Same Category

タイでフィルムを現像するならA&B Digital Labがオススメ。パホンヨーティン駅すぐの現像所

先日まで友人4人でタイに行っていました。滞在中は仕事の時間を除けば基本的には自由に行動できる旅程だったので、フィルムカメラでタイの街並みをたくさん撮ることに。

そうしてタイの街をスナップしている時ふと、「タイでフィルムを現像してもらったらどんな仕上がりかな?」と思い立ちました。

すぐにいくつか現像所を調べてバンコク都心から近い「A&B Digital Lab」というお店でフィルムの現像をお願い。スピードや仕上がり含めて大満足だったので、利用の流れや実際に現像した写真を紹介します。

スポンサードリンク

MRTのパホンヨーティン駅が最寄り

フィルム現像所の「A&B Digital Lab」はバンコク・メトロのパホンヨーティン駅が最寄り。

MRTは切符代わりにこのチップが使われています

ウィークエンドマーケットで有名なチャトゥチャックから徒歩圏内、市街地であるアソークからもMRTを使えば30分ほど。旅行中でもサクッと立ち寄れる、アクセスの良い場所にあります。

 

フィルム現像所「A&B Digital Lab」

A&B Digital Labはパホンヨーティン駅から歩いて5分ほどの場所にあります。看板がちょっと富士フィルムっぽい。

このバッグちょっと欲しかった

中は日本の写真屋と似たような感じ。証明写真や写真のプリント、額縁など写真関連のサービスやグッズを幅広く取り扱っています。

さらに店内にはFUJIFILM、Kodak、Lomoなど各種フィルムを幅広くラインナップ。タイ滞在中にフィルムが無くなった時などにも安心です。

フィルムごとの価格表も見せてもらいました。1THBがだいたい3.5円なのでKodak UltraMax 400は日本よりもかなり安いですね。

3枚目はFUJIのETERNAですが、なぜか上からA&Bのシールが貼られています。そして100THBは安い。

 

フィルム2本の現像をお願い

早速タイで撮った35mmフィルムを2本分現像してもらうことに。現像は英語でdevelopというらしく、英語で「I want to develop these films」と伝えたらきちんと通じました。

数日は掛かるかな?と思っていたのですが、この日は2時間くらいで仕上げてくれるとのこと。これはめちゃくちゃありがたい。

引き換え用紙

今回は現像+スキャンデータをCD納品でお願いしました。大まかなサービス内容は日本と同じこともあり、特に何の問題もなく現像に出せてしまいました。

現像代はたしか1本200THB(約700円)くらい。データ化までやってくれることを考えると日本よりも安いですね。

自然な発色の仕上がりに大満足

実際にA&B Digital Labの現像から上がってきた写真はこんな感じ。撮りかけのフィルムだったので日本で撮影した写真も一部入っています。フィルムは2本ともKodak PORTRA 160。

あっさりとした自然な発色

肌の発色が良い〜

アンダー目な雰囲気もしっかり反映

全体的にあっさりとした明るく自然な仕上り。タイの陽気が良く現れているなと思います。めちゃめちゃ良い雰囲気じゃないですか?

アンダーに撮影したものはしっかりその意図が反映されていて、丁寧に現像・データ化してくれています。個人的には日本でいつも出している現像所よりも好きかも。

ちなみにデータ化したJPGファイルのサイズは2704×1830ピクセル。日本の現像所と比べても一回り大きなファイルサイズかも?

 

手持ちのSDカードにデータコピーもしてくれる

撮影データはCDで納品されますが、旅先でCDドライブを持っていなかったので「手持ちのSDカードにデータを移してくれませんか?」とお願いすると快くOK。その場でPCを貸してくれてデータコピーまでさせてくれました。

これで旅先ですぐに撮影した写真をチェックできるのがありがたい。スタッフによって対応に差があるかもしれませんが、この辺りのサービスは日本よりも丁寧ですね。

 

タイのフィルムカメラ事情

親切なスタッフさんだったので、データをコピー中にタイのフィルム事情について少し聞いてみました。

タイでも今やフィルムカメラを使う人はほとんどいなく、これだけのフィルムを置いているお店はバンコクでも少ないとのこと。

ただ根強い愛好家はまだいるようで、珍しいフィルムは海外の人がたくさん買って帰っていくんだとか。この辺は日本と状況はあんまり変わらなさそう。

「日本だと若い人でフィルムを使う人が少しずつ増えているよ」と言うと、タイでもインスタントフィルムカメラを現像に持ってくる若者が増えているといいます。

バルナックライカを大量に陳列するお店

他にもバンコクのMBKセンターという大型ショッピングモールの1階にバルナックライカを大量に取り扱うお店があったりと、ここタイでも若者や一部のカメラ好きの人がフィルムに回帰している流れを各所から感じられました。

 

タイでフィルム現像をするならA&B Digital Lab

話題を戻してA&B Digital Labのはなし。利用してみて現像仕上げやサービス、価格なども含めて非常に満足度が高かったです。

タイでフィルムを現像したいという場合は、ぜひ利用してみてください。日本にあったらぼくもまた利用したいくらいです。

タイで購入した珍しいフィルムをプレゼント!

このA&B Digital Labで購入したタイで販売されているフィルムを、Twitterにてフォロー&リツイートでプレゼントします。

日本ではなかなか見かけないフィルムなので、興味がある人はぜひプレゼントに応募してください。詳細は上に貼ったツイートから。沢山のご応募お待ちしています!

 

Related Posts

Recommended Posts