Same Category

MacBook Proユーザー必携。SATECHIのUSB Type-Cハブが全部入りですごく良いよ

これまで12インチのMacBookを使っていたんですが、実は先日MacBook Proを買いました。本体はちょっと重く大きくなってしまったんですが、IllustratorやPhotoshopを使ったり動画編集するときはやっぱり処理が早くて快適です。

新しいマシンを買うと一新したくなるのが周辺アクセサリ。MacBook Proは左右に2つずつ合計で4つのUSB Type-Cポートを搭載しているので、それに見合う最適なType-Cハブが欲しい。そう思っていた矢先、スタイリッシュなPC周辺機器メーカーの「SATECHI(サテチ)」からぴったりの製品が発売され、レビュー用にご提供いただけることになりました。

こちら実際に使ってみたところ、MacBook Proユーザーなら1つは持っていて損のないアイテムでした。


drip

スポンサードリンク

SATECHI アルミニウム Type-C Proハブ

こちらがSATECHIのType-C Proハブ。MacBookの外観にも馴染むアルミニウム素材でできたハブです。この1台で下記の7種類の端子と接続できる、全部入りな仕様。

  • USB Type-C
  • Thunderbolt 3
  • USB 3.0ポート×2
  • SDカードリーダー
  • MicroSDカードリーダー
  • HDMI

およそ日常的に使う端子のほとんどを網羅しているので、これ1つあればあらゆるシーンに対応できます。ちなみにこのハブは接続に横並びのUSB-Cポートを2つ使う、ほぼMacBook Pro専用設計です。

早速取り出してハンズオン。約40gと非常に軽量で、片手に軽く収まるほどの小型設計。持ち運びも全く苦になりません。

本体側面には各種ポートがずらり。小さいボディにギュッと詰め込まれているため、各ポート間の隙間は狭め。特に2つ並んだUSB 3.0ポートは大きめのUSBメモリをなどを挿すと隣のポートに干渉する可能性がありそうです。

上部側面にはHDMIポート。4K出力にも対応しています。

逆側の側面はMacBook Proと接続するためのUSB Type-C端子が2つ。これをMacBook Proの2つ並んだポートに差し込んで使います。
本体はSATECHIのブランドロゴと接続規格のマークが刻印。全体的に控えめで外観を損なわない程度のシンプルなデザインです。

裏面は余計な装飾が一切無いので、こちらを表にして使えばMacBook Proとの一体感がより強調されます。

 

MacBook Proに装着。違和感のない一体感が良い

SATECHI アルミニウム Type-C ProハブをMacBook Proに装着してみます。つけるのはもちろんロゴが一切見えない左側。USB Type-Cしか搭載されていないMacBook Proに必要にして十分な種類と量のポートを拡張してくれます。

MacBook Proはその高いパフォーマンスから、自宅で外部ディスプレイに繋いだり写真や動画メディアを読み込んで編集したりといった用途も多くなるはず。そんな作業にもこれ1つでマルチに活躍してくれます。

MacBook Proのカラーに合わせて本体色はシルバーとグレーを展開。Macのシルバーとも色味は限りなく近いので、装着しているとまるで純正のような雰囲気。一通りの機器を接続してみたところ、転送速度や充電速度も体感として全く問題なし。

提供いただいた製品ではありますが、冷静にMacBook Pro用のハブを見渡してもこれ以上拡張性が高くデザインも良いハブはほとんどありません。価格も10,000円ちょっとと他のハブに比べても同等の価格帯に加え、18ヶ月間のメーカー保障付きと安心感もあります。

現状MacBook Proユーザーにとって、間違いなくベストとなるType-Cハブです。

 

記事の評価で読者プレゼント!

記事の品質向上のためにこの記事の「記事評価」制度を取っています。下記のバナーよりアンケートにお答えいただいた方には毎月異なるプレゼントをdripよりお送りさせていただきます。皆さんの真摯な目でご評価をお待ちしております。


drip


drip

How do you feel?

DRESS CODE.の記事に関するご意見を募集しています。アンケートに回答し記事をシェアいただいた方にはAmazonギフト券500円分をプレゼント。いただいたご意見はすべて目を通し今後の運営の参考にさせていただきます!

この記事のアンケートに答える

 

Related Posts

Recommended Posts