。

 

③こちらの意見を全て否定してくる

様々な質問を投げかけこちらの意見を述べさせて、それを全て否定するという方法です。
本当にあらゆる意見を否定してくるので心が折れがちですが、とりあえず諦めず自分の意見を冷静に主張し続けましょう。

しかし無理に反論し続けなければならないことはありません。
もしこれ以上反論することが出来ないと思ったら素直に「確かに〇〇さんの言う通りです。」「僕の勉強不足でした。」と認めましょう。

ここでは議論に勝つことが目的ではありません。ストレスフルな状況でも自分の意見を冷静に貫けるかという点が見られているのです。

 

④話を途中で遮ってくる

こちらに意見やエピソードを語るように促し、それを話している途中でこちらの話を遮ってくるというパターンです。
これは一般的なのかはわかりませんが、僕が実際に遭遇したものです。

少しでも話が長くなると(1分程度)、こちらの話を途中で遮り「あなたは話が長いですね」と言われました。
この時も僕は冷静に「それは失礼しました、では手短に話させて頂きます。」と言って以後は出来る限り簡潔に話すように心掛けました。

話を遮られるのは心が折れますが、普通に選考は通過できたので遭遇してもあまり気にしないようにしましょう。

 

⑤話がつまらないと言ってくる

これは遭遇したことはないのですが、よく聞く圧迫方法です。

正直就職面接に面白さは全く必要ないと思っているので、もしこう言われたとしたら
「すみません、志望度が高いのでつい真剣になってしまいました」と言う程度で構わないと思います。

その後も特別話を面白くする必要はまったくありません。
この方法はあくまであなたのストレス耐性を図るものであって、採用面接で真剣に話して悪い理由はありませんから。

 

圧迫面接の方法は企業によって様々ですが、ここに挙げたものはその中でも特に良く使われる方法です。

なんとなく頭に入っていれば突然圧迫面接に出くわした際に、焦らず「ついに来たか」と心づもりが出来るかと思います。
ぜひ今回の記事をその際の参考にしてみてください!

 

就活生なら活用したいAmazon Student

最後に少し本題から逸れますが、就活生ならぜひ活用したいサービスをご紹介。
それが「Amazon Student」という通販サイトAmazonが運営する学生限定サービスです。

1ヶ月159円、年間1,900円の有料会員サービスですが、加入すると下記の特典があります。

  • 書籍を購入時10%ポイント還元
  •  →業界分析・企業分析で本を読む機会が多い就活生なら大きなメリットです。

  • お急ぎ便使い放題
  •  →Amazonのお急ぎ便は通常有料オプションですが、Amazon Studentなら無料で使い放題。

  • Kindle本が毎月1冊無料
  •  →Kindleに登録してある本が毎月1冊無料で読めます。会費が1ヶ月159円なので1冊借りると元が取れちゃいます。

  • 文房具・ノートが20%OFF
  •  →学生なら頻繁に使うルーズリーフや文具類も、全て20%オフ。お急ぎ便を使えばすぐに届きます。

他にも映画やTV番組が見放題の「Amazonプライムビデオ」や、無料で100万曲の音楽が聴き放題の「Prime Music」など、Amazon Student会員限定の特典が盛りだくさん。

6ヶ月無料で使える!

そしてこのAmazon Studentがすごいのは、なんと最初の6ヶ月間は完全無料で使えること。
6ヶ月後に自動で有料会員に…なんてこともなく、期限がきたらサクッと通常会員に戻ることもできるので安心。

就活生はどうしてもお金も時間も余裕がない身分。Amazon Studentはそんな就活生にとって本当に素晴らしいサービスだと思います。
「お得なサービス」ではなく、むしろ「(Amazonを使うなら)入ってないと損するレベルのサービス」です。

登録は下記のバナーからすぐに完了するので、ぜひ登録してみてください。

 

Related Posts

Recommended Posts