Same Category

可愛いのに機能的。ラバー素材のiPhone / iPadケースPalmo(パルモ)を使ってみた!

「palm」と「mobile」でPalmo(パルモ)です。

DRESS CODE.をお読みいただきありがとうございます! 当ブログを運営するFukulow@yuta_black)です。

iPhone 7 Plusを発売直後に購入して早半年。
傷つきやすいと評判のジェットブラックをいち早く保護すべく、これまで本体購入直後に立ち寄った雑貨屋であり合わせのケースを使っていました。

いまのケースに特に思い入れがあるわけではないですが、これといった不満もないので使い続けています。

そんな折、Palmo(パルモ)というiPhoneケースのブロガー向け製品説明会があるとのことで参加してきました。
このケースが可愛くて使いやすさも良かったので、説明会でサンプルとしていただいた物をご紹介。ぼくもしばらくはPalmoを使い続けてみようと思います!


drip

スポンサードリンク

数あるデザイン賞を受賞した「Palmo(パルモ)」

今回紹介するのはこちらの「Palmo(パルモ)」というケース。
本体はゴム素材で、背面が大胆にくり抜かれX字になっているのが特徴。

中指をケースの下に潜り込ませたパッケージが特徴的。後ほど説明しますがこの持ち方こそがPalmoの最大の魅力なのです。

パッケージに記載されている通りPalmoはそのデザイン性の高さから2015年のGOOD DESIGN賞を受賞。

さらにまだパッケージには載せられていないそうですが、直近ではドイツの国際的なプロダクトデザイン賞であるreddot design賞も受賞したとのことです。

この「reddot design賞」はかなり権威のある賞らしく、2017年ではiPhoneケースの受賞はこのPalmoだけだそう。

 

実際にPalmoを装着してみた

早速PalmoをiPhone 7 Pulsに装着してみます!

手に持つとこんな感じ。黒は少し見づらかったので一緒に説明会に参加した友人からブルーを借りて撮影。
ラバーの柔らかい素材なので持つとぐにゃりと曲がります。

素材感が分かったところでブラックを自身のiPhoneに装着。
ジェットブラックのボディにブラックPalmoの組み合わせ、スタイリッシュ。

あえてジェットブラックに白のPalmoを付けてバイカラーにしても可愛いと思います。

正面からみたらこんな感じ。側面はむき出しで上下部分のみしかケースが見えないつくりです。
ケースが外れちゃいそうに見えますが、ぴったりサイズなので簡単には外れません。

1点気になったのはジェットブラックを使っている場合、ケースで覆われていない部分に大量に指紋がつくこと。
これはPalmoが悪いわけではないですが、ジェットブラックで指紋を付けたくないという人は要注意。

Palmoを付けたiPhone 7 Plusを手に持って感じたのは、「iPhone 7 Plusってこんなに薄かったんだな」ということ。
側面がケースに覆われていないので、装着していてもiPhone 7 Plus本来の細さを感じられます。大きいと思ってたiPhone 7 Plusもケースがなければ案外持ちやすいサイズ感ですね。

細部をチェック!

カメラ部分はきっちりとくり抜かれていて、フラッシュなどにも干渉なし。

充電コネクタ部分はやや広めに作られているので、純正のLightningケーブルはもちろんのこと、サードパーティの大きめのケーブルでも問題なく刺せます。

よく見ると分かる通り上部と底部はかなりケースが厚めになっていて、これがPalmoの耐衝撃性能に一役買っています。

 

バンカーリング不要な「Palmoホールド」が便利!

一通り写真で外観を確認したので、次はPalmoの特徴を紹介。

冒頭のパッケージ部分でも触れましたが、Palmoは伸縮性あるラバー素材でスマホとケースの間に指を挟んで持つことができます。

具体的にはこんな感じ。中指をケースの下にぐいっと入れ込めばiPhone 7 Plusも片手で固定可能。これが通称「Palmoホールド(Fukulow命名)」です。

Palmoホールドを正面から見るとこのようになっています。
通常大型のスマホだと小指をスマホの下に添えて支える持ち方が一般的ですが、Palmoは中指をケースに固定することで小指の支えが不要。

小指でスマホを支える持ち方は「テキストサム損傷」という、指が変形してしまう原因にもなるのだとか。PalmoはiPhoneを支える力が一点に集中しないためこのテキストサム損傷の予防になると言います。

このようにPalmoホールドを使えば立ちながら片手でスマホを扱うシーンでは安定感が抜群に上がります。
実際に使ってみて、満員電車などで両手が使えないシーンなどではかなり重宝しました。

今まではプラスチックのケースにスタンド兼バンカーリングにもなるJalaka Dualを付けているんですが、バンカーリングとしての使い方ならPalmoの方が安定感は断然良いです。

 

耐衝撃性も抜群

Palmoはラバー素材でかつ本体が割と露出しているので「耐衝撃性はどうなの?」と感じる人もいるかもしれません。ゴツゴツしたケースに比べて弱いんじゃないかと。

その点もPalmoはしっかり考えて作られていて、なんとアメリカ国防総省(ペンタゴン)の落下試験において耐衝撃性・保護性能で米軍ミリタリー規格を取得しています。いわゆるミルスペックというやつ。

この点は説明会当日にメーカーの方もかなり強調していて、基本的に落としたくらいでは鋭利な突起物がない限りiPhoneは傷つかないとのこと。

こんなふうに「全然大丈夫なんですよ、ほら!」と言ってメーカーの方が自身のiPhoneをバシバシと床に投げていたのが面白かったです。

上の画像は絨毯の上に投げていますが、この後は硬いテーブルの上に何度も叩きつけて実演されていましたが確かに丈夫そうでした。

 

iPad用Palmoもあります

PalmoはiPhone用だけではなく、iPad用もあります。
サイズもiPad miniから9.7インチのiPad Air / Pro、12.9インチのiPad Pro用まで幅広くラインナップ。

こちらもひとつレビュー用サンプルをいただいたので装着してみました。ローズピンクに白の組み合わせをチョイス。

正面から見るとiPad用は四隅を引っ掛けるようにして付けられています。
これもすぐに外れそうに思いきや、ぴっちりと装着されています。

四隅の固定部分はやや厚みがあるので、画面側からiPadを落としてもしっかりガードしてくれそう。

イヤフォンジャックはやや大きめにくり抜かれています。
スピーカーグリルにややカバーが覆いかぶさっていますが、ほんの数ミリ程度なので実用には問題はなさそうです。

電源ボタン部分はラバーで覆われていて、ボタン状に膨らみがあります。

iPad Proはカメラレンズが出っ張っていますが、Palmoに厚みがあるので下向きに置いてもレンズが床に当たらないのが嬉しい。

Palmoホールドの真価はiPad用にあり!

iPhoneでも便利だったPalmoホールド(Fukulow命名)ですが、これが真価を発揮するのはiPad用の方。

このようにグイッとPalmoに指を入れれば、片手で楽々持つことができます。

iPadを使うときは片手だと本体の端しか持てずグラグラして手を滑らすのが心配でしたが、Palmoホールドを使えばがっちり片手で固定できます。上の写真も片手で微妙に机から浮かせて持っているの、分かりますか?

旅行先などでは移動中にiPadで地図を見たりするシーンも多いですが、Palmoを使っていれば立った状態で片手で本体を持ちながらタップや文字入力もしやすいです。

この安定性の秘密はiPadの支え方の違い。
普通にiPadを持つときは端を「握る」ような持ち方になるので支点が中心になくて不安定なんですが、PalmoホールドはiPadの中心部を後ろから「押す」ように支えられるので、全体に均一な安定感が得られるんです。

ProならSmart Keyboardとも併用可能!

他社製のカバーを付けたらApple純正のSmart Keyboardは使えないと思いきや、Palmoは側面がケースで覆われていないためSmart Keyboardと併用が可能です。

立てた時もグラつきなどなく、問題なく使用可能。個人的にはiPad ProにはSmart Keyboardが必須なのでこれはかなり嬉しいポイントでした。

ただし1点注意なのがSmart Keyboardを蓋として使う時。
Palmoに厚みがあるぶん、Smart Keyboardがディスプレイが浮いてしまうのが気になりました。

さらにこの浮いた状態だとSmart Keyboardのオートスリープ機能(開けるとスリープが解除 / 閉めるとスリープになる機能)が、5回に1回くらいの割合で上手く働かないことがありました。

ただぼくとしては多少難があってもSmart Keyboardと併用できる方が重要なので、正直それほどは気になりませんでしたが。

 

可愛いのに機能的なすごいヤツ

特徴的な機能が多くてついつい長くなっちゃいましたが、Palmoはデザイン性と機能性を兼ね備えた面白いケースだと感じました。

ラバー素材でバンパータイプのような個性的な外見で選んでもよし、安定感抜群のPalmoホールドや耐衝撃性などの機能性で選んでもよし。どちらの観点から見ても優秀なiPhoneケースです。

iPhoneケースは1つ2,500円程度、iPadケースは3,000円程度とお値段も手頃なのでぜひ気になった方は試してみてください。

Palmo for iPhone 7 Plus購入はこちら

 

Palmo for iPad Pro(9.7inch)購入はこちら


drip

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただき、記事のシェアをしてくれた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip

 

Related Posts

Recommended Posts