Same Category

ブロガー男子が行く!北海道の旅【2日目】

Updated on

北海道で行われるロックフェス「Rising Sun」を目当てに、「monograph」の堀口と「webledge」のけーすけの3人でブロガー男子の北海道旅行。

「Rising Sun」を翌日に控えた2日目は札幌市内を観光。主にフォトジェニックな写真を撮ることだけを目的として行動します。小樽で幻想的な写真を撮影した1日目の様子は下記からご覧ください。

スポンサードリンク

SBAPP管理人「Ryo」さんとカフェでお話

2日目の朝は普段dripのバリスタとしてもお世話になっている、北海道在住ブロガー「SBAPP」のRyoさんとカフェで待ち合わせ。

「SBAPP(エスビーアップ)」はApple系情報やアプリレビュー、iPhoneアプリのTips情報などを中心に毎日記事を更新しているサイト。企業が運営しているかのような圧倒的な情報量と丁寧な記事で、開設から3年ほどで数百万アクセスを誇る人気ブログです。

Ryoさん自身は非常に落ち着いた方で、自身のブログに対して強い愛情を持ち一番に読者のことを考えている素晴らしい方でした。そしてお土産にと3人分のハスカップケーキまで頂いちゃいました。

最後はまた東京に来られる際はぜひお会いしましょう、とがっちり握手を交わしてRyoさんとお別れ。お土産ありがとうございました!

楽しくiPhoneライフ!SBAPP

 

昼食はスープカレー「GARAKU」へ

Ryoさんと別れた後はランチ。せっかく北海道に来たのでスープカレーを食べようと札幌にある「GARAKU」に来ました。札幌でも定番の人気店らしく、お昼時ということもあり30分ほど行列を並んで入店。

今回注文したのは「ポークフランクとベーコンの炙りチーズのせ」というメニュー。大きなベーコンとウインナーが入った食べ応えたっぷりなスープカレー。辛みを少しだけ追加したスープと、炙りチーズのコクとまろやかさが相性抜群。美味い!

 

おしゃれなスタンド「BARISTART COFFEE」で一服

お昼を食べたらその足でふらっと歩いて、近くにあるおしゃれなコーヒースンタンド「BARISTART COFFEEで一服。外装や店内のちょっとしたアートなどが可愛いくて、つい長居しちゃうスタンドです。

店内には4席ほどしかなかったので、今回はテイクアウトでアイスコーヒーを注文。お店の前で写真を撮ったりしながら、まったりした昼下がりを過ごしました。

北海道旅行2日目の服装

ここで旅行2日目の服装を紹介。

Coordinate Item
  • Shirt:Revival 90% Products(Varde77)
  • T-shirt:70’s Vintage
  • Pants:UNIQLO
  • Shoes:church’s
  • Glasses:Ermenegildo Zegna
  • Cap:UNITED ARROWS

この日は1日目からトップスだけを変えてストリートスタイルに。古着ライクなボーリングシャツに、70’sヴィンテージのプリントTシャツを合わせました。

キャップは今回のフェスに合わせて、前日に東京で購入したジェットキャップ。派手目なフェスっぽい色味を探して購入したんですが、案外合わせやすいかもと思いコーディネートにも取り入れてみました。

旅行中の北海道は若干雨がぱらつくときはあれどとても涼しやすく、このくらいの重ね着ならとても快適。東京の夏は暑すぎておしゃれしづらいので、早く涼しくなってほしいな〜。

 

大倉山ジャンプ競技場で絶景を望む

この後は北海道を一望できる良いスポットがあるとのことで、大倉山ジャンプ競技場へ。オリンピックなどでやっているスキーのジャンプ場がある場所で、普段はその頂上を展望台として解放しているとのこと。

ながーいエスカレーターを登っていきます。幾何学的な構造が格好良くて、普段はあまりやらないんですがモノクロ撮影に挑戦してみました。

エスカレーターを抜けるとそこには巨大なジャンプ台が。見るのは初めてでしたが想像以上に大きくてびっくりしました。ジャンプ台の横にあるロープウェイ(大人往復500円)で上まで登ることができます。

この辺から「#gif旅」が徐々にマンネリ化し始めます。

早速ロープウェイに乗り込んでて望台へ。かなりの高さなので下を見るとちょっと足がすくみそう。

と思って振り向いたら全く怖そうにしてない堀口がいました。

ロープウェイから見える景色はこんな感じ。このロープウェイですが、定期的に「安全な乗り降りのため」という理由で止まるんです。なので運が良ければ(悪ければ?)この状態をロープウェイから数十秒間楽しむことができます。

頂上は絶景!

ロープウェイで頂上まで登ると見える風景。

北海道の街並みが一望できるかなりの絶景スポット。と同時にここから飛び出してジャンプする選手の度胸がすごい…!

唯一惜しいのがリフトが夏季18:00、冬季17:00までと夜景を楽しむには少し終わるのが早い点。とはいえ無料駐車場もあって往復500円で楽しめるとても良いスポットでした。

めっちゃ見てくる。笑

 

お洒落で居心地の良い「OFF-GRID CAFE」で休憩

その後は近くにお洒落なカフェがあるということで、札幌市内にある「OFF-GRID CAFE “Physical”」へ。

古い雑居ビルの中にあるカフェなんですが、ここが内装から食器、ソファなどの什器まであらゆる物がお洒落な空間でした。ホットコーヒーのカップはイイホシユミコのnuitを使っているそう。

かなりコンセプトのあるカフェなので、北海道に来られた際はぜひ足を運ぶことをオススメします。「あちらの方が広くてゆっくりできますよ」と声をかけてくださったりとスタッフさんもとても親切でした。

 

夜は「もいわ山ロープウェイ」で夜景を撮影…のはずが

素敵空間なカフェで休んだ後は北海道の夜景を撮影しようと、撮影スポットである「もいわ山ロープウェイ」へ。いい夜景を撮ろうとカメラや三脚を意気込んで持ち込み、往復1,700円の往復ロープウェイチケットを購入。

ロープウェイを乗り継ぎ頂上展望台までつくと、、、雲が濃くて全く景色が見えない。おまけに雨まで降っているということですぐに退散する羽目になりました。。

チケット売り場があるふもとの方ではそこまで天気も悪くなかったのですが、山頂はかなり悪天候でした。一応悪天候の時はチケット購入時にスタッフの方から「山頂は雲が厚く景観が見えにくいですよ」と確認してもらえるので、もし行かれる方は天候をよく見てご判断を…!

 

晩ご飯は「夜空のジンギスカン」で満腹

気を取り直して晩ご飯は札幌で4店舗のチェーンを構える「夜空のジンギスカン」へ。ラムや野菜が食べ放題かつお酒も飲み放題で4,000円ちょっとと、手軽にジンギスカンを楽しめるお店でした。おいしかった〜。

 

3日目はとうとう目当ての「Rising Sun」へ!

まったりとするつもりが、意外とあっちこっち動き回った2日目。もいわ山は残念だったけど美味しいものをいっぱい食べて、お洒落な物をたくさん見れて楽しい1日でした。

明日はとうとう旅の目的であるRising Sunへ!フェスが初めてなのでドキドキ半分、ワクワク半分といった気持ち。楽しみだなぁと明日のフェスに想像を膨らませていたら、気づかないうちに布団も被らず寝てました。寒かった。

 

Related Posts

Recommended Posts