Same Category

「A.P.C.のリジッドデニム」はメンズファッションの定番アイテムだ!

Updated on

ファッションはアイテムの足し算ではなく、全体のバランス感で大きく印象が変わります。

コーデの主役を張れる個性的で派手なアイテムもいいですが、日々の着こなしをオシャレにアップデートするために必要なのは、実は定番の基本アイテム。

クリーンナップを影から支えるナイスサブの存在が、コーディネートをビシっと締めてくれるのです。
そんな、メンズファッションにおいて重要な役割を果たす、間違いない定番アイテムを紹介するのが本企画「メンズファッション マストバイ」

今回は長く付き合える相棒とも言える1本、A.P.C.のリジッドデニムを紹介します!

スポンサードリンク

A.P.C.

a-p-c-logo

A.P.C.(アーペーセー)はデザイナーのジャン・トゥイトゥが1987年に設立したブランド。
ブランド名の由来は「Atelier de Production et de Creation(生産と創造の工房)」からきています。

A.P.Cの服はフレンチベーシックながら、ストリートを意識した仕上がりが特徴。
メンズ・レディースウェア以外にも、セレクトした雑貨、財布、バッグなども展開していますが、特に日本で人気の高いのはやはりリジッドのデニムアイテムとボーダーTといった定番アイテムです。

 

A.P.C.のリジッドデニム

リジッドデニムとは、防縮加工を施していない未洗いの状態で出荷されたデニムのことで、ノンウォッシュや生デニムともいわれます。

9b2e684aa0f756610fa034faaf8f7f1a

このようにウォッシュされておらずパンツ全体に均一に染色が残っているのがリジッドデニムの特徴です。
A.P.C.はこうしたリジッドデニムを定番商品として継続的にリリースしています。

20120926-1-550x400

デニムパンツはもちろん、デニムジャケットも展開。

20140129_981945

 

A.P.C.リジッドデニムをオススメする5つの理由

ここからはなぜメンズのマストバイアイテムとして、A.P.C.のリジッドデニムをオススメするのかを書いていきます。

1.どんなスタイルにも合わせやすい

マストバイとしてご紹介するからにはこの要素は非常に重要。

基本的にデニムはどのような服装にも合うボトムスですので、着まわし力が高いです。
しかしデニムが苦手という人がいるとしたら、それはおそらく特有のカジュアルさや土臭さだと思います。

薄く色落ちしたデニムはどうしてもキレイめな着こなしやフォーマルなコーディネートには合わせづらいです。
その点リジッドデニムはウォッシュしていないので、濃紺でキレイめなスタイルにも合わせやすくなっています。

以下はリジッドデニムを使って、2つの異なるテイストのコーディネートを組んだ例です。

カジュアルスタイル

20150213134110847_1000
Photo by WEAR

MA-1ジャケットをメインにキャップやサングラス、ウォレットチェーンなどストリートとミリタリーをMIXさせた着こなし。
トップスとスニーカーにインパクトがある分、濃紺のA.P.C.デニムでコーデにメリハリをつけています。

キレイめスタイル

20150323213329756_1000
Photo by WEAR

こちらは打って変わってシャツ+テーラードジャケットのキレイめなコーディネート。
デニムのサイズ感をやや緩めにしたり、クラッチバッグなどの小物使いで普段着っぽくカジュアルダウンしています。

2.季節を問わずにオールシーズン使える

こちらも定番アイテムとしては外せません。
デニムはオールシーズン着用することができるボトムスなので、コーディネートへの登場機会が非常に多いアイテムです。

夏場はロールアップしたり、冬はブーツにインしたりと、着こなしのバリエーションがあるというのも年間を通して着回せるポイントです。

3.生地感・シルエットが素晴らしい

数あるデニムの中で、敢えてA.P.C.のデニムを推す理由は他でもないその生地感とシルエットです。
デニム=無骨というイメージが強いですが、フレンチカジュアルを提案するA.P.C.のリジッドデニムは程よい光沢があり、シルエットも非常に上品です。

3420273_336_D_500

このゴワっとした固めの生地感と、光沢がA.P.C.のリジッドデニムならでは。

シルエットも緩すぎず、かといってビタビタすぎない、脚のラインに美しく沿う形は一度履くとその良さに気づくはず。
ぼくも初めてA.P.C.を買った頃は気に入りすぎて、週4くらいのペースで履いていました。

4.サイズ・種類が豊富

A.P.C.はブランドとしてもリジッドデニムに力を入れているので、デニムパンツのサイズと種類が豊富です。
A.P.C.が定番で出しているリジッドデニムの型は主にニュースタンダード・プチスタンダード・プチニュースタンダードの3型。

ニュースタンダード:ストレートレッグ

newstandard

ニュースタンダードと呼ばれるモデルはスタンダードフィットの定番シルエット。
長く使える定番のデニムを探しているなら、まずはニュースタンダードを選ぶことをお勧めします。

プチスタンダード:細めのストレートレッグ

petitstandard

プチスタンダードはニュースタンダードに比べてややシルエットが細身なのが特徴。
裾部分にかけて緩くテーパード(絞り)が入っているほか、ウエストもやや浅めのローライズ仕様です。

細身のすっきりとしたシルエットを求めているなら、プチスタンダードがお勧め。

プチニュースタンダード:タイトレッグ

petitnewstandard

より細身の1本を探しているならば、プチニュースタンダードがぴったり。
もも周りなどを中心に、プチスタンダードよりもさらに絞りをかけた型になっています。

縦長シルエットなど細さを強調したいコーディネートのときにはとても重宝します。
ちなみにぼくもこのプチニュースタンダードを2年ほど愛用中。

ほかにもシルエット別に細かくモデルが分かれているだけでなく、各モデルのサイズ展開も24インチ〜36インチと非常に豊富です。

アパレルブランドなどはボトムスもS/M/L展開が多い中、これだけのモデルとサイズの中から最適な1本を選びことができる選択肢の広さは、まさにデニムパンツに力を入れているブランドならではの魅力です。

5.長く愛用できる

デニムは非常に堅牢性の高いアイテム。
もともとゴールドラッシュ時代、すぐにパンツが擦り切れてしまう米国の鉱夫のために作られたのが起源を持つものなので、丈夫さは折り紙付き。

さらにリジッドデニムというのは、製品に洗い加工をかけていない状態なので、履き込んでいくうちに徐々に履きジワや色落ちが出てきます。

a6830_476_d1ec9196312f197875e7e3c94eb4dcaa

このシワや色落ち具合は人によってそれぞれ違うので、履き込んでいって自分だけのオリジナルデニムを育てていくのもまたリジッドデニムの楽しみ方。

A.P.C.のデニムは特に色落ちが綺麗に出ることで知られ、エイジングデニム愛好家の間でも人気です。

A.P.C.リジッドデニムを使ったお洒落コーデ

ここからはそんな魅力たっぷりのA.P.C.のリジッドデニムを使ったお洒落なコーディネートをご紹介します。
デニムなのにどこか洗練された、A.P.C.のリジッドデニムの雰囲気を味わってみてください。

ストライプシャツと白ニットでフレンチカジュアルを体現

20150130184237547_1000
Photo by WEAR

白ニットのインにストライプのシャツを合わせたフレンチテイストな着こなし。
全体的に上品な印象に仕上げたところに、ゴツめの無骨なシューズを合わせてアクセントに。

ビッグシルエットに細身デニムでメリハリを

20150630162409194_1000
Photo by WEAR

A.P.C.のデニムは細身のシルエットを選び、ビッグシルエットのトップスと対比させました。
シルエットで変化をつけている分、柄を使わず色味を絞ってごちゃつかないようにしています。

A.P.C.のリジッドデニムで作るセットアップスタイル

20141205174140673_1000
Photo by WEAR

A.P.C.のデニムジャケットとデニムパンツを使ったデニムセットアップスタイル。
カジュアルになりがちなデニムセットアップも、A.P.C.を選べばこのようにキレイ目な印象にも着こなせます。

KitsuneのParisienキャップを合わせて、しっかりとフレンチテイストに仕上げているのが好印象。

Fukulowのコーディネート

最後はぼくの私服コーディネート。
A.P.C.のプチニュースタンダードを同色系のナイロンコートでクリアに着こなしてみました。
シャツのオレンジ色がポイント。

プチニュースタンダードは細身シルエットなので、ロング丈コートと合わせるとクールなIラインシルエットの完成。

 

リジッドデニムの注意点

最後にリジッドデニムの注意点を一つ。
リジッドデニムは未洗いのまま出荷されたデニムなので、購入後の洗濯がワンウォッシュになります。

デニムはワンウォッシュ時にサイズが大きく縮んでしまいます。
ですのでリジッドデニムを購入する際はとりあえず裾直しはせず、ある程度履き込んで洗濯をしてからの方がベターです。

もっとも糸の網目の構造上、縮むのは主に縦方向なので太さはほとんど変わりません。
ですのでサイズ感はリジッド状態でジャストを選び、裾の長さだけは長めに置いておくというのがベストです。

 

大人ファッションを目指すならマストなデニム

A.P.C.のリジッドデニムの魅力をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ぼく自身がそうであるように、大人っぽいおしゃれを目指すならA.P.C.は本当に重宝するデニムです。
是非皆さんもA.P.C.のデニムでフレンチカジュアルを楽しみつつ、自分だけのオリジナルなデニムを育ててみませんか?

 

Related Posts

Recommended Posts