Same Category

リピ買いするほど好きなもの:SMA-BELTの極薄iPhoneケース

“iPhoneケースは気分によって使い分ける”という考えで、これまで割といろんなケースを試してきました。

でも今のiPhone XS MAXに変えてからは、ずっと同じケースを使い続けています。

今回は使いやすさとデザインのバランスが秀逸な、SMA-BELTの極薄iPhoneケースをご紹介します。

スポンサードリンク

ぼくがiPhoneケースに求めるもの

iPhoneケースに求められる要素は大きく分けて「機能性」と「デザイン」の2つ。

特にiPhone XS MAXなど大きなスマホを快適に使うためには、持ちやすさや握り心地がより重要になります。ほかにも軽さや、ワイヤレス充電に対応しているかなどもiPhoneケースを選ぶ上での機能性の1つ。

一方でiPhoneケースは自分の個性を表現したり、ファッションアイテム的な役割も持っています。常に肌身離さず持ち運び、人前で使うシーンも多いiPhone。見た目のデザイン性も重要な要素です。

この「機能性」と「デザイン」を両立しているのが、今回ご紹介するSMA-BELTの極薄iPhoneケースです。

 

SMA-BELT 極薄iPhoneケース

ぼくが使い続けているのが、こちらのSMA-BELT付きの極薄iPhoneケース。個人的にお気に入りのポイントを詳しくご紹介します。

落下防止バンドがケースに付属

まず特徴的なのは背面についたベルト状のバンド。SMA-BELTと呼ばれるこの持ち手に指を通して使うことでiPhoneのホールドが楽に。

バンカーリングなどと同じ要領ですが、SMA-BELTはケースと一体化。接着シールが剥がれてしまう心配なく使えるのが気に入っています。

最薄部0.4mm、重さ9gの軽量ケース

iPhoneを覆うプラスチックケースは最薄部0.4mm、重さ9gの極薄・軽量仕様。ケースを付けてもiPhoneが大きく重くなってしまう心配はありません。

ケースを付けたままでもワイヤレス充電可能

さらにこのSMA-BELT 極薄iPhoneケースの良い点は、ケースをしながらでもワイヤレス充電ができる点。

普通のバンカーリングなどはiPhoneの裏側に付けると厚みがでてワイヤレス充電できなくなるのですが、このケースは薄型設計なのでワイヤレス充電も可能です。

シンプルで主張のないデザイン

バンカーリングは便利な反面、ゴツゴツしていて見た目も不恰好なものが多い印象。

このSMA-BELT 極薄iPhoneケースは、落下防止用のベルトが薄い合皮素材で主張が控えめ。黒一色で余計な装飾もないので、どんなシーンでも使いやすいです。

 

壊れても手放しがたい便利さ

記事タイトルにもあるように、このSMA-BELT 極薄iPhoneケースはリピ買いして2代目。最初に買ったのは写真左にあるクリアタイプのもの。

最初は偶然Amazonで見つけて安かったこともあり、なんとなく買ってみたら思った以上に便利でした。

その後プラスチックケースが欠けてしまい別のケースを購入しようかと検討したのですが、このSMA-BELT 極薄iPhoneケースの使い心地が忘れられず結局リピ買いしてしまいました。

バンカーリングなどの落下防止リングを使っている方や、大きなiPhoneを使っている人にはめちゃめちゃおすすめしたいケースです。

 

リピ買いするほど好きなもの

世の中には色んなモノが溢れていて、ぼくらは色んな理由でものを買う。

1度の購入は単なる偶然や一目惚れかもしれないけれど、2度目の購入はそこにきちんとした意志があるはず。

「リピ買いするほど好きなもの」はリピ買いしたものこそ、自分にとって本当に価値があるはずという考えのもと、ぼくがリピート買いした良品を紹介していきます。

Related Posts

Recommended Posts

DRESS CODE. Official LINE@

DRESS CODE.のLINE@をはじめました!記事の更新情報や世間話などをゆるりとLINEに配信予定。新しい記事の更新を教えて欲しい人や、ブログよりもゆるい話が聞きたい人は左の画像から登録してね。