Same Category

夏を彩るビビッドカラー!シリコン素材のSiliBAGがキャンプや海で活躍します。

Updated on

夏の遊びといえばレジャー!海や川など水辺に遊びに行くことも多い季節。ぼくもすでに今年だけで2回ほど川に行っています。今回はそんなレジャーシーズンにぴったりなソフトシリコンバッグ『SiliBAG(シリバッグ)』をレビュー用にご提供いただきました。

先日ちょうど川遊びに行く機会があり、持ち出して使ってみましたのでその時の様子とともにSiliBAGを紹介します。夏の陽気に映える、ビビッドカラーがおしゃれなバッグです。

スポンサードリンク

ソフトシリコン製のユニークなバッグ『SiliBAG(シリバッグ)』

これが今回ご提供いただいたSiliBAGというバッグ。ビビッドなカラーと大胆な配色が目を引く、トートバッグ型のカバンです。このSiliBAGはその名の通り、持ち手から底面まで全てソフトシリコン素材でできています。iPhoneケースにも使われることの多い、柔らかいあの素材です。

あまり見たことのない100%シリコンを使用したバッグ。少し変わったバッグなんですが、このシリコンにより他のバッグにはない色々な特徴を持っています。

1.鮮やかな発色

SiliBAGを一目見てまず感じるのは発色の鮮やかさ。今回はグラデーション(マルチカラーレッド)というカラーをご提供いただきましたが、ほかにもカラーバリエーションが豊富。グラデーションカラーの他にも鮮やかな色味が全面に使われたモノクロというモデルもあります。

これだけ鮮やかな色味を自由に使うことができるのは、着色が容易なシリコン素材だからこそ。その強みを生かしてSiliBAGは様々なカラーリングを展開。シンプルなオールブラックからパステルカラーのグラデーションまで、男女ともに使える色味が多数ラインナップ。

2.水に強い

シリコン製の素材は水との相性も抜群。水が中に染み込まずにすべて弾いてくれるので、海や川に持っていった際も水濡れを気にすることなく使うことができます。

先日はキャンプ場から歩いてちょっとの川辺までの道のりで、財布などの貴重品を入れておくのにSiliBAGを使いました。こうした川べりに気兼ねなく持っていけるバッグはこれからのシーズン重宝するはず。

ただトートバッグ型で口が閉まるわけではないので、上からは水が入ってきます。なので雨の日などはそのままだと中に入れたものが濡れてしまう可能性があるので注意。

3.傷がつきにくい

ソフトシリコンは傷のつきにくさにも一役買っています。もとより柔らかい素材なのでぶつけたりしても傷がついてしまう心配は少ないです。岩場やアスファルトなど、どこにでも持ち出してどこにでも置いておけます。

地面に置くことで気になるのがバッグの汚れ。その点もSiliBAGなら水洗い可能なので汚れも簡単に洗い流すことができます。かわいい見た目で案外タフネス仕様なのが面白いですね。

 

程よい大きさで、シンプルなコーディネートにもハマる

機能面だけでなくファッションアイテムとしても使い勝手の良いSiliBAG。写真は川辺で撮影していますが、暑い日は街中でも半袖短パンのこんな楽な格好で外出することも多いはず。

そんなシンプルスタイルでもビビッドなSilliBAGがあれば、全体のアクセントカラーとして上手くコーディネートに華を添えてくれます。男性でも肩がけできる持ち手の長さも使いやすいポイントですね。

 

夏を彩る、持ち出せる”アート”

ユニークでアート性の高いデザインのSiliBAGは、オランダのゴッホ美術館で販売されるなど欧州でも高い人気を誇っているそう。ぼくも今回実際に持ち出してみて、その使い勝手の良さとデザイン性がとても気に入りました。

日常的にももちろん使えますが、やっぱりおすすめはアウトドアでのサブバッグとしての使い方。なにより大自然の中にSiliBAGを置くだけで、どこでも絵になってしまうんです。今回も大人げなく靴を脱いで川に足をつけて撮影をしちゃいました。笑

価格は今回使わせていただいた横型のバッグで1つ8,900円。海、川、プールなど水辺に繰り出すことが多いこの時期にはぴったりなバッグですよ。

How do you feel?

DRESS CODE.の記事に関するご意見を募集しています。アンケートに回答し記事をシェアいただいた方にはAmazonギフト券500円分をプレゼント。いただいたご意見はすべて目を通し今後の運営の参考にさせていただきます!

この記事のアンケートに答える

 

Related Posts

Recommended Posts