Same Category

雑誌『かっこいい部屋をつくるためのインテリアDIY』に部屋を取り上げていただきました!

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます! 当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

タイトル通りですが5月19日に学研より発売されるインテリア雑誌『かっこいい部屋をつくるためのインテリアDIY』にDIY部屋を掲載していただきました!
DIY部屋が雑誌に取り上げられるのは一昨年前に『別冊GO OUT』に紹介していただいて以来2回目。この記事では雑誌の簡単な紹介と、掲載いただいた誌面をご紹介します。

スポンサードリンク

学研『かっこいい部屋をつくるためのインテリアDIY』

今回掲載いただいたのは本日5月19日に学研より発売される『かっこいい部屋をつくるためのインテリアDIY』というインテリア雑誌。
雑誌名からも分かるように、いわゆる男前インテリアを中心にしたDIY本。初版を1冊頂きましたが「ウッディ」「コンクリート打ちっぱなし」「ヴィンテージ」などのキーワードが好きな方ならきっとワクワクするような一冊になっています。

ちなみに今回掲載いただいたのは1つ前に住んでいた部屋で、今はもう引っ越してしまっています。(もちろん先方にも確認済み)
今の家はそれほど大掛かりなDIYをしていないんですが、昔のDIY部屋を今でもこうして雑誌に取り上げてもらえるのはブログをやっていたおかげだなと改めて思います。

 

Fukulowは1ページ+αに掲載されています

ここからはぼくが掲載されたページを紹介。2箇所に1ページとちょっと分くらい載っています。

まずは誌面序盤P31の「人気キーワード別DIYヒント」のコーナーにて、ペグボードを使ったDIY事例として小さく掲載されています。
当時はディアウォールを使って部屋の中に5本の柱を立て、そこにペグボードを貼って新しく壁面を作るというDIYに挑戦していました。

そして誌面の後半P122には、実際にぼくが作ったDIY部屋を再現するための詳細な設計図と写真が掲載されています。
この『かっこいい部屋をつくるためのインテリアDIY』の特徴は、超詳細なDIY設計図がたくさん載っていること。ミリ単位で全ての寸法や資材情報が載っているので、見て楽しむだけでなくかなり実践向きな本になっています。

ぼくも掲載いただくにあたり相当細かい点まで質問されたので、当時のブログ記事やEvenoteに残した買い物リストなどを見返してかなり正確に再現されていると思います。この部屋が気に入ったという方は本誌を買って挑戦してみてください。笑

最後に今回掲載されたDIYの記事のリンクを載せておきますので、ぜひ一緒にご覧ください!

今の家はなかなか大掛かりなDIYは難しいけれど、またいつかのタイミングでDIYに挑戦したいなー。

[購入はこちら] 学研『かっこいい部屋をつくるためのインテリアDIY』

How do you feel?

DRESS CODE.の記事に関するご意見を募集しています。アンケートに回答し記事をシェアいただいた方にはAmazonギフト券500円分をプレゼント。いただいたご意見はすべて目を通し今後の運営の参考にさせていただきます!

この記事のアンケートに答える

 

Related Posts

Recommended Posts