Same Category

【就活】あなたが就活解禁後すぐにやるべき4つの行動

Updated on

本日もDRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

いよいよ16卒の就活が本日から解禁となりましたね!
これから数ヶ月は忙しかったり辛いこともあるかもしれませんが、就活は自分の将来について考える良い機会となりますので楽しく前向きに頑張りましょう!

当ブログDRESS CODE.でもできる限り皆さんのお役に立てる情報を発信していきます。
更新をいち早くチェックするためにも、是非TwitterやFacebookのフォローをお願いします!


就活解禁!まずはなにをする?

さて、本日より就職活動が解禁ですが、皆さんはまずなにをしようと考えているでしょうか。
きっととりあえずマイナビやリクナビの登録を済ませて、めぼしい企業にエントリー…という人が多いのではないかと思います。

ならその次にやることは?
直近の合同説明会を探して申し込みでしょうか。

【就活】合同説明会に参加するときに意識しておきたい3つのポイント

もちろん一つ一つのアクション自体は間違ってはいません。
しかし就活はここから数ヶ月続く長期戦です。
今回は長い目で見たときに就活解禁後すぐにやっておくべきことを4つご紹介します!

スポンサードリンク

今後のスケジュールの把握

PAK85_pentonote20140313000808500

まず就活解禁後に行って欲しいことは「今後のスケジュールの確認」です。

何度も言いますが就活は長期戦かつ、行うべきことが多岐に渡ります。
説明会・企業分析・自己分析・筆記試験対策・ES作成・面接…

こうした中、行き当たりばったりで個別のアクションをバラバラとこなしていくと、スケジュールミスで筆記試験の対策をする時間を確保できなかった…みたいなことになりかねません。
また、場当たり的な就活では「あいつがこれやってるから俺もやらなきゃ…」と他人の行動に振り回されてしまう可能性もあります。

まずは就活解禁の今日から就活の終わりまで、どういうイベントがいつあるのかという事を把握する必要があります。
これは不確定な部分などももちろんあるので、ざっくりで構いませんが、必ずやって欲しいことの一つです。

じゃあ具体的にどんなイベントがあるのかということに関しては、以前参考になる記事を書いたので、ぜひご覧ください!

 

ゴールを決める

TSU89_goal500

スケジュールが把握できたら、次は自分のゴールを決める作業です。
これも非常に大切なことなので、マストでやって欲しいことです。

就活のスケジュールは就活をゲームに例えるとルールにあたります。
今後こういう流れでこのイベントがやってくるというのは、誰に対しても同じ条件です。

では次に、その決められたルールの中で最後にどういう状態になっていれば成功と言えるのか?を決めるのがゴール設定です。
自分の中でのゴールが設定できていないと、ルールの中でどういう方向に向かっていけば良いのかがわかりません。

「◯月までに内定をもらう」
「◯◯業界に内定をもらう」
「◯◯企業に内定をもらう」
など、自分の状態によって決まる目標は変わると思いますが、できる限り具体的にゴールを決めましょう。

逆に言うと、自分の中で成功/失敗の定義が曖昧なままだと、就活が解禁されてもなにをしていいのか分からないのは当然だと言えます。
ゴールの方向性が分からないまま、マラソンを走ることができないのと同じです。

 

スケジュールに沿って、自分のアクションプランを練る

lgi01a201312252000

スケジュールが分かって、自分の目標が決まったらあとは簡単。
「このイベントまでに自分が何をしなければいけないか?」を考えていくだけです。

極端な例を挙げます。
あなたは明日第一志望企業の最終面接があったとすると、内定をもらえる自信がありますか??

ここでYesと答えられる人はほとんどいないと思います。
しかし実際の最終面接はもっとあとの話ですからそれは心配ありません。

 

では明日だと受かる自信がない最終面接を、数ヶ月後には自信がある状態にし、実際に選考に通過するためにはどうすればよいでしょうか?
このように逆算して考えていくと、自分がやらなければいけないことが明確になります。

ー全員が最終面接に進めるわけではありません。まずは必ず1次面接があります。
1次面接を通過できるようにするには自分に何が足りないですか?

ーそもそも面接まで進めるかどうかも分かりません。1次面接の前にはES選考があります。
ESを突破できるようするには自分に何が足りないですか?

ー1社だけ受けるなんてことはリスクが高すぎます。少なくとも10社ほどは選考を受ける必要があります。
1000社以上の中から受ける10社を選ぶためには何が足りないですか?

goal

このようにイベント毎に自分がどうなりたいのかを考え、そのためには何が足りないかを逆算的に導いていきましょう。
きちんとスケジュールを見渡した上でこのように考えられれば、抜けモレなく自分のアクションを計画することができます。

どんどん考えていった結果、最終的に「まずは企業情報を得るためにリクナビ登録」と逆算的に結論づけるのは問題ありません。
しかしほとんどの人は漠然とイメージで「リクナビ登録だ!」となってしまっています。

これだと「何のためにリクナビ登録するのか?」という部分が抜けているので、結局登録しても何をするのかわからず、むやみにエントリー数を増やして一安心するというよくない方向に陥りがちです。

こうした逆算的な考え方はGROWモデルというフレームを一部利用しています。

 

就活LINE部屋を作る!

ios7_line_bug_0

最後はちょっとカジュアルなポイントを。

今日スタートを切った長い就活レースでは、途中で大変なこともたくさんあると思います。
ぼくもこうやって偉そうなことを書いていますが、就活当時はしんどくなった時期はもちろんありました。

その時とてもありがたかったのが友達数人と作った「就活LINE部屋」の存在。
人である以上、どうしても他人の就活状況が気になったり、嫉妬してしまったりしてしまうのが人情です。
そうした人間関係で必要以上にギクシャクしないためにも、本当に信頼出来る就活友達と少人数でLINE部屋を作ることをお勧めします。

ぼくはこのLINE上で就活状況を全て友達とシェアしていました。
これは真面目な情報交換という意味合いはもちろん、「◯◯会社から祈られた。もうあの商品買わない」みたいなくだらないことを話すのが主な目的でした。笑

良い結果の時はみんなでお祝いし、良くなかった場合は励まし合う。

こんな風に気の置けない関係の友人との間に「はけ口」を作っておくことは、自分の精神状態を健全に保つ非常に強力なインフラになったと個人的に思います。
くだらないことだと思うかもしれませんが、面接などは自分の気持ちの持ちようで結果が大きく変わってきます。
そういう意味でも、長い就活の間でこうした場を持っておくというのは大切なことだと思いますよ!

 

就活生なら活用したいAmazon Student

最後に少し本題から逸れますが、就活生ならぜひ活用したいサービスをご紹介。
それが「Amazon Student」という通販サイトAmazonが運営する学生限定サービスです。

1ヶ月159円、年間1,900円の有料会員サービスですが、加入すると下記の特典があります。

  • 書籍を購入時10%ポイント還元
  •  →業界分析・企業分析で本を読む機会が多い就活生なら大きなメリットです。

  • お急ぎ便使い放題
  •  →Amazonのお急ぎ便は通常有料オプションですが、Amazon Studentなら無料で使い放題。

  • Kindle本が毎月1冊無料
  •  →Kindleに登録してある本が毎月1冊無料で読めます。会費が1ヶ月159円なので1冊借りると元が取れちゃいます。

  • 文房具・ノートが20%OFF
  •  →学生なら頻繁に使うルーズリーフや文具類も、全て20%オフ。お急ぎ便を使えばすぐに届きます。

他にも映画やTV番組が見放題の「Amazonプライムビデオ」や、無料で100万曲の音楽が聴き放題の「Prime Music」など、Amazon Student会員限定の特典が盛りだくさん。

6ヶ月無料で使える!

そしてこのAmazon Studentがすごいのは、なんと最初の6ヶ月間は完全無料で使えること。
6ヶ月後に自動で有料会員に…なんてこともなく、期限がきたらサクッと通常会員に戻ることもできるので安心。

就活生はどうしてもお金も時間も余裕がない身分。Amazon Studentはそんな就活生にとって本当に素晴らしいサービスだと思います。
「お得なサービス」ではなく、むしろ「(Amazonを使うなら)入ってないと損するレベルのサービス」です。

登録は下記のバナーからすぐに完了するので、ぜひ登録してみてください。

 

Related Posts

Recommended Posts