Same Category

[2018.3.12]土臭いBarbourのジャケットには明るい配色のニットで

昨年くらいから仕事で花に関わる機会が多くなってきました。そんな影響もあってか最近は私生活でも花に意識が向くようになりました。

道に咲いている花がこれまでより目についたり、部屋の窓際に花を飾ってみたり。特に今の時期は鮮やかな花があちこちで咲いているので楽しいです。

暖かくなって気分が明るくなると、自分のファッションも自然と明るい色味が多くなります。今日もパリッとした鮮やかな色味のニットを着ておでかけ。

スポンサードリンク

2018/3/12の服装

Coordinate Item

北海道出張のために買ったDannerマウンテンライトというブーツを都内でも履きたいなと思い、今日のコーディネートはまず靴から決めました。

カジュアル顔ブーツの良さをそのまま活かすべく、ボトムスは太めのチノパンをチョイス。マウンテンブーツとチノパンというアメカジ定番の組み合わせは、見ての通り相性抜群。

下半身が決まったので、このまま全体を春っぽいカジュアルコーディネートにしようと思い、選んだのはBarbour × WhiteMountaineeringのジャケット。

薄手のコットン素材とオーバーダイ(後染め加工)でムラのあるざっくりとした色味が春にぴったりな1枚です。

 

今日のこだわりポイント

今日のこだわりポイントは、インナーに選んだパリッとした色味のマルチカラーニット。全体に土臭さのあるアイテムばかりが多い格好なので、インナーはちょっとエッジの効いたものを合わせたいなと思いました。

もう1点気をつけたのがインナーに使う色のトーン。Barbourのジャケットが暗めな色なので、インナーにはそれよりも明るい色味を使ってスタイルを華やかにすることを意識。

そうして個性的×ハイトーンという2点を満たすインナーを考えたところ、最終的にこのUNIQLO and J.W.ANDERSONのマルチカラーボーダーニットに行き着きました。

たぶん個性のない白のロンTだったらアメカジ一辺倒なスタイルになってしまい、暗めの色を選んでしまうと見た目に春らしい軽さが出なかったはず。

こんな風に最初は「この靴が履きたい」くらいの自由な気分からスタートして、他のアイテムを決めながら徐々に選択肢を狭めていくというのがぼくの服選びの考え方です。

コーディネートというパズルを一気に作り上げるのは難しいですが、”ニコイチ”のピース(ex.あの服にはこれが合う)を作っておいてそれを端からはめていくというイメージ。参考にしてみてください。

ファッションのテクニックをもっと知りたい人はこの本がオススメ。漫画で分かりやすくファッションテクニックが学べます。

おしゃれは理論だ!『服を着るならこんなふうに』は全男子に勧めたいファッションの教科書

ぼくも1巻から買って読んでいるので、中身が気になった方は以前書いたレビュー記事も合わせてどうぞ。

 

Related Posts

Recommended Posts