Same Category

Updated on

語り尽くせないこだわり。cantateのシャンブレーシャツ。

「平岡の服装、随分とシンプルで落ち着いたよね。」古くからの友人にそう言われることが多くなりました。

確かに学生時代や社会人なりたての頃に比べると、普段の服装はかなりシンプルになったような気がします。これまではなんとなく「好みの変化かな」と捉えていたのですが、最近その理由が少しだけ分かったような気がしていて。

それはぼくが服を選ぶときに、その服に込められたこだわりを昔以上に大切にするようになったから。

昔は服やコーディネートそのものの見た目を意識していましたが、今は見た目だけでなく「その服がどれだけこだわって作られているか」という視点で服を見ることが多くなりました。それはこうしてブログを書いていることも影響しているのかもしれません。

服に込められたこだわりを知ると、なんだかその服をなるべく目立つように、潔く着てあげたくなっちゃうんですよね。それでついつい服装がシンプルになるんです。

最近購入したcantate(カンタータ)のシャンブレーシャツも、できるだけ1枚ですっきりと着こなしたくなる逸品。

スポンサードリンク

cantate ――日常と非日常を行き来できる服

cantateは2016年春夏に設立された日本のブランド。「ハレとケのワードローブ」というコンセプトで、日常と非日常の2つの顔を行き来できる服を思い描いて作られています。

日本の職人による手仕事をリスペクトするcantateの服は、どれも昔ながらの上等な生地、職人的な技、古い機械で仕立てられます。

デザイナーの服作りに対する並々ならぬこだわりが垣間見えるのが、cantateのブランドカタログ。各商品1つに対して1ページ丸々を使って作り手のこだわりが詰め込まれています。

そんなcantateのものづくりの姿勢に心打たれ、DRESS CODE.でもブランド設立当初に一度cantateの紹介記事を書いています。

今回は1LDK AOYAMA HOTELでPOP UP STOREが開催されていたので、デザイナーさんと話してみたいなという思いもあり立ち寄った際に冒頭のシャツを購入しました。

 

cantate Chambray Shirt

購入したのはこちらのシャンブレーシャツ。本来カジュアルな印象のシャンブレーも、cantateの手にかかればドレスライクで上品なイメージに。

生地は岡山で生産。所々にネップ(糸の節)がありながらも全体的にシャリ感のある独特の風合いは、1950年代の生地をイメージして作られたそう。

今は洗練されたきれい目な風合いですが、洗ってクタリが出てきてもまた格好良さそうです。

コラム:シャンブレー生地とデニム生地の違い

シャンブレーってなんとなくデニムの仲間?と思われがちですが、実は両者は微妙に違います。ぼくも理解が曖昧だったのでこの機会にきちんと調べてみました。

  • シャンブレー生地:縦糸に色糸、横糸に白糸(さらし糸)を使って平織りした生地のこと
  • デニム生地:縦糸に色糸、横糸に白糸(さらし糸)を使って綾織りした生地のこと

糸の使い方は同じですが織り方が異なるのが両者の違い。デニムの綾織りの方が生地が厚手になるのでデニムシャツはがっしりした、シャンブレーシャツは軽い印象になるんですね。

 

細部にこだわりを詰め込んだシャツ

生地以外にも随所にこだわりが詰め込まれたこのシャンブレーシャツ。その一部をご紹介します。

まずはシャツの印象を決めるカフス(袖口)のデザイン。カジュアルシャツはここが直角に裁断されることが多いですが、このシャツはドレスシャツと同じように角にアール(曲線)が付けられています。

折り返すとカフスの裏側には形状補強のためにステッチが幾重にも。ピシッとハリのある優美な曲線成形のカフスが、シャツ全体の上品な印象を引き立てます。

シャツの背中部分と腕周りには細かくギャザーが入っていて、着用時にふんわりとした程よい立体感を出してくれます。ヨークの部分に取り付けられたグログランテープもおしゃれ。

裾にはミミ付きのガゼットが取り付けられています。ちょっとしたデザインですがこれが結構可愛くてお気に入り。

そして左胸のポケット内側には小さなポケットが。これは昔のアメリカのワークウェアによく見られる、ワークウェア組合の認定書(ユニオンチケットというそう)を縫い付けることを義務付けられていた時代の名残なのだとか。

今ではもちろんそんな認定書や義務はありませんが、生地や縫製と同じように当時のディテールを再現したcantateのちょっとした遊び心です。

 

良いシャツはつい1枚で着たくなる

ディテールや作り込みを聞いているだけでもワクワクしますが、実際に袖を通すと改めて良いシャツだなと実感するのがcantateの魅力。

Coordinate Item

全体的にすっきりとしたシルエット感ながら、背中と腕周りに適度に入ったギャザーのおかげで着心地はとても快適。

やや光沢感のあるシャンブレーの素材感や、ステッチングの細かさ、少し大きめの襟。細部のディテールによって本来カジュアルなアイテムを、凛とした大人の印象へと昇華しています。

写真のように前を留めてシンプルに着こなしてもよし、フロントボタンを全て外してラフに合わせても格好良いだろうなぁ。

 

そのこだわりは、着る人のために

ここまでcantateの服がどれだけ真摯にこだわって作られているかを紹介してきました。そのこだわりはまだまだ語り切れないほど。

ただcantateが服に込めたこだわりは決して知識としてひけらかすためのものではありません。そのこだわりは全て、服を着る人のためのもの。

そんなcantateの思いを体現しているのが、しつけ糸で仮止めされただけのブランドタグ。これは「できればタグを外して着てほしい」という意図があるのだそう。

かつて英国紳士にとって自分の服がどこ製のものかをひけらかすことが紳士道に反していたように、そして服よりもそれを着る人が一番に輝くように。そんなブランドの思いが仮止めされたタグには現れています。

シャツ1枚にこんな長々と語ってしまうぼくは英国紳士にはなれそうにありませんが、せめて形だけでもと、このシャツはタグを切って着ようかなと思います。

-SHOPPING JOURNAL-
  • Item:Chambray Shirt / cantate
  • Shop:1LDK AOYAMA HOTEL
  • Price:¥39,000 w/o Tax
 

Related Posts

Recommended Posts