Same Category

これが私のとっておき。『It’s My Sunday Best』 Vol.12 ミニマリスト しぶさん

当ブログを運営する上で大切にしているのが「こだわり」
外見は一番外側の中身。自分の考えや意思の発露がファッションとして表れてくるのだとぼくは思います。

『It’s My Sunday Best』は、そんなファッションにこだわりを持つ人の「とっておきの一品」を教えてもらう企画です。

“Sunday Best”とは[晴れ着、よそゆき]の意。なにげないように見えるアイテムに込められた、その人ならではの思い入れを聞かせてもらいましょう。

スポンサードリンク

今回お話を伺った人

ミニマリスト しぶさん

大分に生まれ福岡で育った95年生まれの22歳。大学進学を諦めフリーター生活の最中にミニマリストに目覚め、自身のライフスタイルなどを「ミニマリストしぶのブログ」にて発信する。キャリーケース1つで「旅をしながら暮らす」生活を経て、現在は福岡で4畳半の小さな部屋で暮らす。

SundayBest Vol.12は経歴からして異色なミニマリスト しぶさんにお話を伺いました。

ここ数年ですっかり定着したミニマリストという言葉や、そうした生活観を持つ人々の存在。ただ、耳にしたことはあっても実際にミニマリストの人がどういう考えやこだわりを持っているかを聞いたことある人は少ないのでは。

かくいうぼくもその1人で、これまで「ミニマリスト=物を持たない」という朧げなイメージしかありませんでした。そんな時に偶然出会ったのが「ミニマリストしぶのブログ」です。

彼のブログでは物にまつわる記事はもちろん、自分のミニマリスト的な思考法なども紹介されています。特に読者からのQ&A記事は、的確なアドバイスと言葉の裏にある彼なりのミニマリストへの考えが垣間見える個人的にも好きなシリーズ。

“ミニマリストだからと言って「持たないこと」に固執しては本末転倒”
“ミニマリストになるということは「自分にとっての必要を最適化する旅」に出ること”

ぼくとは全く方向性は違えど、物へのこだわりを持つという意味では同じである彼のファッションに対する考えを聞いてみたいと思い、今回取材を申し込みました。

また今回「ミニマリストしぶのブログ」にて、ぼくFukulowについてもご紹介いただきました。
記事末にリンクなどを載せていますので、こちらも合わせて読んでもらえると嬉しいです。

 

Cote&Cielのバックパック「Isar」

ーー今回SundayBestに選んでいただいたバックパックはいつ、どこで手に入れた物ですか?
2017年の春にAmazonで購入しました。それまで5年間はNIXONのバックパックを使っていたので、そこからの買い替えです。

ブログを書くようになってからはPCを毎日持ち運ぶようになったので、PC周りの収納力に長けデザインも優れたCote&CielのIsarを選びました。

ーーこれをSundayBestに選んだ理由は?

ミニマリズムを貫いたデザインに見た瞬間一目惚れしたからですね。「これより格好良いリュックはない」と自分の中に確信のようなものがありました。

ーーミニマリズムを貫いたデザインとは具体的にどういう部分ですか?

それを語る前にまずぼくが考える「シンプル」と「ミニマル」の違いについて説明します。シンプルはイメージでいうと「◯」、ミニマルはシンプルからさらに無駄を削ぎ落として行き着く「△」のイメージです。

「◯」であるシンプルは強調するものがないのに対して、「△」は強調するものがある。つまりミニマルは無駄を削ぎ落として部分を強調したもの。

このCote&Cielのバッグも考えてみればただの黒い無地のバッグです。ボタンやジップなどの金具も表からは見えません。そうした余計な装飾を削ぎ落とすことで、アシンメトリーな全体のシルエットが強調されているんです。

これこそ「◯」ではなく「△」なぼくの考えるミニマリズムを体現するバッグだと感じました。

ーーそんなミニマリスト しぶさんのDRESS CODEはなんですか?
※DRESS CODE=ファッションにおいて意識していること、譲れないこと

先程の説明の通り、シンプルなだけにとどまらずどこか尖った部分があるミニマルなファッションを追求しています。ミニマリストの中にはシンプルファッションの方は多いですが、ミニマルファッションってあんまりいない気がしています。

ーー具体的にはどういうことを考えてスタイリングしていますか?

使う色は白と黒のモノトーン無地で統一しています。そうして要素を削ぎ落とした上で自分がこだわっているのはシルエットですね。トップスにゆとりがあってボトムスが細いVラインシルエットが好きです。「V」は強調する部分が明確ですから。

 

Sunday Bestを取り入れたコーディネート

Coordinate Item
  • Coat:UNIQLO U
  • T-shirt:Hanes
  • Pants:GU
  • Shoes:CONVERSE
  • Bag:Cote&Ciel Isar(My SundayBest!!)

UNIQLO Uのゆったりしたダスターコートに、細身のスキニーパンツを合わせたVラインシルエットな着こなし。色味はもちろん白黒のモノトーンで。

「ストレスフリーを追求した結果、私服を制服化しました」と語るしぶさんは毎日同じこのコーディネートで外出するそう。HanesのジャパンフィットモデルTシャツは4枚、GUのスキニーパンツは2本、コンバースオールスターは計3足所持しているとか。

サイドから見るととてもバランスの良いシルエット。このシルエットが彼のファッションのこだわりです。

同じ物を3足所持するコンバースのオールスターOX。「消耗や悪天候などを考慮すると3足を履き回すのが最も効率的でした」と語るしぶさん。

 

自分の生き方で自分を表現したい

ーー毎日同じコーディネートだと正直飽きちゃいませんか?

飽きることはないですね。そもそもぼくはファッションを通じて自分を表現しようと思っていないのかも。自分のブログや生き方で自分自身を表現したいという気持ちが強い。だからファッションの主張は最低限でいいと思えるんです。

ぼくはお金を掛けずに一人暮らしがしたくてミニマリストになりました。同じように毎日やりたいことがたくさんあるから、洋服を選ぶ時間はできる限りミニマルにしたい。目的を実現するためのミニマル思考なんです。

 

随所に光るファッションセンス

毎日同じコーディネート。色は白と黒のみ。

最初は「ファッションにほとんど興味がないんだろうな」と思っていたミニマリスト しぶさんですが、インタビューが終わる頃にはぼくの彼への印象は最初の正反対になっていました。しぶさんは実はとてもファッションセンスがあるんじゃないかと。

彼はシンプルな「○」とミニマルな「△」の話のように、比喩を使って物事を分かりやすく表現することに長けています。この”伝えたいこと”を他のものに置き換えて表現するという手法は、まさにファッションのセンスそのもの。

いまは主に持ち物や暮らしを通してミニマリズムを体現しているしぶさんですが、もしそのフィルターにファッションが加わったらより面白いスタイルになるのだろうなと感じました。

今後は芸術や表現技法などアートな領域をもっと学びたいというしぶさん。厳選した持ち物をCote&Cielのバックパックに詰めて、軽やかに街を歩く。その後ろ姿は彼の行き方そのものを表しているようでした。

 

ミニマリストしぶのブログにてFukulowを紹介いただきました!

今回しぶさんのインタビューに合わせて、彼のブログにFukulowを紹介していただきました。

今回は「Fukulowがミニマリストだったら」というテーマで、ぼくの考えるミニマリストファッションについて語っています。ぜひこちらも合わせて読んでみてください!

 

あなたのSunday Best教えてください!

当ブログDRESS CODE.では今後もファッションにこだわりを持つ人のSunday Best(=とっておきの晴れ着)をご紹介していきます!

もしよければ、いま記事を読んでいただいているあなたのとっておきのファッションアイテムを取材させていただけませんか?
取材は都内限定ですが性別・年齢は問いません。
TwitterやInstagramアカウントはもちろん、人に伝えたいご自身の活動などがあれば合わせてご紹介させていただきます。

詳細は各種SNSメッセで相談できればと思います。気軽に連絡してください!!

 

Related Posts

Recommended Posts