買ってしまうか、まだ待つか。答えはUP to You!!

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます!
当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

みなさん、ネットオークションって使ったことありますか?
ぼくは服やファッション小物、最近だとオールドレンズなどを買うのによく利用します。

気合を入れて入札したのに、他の人に自動入札ですぐに入札され返されるとガクッとしますよね。

そんなオークションは利用者側から見れば、徐々に価格が上がっていくというのが普通。
しかし先日ローンチしたファッションECサイト「UPtoME!」は、徐々に価格が下がっていくという業界初の「逆オークション」という仕組みを取り入れているんです。

買い物をエンターテインメントにしてしまう、そんな全く新しいECサイトを今日はご紹介します!

スポンサードリンク

あなたが買うまで価格が下がる!

スクリーンショット 2015-12-01 21.09.40

ご紹介するのは「UPtoME!」というポップな名前のECサイト。日本語に直すと「自分次第!」といった意味です。

冒頭で述べた通り「UPtoME!」は普通のショッピングサイト、オークションサイトとは違う、全く新しい逆オークション制を導入したサイト。

ルールは簡単。
商品がそれぞれ出品される時間が決まっていて、販売開始になると「逆オークション」の名の通り、時間の経過とともに価格がどんどん下がっていく仕組み。

写真 2015-12-01 21 37 22

10分の販売時間のあいだ、価格は最大半額まで常に下がり続けていきます
あなたがやるべきことはただ一つ、自分が「この価格なら買いたい!」と思うタイミングまで価格が下がるのを待って、あとは購入ボタンを押すだけ!

するとボタンを押した時点の価格にて商品が購入できるという流れ。

 

安く買いたい、でもライバルに取られたくない

スクリーンショット 2015-12-01 21.10.13

「この仕組みなら出品終了まで粘り続ければ一番いいんじゃない?」と思ったあなたは鋭い。

実は「UPtoME!」は価格が変動するという点はもちろん、もう一つの点でもオークションに似た仕組みを持っています。
それはライバルがいるということ。

出品されるアイテムは数に限りがある物ばかりなので、値段が下がるのを待ち続けていると先に決断したライバルに商品を買われてしまい、売り切れになってしまうのです。

もう少し安くなるまで待つか、ライバルに先を越される前に買ってしまうか。
全てはUP to ME!、自分次第です。

ショッピングという行為にこれまでにないエンターテインメント性を盛り込んだ、業界初のシステムが逆オークションです。

 

対象商品は女性アクセサリーが中心

「UPtoME!」は12月1日正午にサイトオープンということで早速会員登録してみたところ、現在のところは出品される商品はレディースのみとなっています。
カテゴリも今のところはバッグや小物、アクセサリーが中心です。

uptome

アイテム自体はブランド物などを扱っているわけではなく、「UPtoME!」専属のファッションディレクターが買い付けてきた物だそう。

 

写真 2015-12-01 22 23 15

商品にはあらかじめ市場価格というものが設定されていて、そこを開始値として価格が下がっていきます。
少し触ってみて感じた感想としては、面白いシステムですが、もう少し市場価格に妥当性が欲しいと思いました。

ノーブランドのアイテムだからこそ、写真だけではそれがどのくらい価値があるのかが判断しにくいなぁと感じます。
もちろんアイテム自体は可愛いんですが、逆オークションという価格訴求の仕組みを採用する以上、ユーザーにとって価格の納得感は大事なポイントです。

「単価の安いアイテムの衝動買いECサイト」という方向性を目指すなら今のままでも良いと思いますが、いまのままだと高価格帯の物になるとなかなか手が出しづらいというのが個人的な感想。

この辺りはアイテム毎の商品説明や、バイヤーのブランディング、買い付けの背景など、商品の価値を高めていくような工夫があればもっと良くなると感じました。

 

ローンチ直後の今がチャンス!

早速始めてみよう!と思ったあなたはさらに鋭い。
逆オークションというシステムでは、ライバルは少ない方が安く商品を買える可能性が上がります。

というわけで始めるならサイトローンチ直後の今がチャンスです!
気になった方はぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

新感覚のエンタメ型ショッピングサイトUP to ME!