Same Category

Original Stitch(オリジナルスティッチ)でカスタムオーダーのシャツを作ってみた。

Updated on

毎日着るシャツでもっとも大切なのがサイズ感。
どれだけよいシャツ着ていてもサイズが合っていなかったらだらしない印象に見えてしまいます。

そこで今回はネット上で自分のサイズぴったりのオリジナルシャツが作れる、Original Stitch(オリジナルスティッチ)というサービスを使ってみることに。

他にも類似サービスはいくつかあったのですが、調べた結果もっとも評判の良さそうなOriginal Stitchを利用することに。注文の流れから届いたシャツのサイズ感まで、徹底的にレビューしてみたので購入を検討している方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

Original Stitchとは

まずは初めて聞いたという人のために、Original Stitchというサービスについてざっくり3行で説明します。

  • Webでサイズを入力し、自分にぴったりフィットしたシャツが作れる
  • 選べる生地数は400種以上。サンフランシスコでデザイン
  • Made in Japan 全てが日本製の手作り

まとめると自分にジャストフィットするデザイン性の高い日本製シャツが、自宅からオンラインで購入できるサービスです。

 

Original Stitchで実際に注文。まずはサイズ入力から

ざっくりとOriginal Stitchのことがわかったところで、早速注文。「 Original Stitchの公式サイト 」にアクセスしてまずは自分の体のサイズから入力していきます。会員登録も不要で入力を開始できます。

サイズの入力といってもやることは簡単。画面に出される質問にクリックで回答していくのが基本的な流れです。

身長・体重を入力したり、

後半は具体的な寸法を求められるので、いま自分が着ているシャツなどを参考に測定して入力していきます。

ちなみに正確なシャツの寸法の測り方はこちらの記事が詳しくて分かりやすかったですよ→シャツの寸法について【ワイシャツの百科事典】

こんな感じで全部で7つの質問に答えてサイズ入力は終了。ここからはシャツの色味やパターンなどを選んでいきます。

 

サイズの次は生地の色・柄を選ぶ

サイズ入力が終わるとそのまま好きな色を聞かれるので、作りたいシャツの色や柄を選択します。

ここまで終われば会員登録すると実際にシャツの生地サンプルが表示されるので、1つ1つ見ながらどんなシャツを作っていくかを考えていきます。ぼくは今回オールシーズン着れる薄手のブルーチェックを選びました。

生地が決まれば最後はシャツの細かいディテールを決めていきます。今回は襟周りはボタンダウン、胸ポケットありを選びました。

デザインが全て終わると注文画面へ。今回作ったシャツは8,449円でした。デザインによって値段も多少変動があるようです。

難しいように見えますが実際の操作は画面を見ながらポチポチするだけ。15分もあればデザインは簡単に完成します。

初回は半額クーポンがもらえた

記事執筆時点ではアカウントを作成すると最初の1枚が半額になるクーポンが発行されました。実質4,000円ちょっとでシャツが買えるならかなりお得ですよね。

 

注文したシャツは2〜3週間で到着

注文してから約2〜3週間でOriginal Stitchからシャツが到着!高級感ある箱に入ってやってきました。

パカっと蓋をあけると、丁寧にアイロンがけされ畳まれたシャツが。梱包は非常に丁寧で不満なし。

オーダーした通りブルーのギンガムチェック・ボタンダウンのシャツが到着しました。

 

シャツの生地感・作りは?

ネットでの注文だとやっぱり気になるのが生地感や縫製など作りの丁寧さ。

生地感は写真の通り、シャリっとした肌さわりの良い薄手の素材。度が詰まっていてハリ感もあり、安っぽさは感じません。ブルーの発色もいい色味ですね。

ボタンの縫製、ステッチなどディテールが如実に現れる襟周り。こちらもステッチの間隔もとても細かく、まっすぐ縫われています。

個人的な感覚では、UNIQLOのシャツよりも3段ぶんくらい丁寧に作られていると感じました。良いシャツだと思います。

 

実際にシャツを着てみた

もっとも大切なのが着た時のサイズ感。というわけで届いたシャツを早速着てみたら、これがかなりぴったりフィットしています。

首回りのサイズ感はご覧の通りジャストフィット。ぼくは割と首が太いタイプなんですが、1番上までボタンを留めてもキツすぎずちょうど良い感じ。

肩幅、身幅、腕周りなども細身だけど着ていて疲れない絶妙なサイズ感。

後ろからも1枚。腰回りが程よくシェイプされた男らしいシルエット。

1点だけ気になったのが袖丈。上の写真でもわかるように袖丈が少し長く、左腕手首のあたりにシャツが溜まってしまっています。この辺りは次回のオーダー時に少し調整してもいいかも。

 

サイズ感を360°チェック!

気になる点はありつつも、概ねジャストフィットで気に入っているこのシャツ。ぐるりと全体のサイズ感が分かるアニメーションを作ったので、360°あらゆる方向からサイズをチェックしてみてください!

ジャケットの下でも1枚でも着れそうな、タイトすぎないフィッティングが気に入っています。

 

カジュアルにも使える?

ここまでシャツをインしたフォーマルとの合わせを紹介しましたが、Original Stitchのシャツをカジュアルにも使えるか気になる方もいると思います。

結論から言うとOriginal Stitchはどちらかといえばフォーマル着に向いているシャツだと感じました。

その理由が着丈の長さ。シャツインを前提に作られているOriginal Stitchは着丈が結構長め。カジュアルにシャツアウトして着るには、ちょっと難しいなと思います。

逆にジャケパンスタイルなど、シャツをインする形でのカジュアル用途では問題なく使えそう。

 

30日以内の無料交換で安心

Original Stitchでは初回購入に限り、サイズが合わなかった場合には発送後30日以内の無料交換サービスがあります。

「ネットの注文だとやっぱりサイズが不安」という方も、届いたシャツを着た上でフィット感を確認し合わなければ交換できるので安心。

交換のシャツの送料も無料、届いた1枚目のシャツを送り直す必要もなく、かなり手軽に交換可能です。無料交換の詳細は Original Stitchの公式サイト のご利用ガイドを読んでみてください。

 

オーダーシャツで毎日ジャストフィットを着よう

スーツのカスタムオーダーを試して以来、スーツやシャツに関してはオーダーを積極的に利用したいと思うようになりました。

高いブランドの既製服を買うよりも、オーダーで自分にフィットする物を選んだ方が財布にも優しいし、見た目にも格好良いんですよね。

Original Stitchなら上品な仕立てで自分にジャストフィットするシャツが手軽に作れるので、オーダー初心者におススメなサービスだと感じました。

記事を読んで気になった方はぜひ Original Stitchのサイト から詳細を確認してみてください。ジャストフィットのシャツは着てて気持ち良いですよ。

 

Related Posts

Recommended Posts