Same Category

「かさばる服」はTO&FROの「かさばらないオーガナイザー」に入れて持ち運ぶ。

“ファッションとインターネットとコーヒーが好きなインドア派”

ブログのプロフィール欄にも書いてある通り、これがぼくの人となりを最も端的に表現した言葉です。

ただ今年に入ってから公私ともにあらゆる場所へ出かけるようになりました。仕事では北海道や佐賀、それから韓国へ取材に赴いたり(この記事も韓国のホテルで書いています)、プライベートで広島や四国へ行ったり。

長旅はあまり得意じゃないのですが、行くからには少しでも快適で楽しい旅にしたい。そう思って最近は旅に便利なグッズを色々と買い集めています。

今回は相棒である「monograph」で少し前に紹介されていたのを読んで購入した、旅行用の便利なオーガナイザーをご紹介します。

旅の荷物の中でもかさばりやすい服をきれいにまとめてくれる、とても良い製品です。

スポンサードリンク

TO&FROのトラベルオーガナイザー

こちらが今回購入したオーガナイザー。パッケージは一見するとキャラメルが入ってそうな、小さな箱型のデザイン。

ご紹介するTO&FROは、世界でいちばん薄くて軽い生地を作ることができる日本の企業が展開するトラベルグッズブランド。片手でひょいとつまめるサイズ・重さの外箱は、TO&FROのコンセプトを分かりやすく体現しています。

箱を開けると中から小さく折りたたまれたオーガナイザーが出てきました。

 

旅での「便利」が詰まった世界最軽量の生地

Sサイズ:W260×D185 ×H100(mm)/2,160円

小さな箱に入っていたオーガナイザーは、広げると旅行の際にハンドタオルやアメニティなどを入れるのに十分なサイズに。

TO&FROのオーガナイザーはXS〜Lまでの全4サイズ展開。ぼくは今回SサイズとMサイズを1つずつ購入しました。

Mサイズ:W260×D185 ×H100(mm)/2,700円

Mサイズはシャツやジャケット、パンツなどの衣類を詰めるのにちょうど良いサイズ。

このMサイズの寸法は、大手クリーニング店のYシャツクリーニングの仕上がりサイズをもとに設計されたものなのだとか。感覚的な“ちょうどよさ”にもしっかりと理由があるのですね。

TO&FROのオーガナイザーの肝とも言えるのが、なんといってもこの生地素材。Humming Birdと呼ばれるこの生地は、ほんとうに羽のように薄くて軽いのが特徴。XSサイズでわずか17g、Lでも39gしかないので旅に持ち歩いても重さが苦になることはほとんどありません。

生地自体は非常に薄いですが、リップストップと呼ばれる裂け止めが施されていて見た目以上に丈夫。このリップストップ加工はミリタリーウェアなどにもよく使われる仕様です。

さらに撥水処理加工によって、多少の水なら浸透せずに弾くようになっています。ほかにも全8色という幅広いカラーバリエーションによって、サイズ毎に異なる色を選べばキャリーケースの中で取り違うこともありません。

この薄い薄い生地の中に、旅先での「便利」がたくさん凝縮されたオーガナイザーなのです。

 

かさばりやすい服をきれいに仕分ける

写真を撮られる機会も多い旅行は、少しでもお洒落して行きたいと思うのが心情。でもそれと同時に旅の荷物でかさばりやすく散らかりやすい物の1つが洋服でもあります。

TO&FROのオーガナイザーを使えばそんなかさばりやすい服も、サイズ別・アイテム別にきれいに仕分けて収納することが可能。「キャリーケースを開けたら中で服がバラバラに…」なんてことも、このオーガナイザーがあればもう心配なし。

オーガナイザーに収納した服をキャリーケースに入れると、こんなにスッキリ。荷造りがうまくいくと、旅が一段と楽しみになりますよね。

 

旅をもっと楽しく、快適に

TO&FROのブランドコンセプトは「TRIPPING LIKE A BIRD(鳥のように旅をする)」

大空を優雅に羽ばたく鳥のように、軽くしなやかに楽しむ旅をサポートするグッズを数多く販売しています。

ぼくも今回購入したオーガナイザーにたくさんの服を詰めて、旅とお洒落を思いっきり楽しみたいと思います。旅行が好きな方なら一式揃えておいて損はないグッズですよ。

 

バッグの中を整理するオーガナイザーが決まったら、次は肝心の旅行バッグ選びですよね。

HUNTERのブーツとバックパック──雨の日をささやかな楽しみに変えるヒント

HUNTERのバックパックは大容量で雨にも強く、お洒落な見た目でトラベルバックパックとして最適。雨の日以外でも積極的に持ち出したいオススメのバックパックです。

 

Related Posts

Recommended Posts