Same Category

Updated on

L&L製Apple Watch用ステンレス交換バンドレビュー – 純正リンクブレスレットを諦めた全ての人に。

発売後まもなく購入したApple Watch Series 3をファッションウォッチとして愛用しています。Apple Watchをお洒落に使いこなすには交換バンドを充実させるのが一番の近道。

ということで前回紹介したSLG Designのレザーバンドに引き続き、今回はややフォーマル寄りなステンレスバンドを購入しました。

本当はApple純正のリンクブレスレットが欲しかったんですが、さすがにバンド1本に45,800円は手を出せずにサードパーティ製を探すことに。

そうして楽天で見つけたのがL&Lスマホサービスというメーカーが販売しているリンクブレスレット風の交換バンド。見た目も良い感じで、価格も1本4,980円とまだ手を出しやすい値段だったので試しに購入してみることに。

これが割と格好良く気に入って使っているので記事でもご紹介。純正リンクブレスレットを諦めた全てのApple Watchオーナーにおすすめです。

スポンサードリンク

純正リンクブレスレット風 Apple Watch用交換バンド

楽天市場で購入して数日、このような簡易的なパッケージに入って到着。

パカっと開くとステンレス製のバンドが入っています。こちら開封後の写真ですが、実際は傷防止用のビニールシールが貼られていました。

もちろんリンクを外して大きさを調整することも可能です。リンクを外すための道具も付属しているので、自宅で簡単に調整できます。

 

ステンレスの高い質感と精巧な作り

価格は安いですがステンレスの質感はまずまず。程よい重厚感と上品な光沢があり、Apple Watchのステンレススチールケースによく合う質感です。

純正と同様、アタッチメント機構はバンドの内側に収められたスッキリしたデザイン。サイドのボタンを押してバンドを開き脱着します。

さっそくApple Watchに装着。スポーツウォッチっぽい印象のApple Watchが一気にフォーマルな装いに。

バンドに合わせて文字盤はSEIKOのメカニカルウォッチ風の写真をチョイス。最新のスマートウォッチなのに見た目はレトロウォッチという、ちょっとしたユーモアを感じる組み合わせ。

いろんな角度から撮影しても、安っぽさは感じません。さすがに純正リンクブレスレットのスタイリッシュさには敵いませんが、使っている分にはほとんど差が気にならないレベルです。

1点だけ惜しいのはApple Watch本体との連結パーツの質感。Apple Watchのステンレススチールは全体にほどよく光沢を帯びていますが、このバンドの連結部分はザラッとしたマットな質感で見た目がマッチしません。

全体の質感が高いからこそこの細部にもこだわりがあれば、なお良かったと思います。

 

クールなファッションにハマるステンレスバンド

最後はちょっと気になる点も書きましたが、このステンレスバンドを手に入れてからApple Watchの活用幅がぐんと広がりました。よりラグジュアリーに、スタイリッシュな印象を手元で演出できるように。

フォーマルなスーツではもちろん、カジュアルにも積極的に取り入れていきたい格好良さです。

例えば黒を基調としたストリートコーディネートも、ステンレスバンドのApple Watchがあればカジュアルさを中和してスタイリッシュに仕上げることができます。

レザーライダースを使った男らしいコーディネートにもステンレスバンドが活躍。チラッと腕元から放つ光沢は無骨なイメージを盛り立ててくれます。

逆にフワッとした柔らかいコートを羽織ったスタイルでは、やや硬めのステンレスの素材感が全体の引き締め役に。

 

Apple Watchのラグジュアリー性はステンレスバンドで華開く

Apple Watchはその厚みや四角いケースの形状から、どうしてもスマートウォッチ特有のおもちゃ感が漂います。

シリコンバンドやレザーバンドを使ってそのカジュアル感を利用するのも手ですが、ラグジュアリー性を打ち出すならステンレス製のバンドはうってつけだと感じました。

Apple純正のステンレス製の交換バンドの選択肢は現状リンクブレスレットのみで、気になるけどなかなか手が出せない人も多いはず。

このL&L製交換バンドはApple Watch × ステンレスバンドの可能性を実感するための最初の選択肢としてぜひオススメします。ぼくもお気に入りのバンドの1つになりました。

ステンレスではなくレザーのApple Watch用交換バンドをお探しの方はこちらの記事もどうぞ。

 

Related Posts

Recommended Posts