Same Category

HUNTERのブーツとバックパック──雨の日をささやかな楽しみに変えるヒント

「夏は空が高いし、洗濯物もすぐに乾くよ」

これは暑いし汗をかくし夏は良いところがない、と漏らしたぼくに友人の女の子が掛けてくれた言葉です。当時大学生だったぼくは彼女のこの言葉がなぜか心に刺さり、それからは毎年夏になるといつもより高い空を見上げたり、洗濯物がカラッと乾くのを実感したりとささやかな夏の楽しみ方を知りました。

これは何も夏に限った話ではなく、なんとなく嫌だなと感じていることでも視点を変えたり、あるいはちょっと工夫をするだけでささやかな楽しみに変わるということはよくあること。そしてそんな日々の工夫というのは、ファッションの得意分野だったりするとぼくは思います。

全国的に梅雨入りの時期を迎え、じめっとした雨がちな日がやってきます。もともと雨がとても苦手だったぼくが、雨をちょっとだけ楽しめるようになったきっかけはHUNTERのバックパックとレインブーツでした。

スポンサードリンク

雨が運んでくれる、晴れやかな気分

特殊なラバー加工を施したレザー素材を使用したバックパックは、雨の侵入を防ぎ大切な荷物を守ってくれます。ジップも全て止水仕様で雨の日も安心。

「ミネラルブルー」という淡いペールトーンのカラーは、背負っていると友人から褒められることの多いお気に入りの色味。朝から「そのバッグ可愛いね」と一言もらえるだけで、憂鬱な雨の日も少しだけ晴れやかな気持ちになれます。

今年はカラーバリエーションも豊富で、梅雨がさらに楽しくなりそう。

HUNTER オリジナル ラバー レザー バックパック

 

雨の日は、雨の日ならではのお洒落を

これまで雨の日は汚れても良い靴を選んで履いていました。だけどファッションがその日の気分を左右するものだとしたら、汚れても良いなんていう諦めや惰性で靴を選ぶということは、その日を丸々諦めているのと同じことかもしれないと気付きました。

その点、女性は総じて日々の楽しみ方が上手な人が多い気がします。冒頭で紹介した友人もそう。女性が雨の日にお洒落なレインブーツを履くのは、まさに物憂げな雨の日を楽しく過ごすための知恵なのです。

彼女らを真似て雨の日にレインブーツを履いてみると、驚くほど足取りが軽快になることに気付きます。ソールとアッパーが一体成型になったHUNTERのブーツは、水たまりに飛び込んでも水染みの心配なし。傘を差して水たまりを踏まないようにうつむきながら歩くのと、足元を気にせず前を向いて歩くのと。どちらが明るい気分になるかは想像に難くないはず。

全体のシルエットを損なわない、程よくシャープなシルエット。同ブランド定番のロゴパッチ。深いミッドナイトブルーの色味。スラックスにもジーンズにもお洒落にハマる一足です。

雨の日だからこそ、雨の日しかできないお洒落を楽しみたい。

HUNTER オリジナルダークソールチェルシー

 

ファッションの持つ力

東京の年間降水日数はおおよそ100日前後。ざっと均せば4日に1度は雨が降っている計算です。雨をぼやいたところでどうにもならないのであれば、いっそのこと雨の日を楽しみに変える工夫をしてみるのはどうでしょうか。ファッションはそんなあなたの工夫をちょっとだけ助けてくれる力を持っています。

HUNTERのブーツとバックパック。ぼくが雨の日も晴れやかにいられる秘密。

My Favorite HUNTER Goods

 

 

Related Posts

Recommended Posts