Same Category

Apple Watchは毎日つけない

便利なスマートウォッチとしてではなく、“ファッションウォッチとして”Apple Watchを購入してから約1年弱。

ただ最近ぼくが普通の腕時計をつけているのを見ると「あれ、Apple Watchはやめたの?」と聞かれることが多くなりました。

もちろんApple Watchを手放した訳でもなければ、飽きてしまった訳でもありません。ただぼくは毎日Apple Watchをつけようとは思っていないんです。

スポンサードリンク

Apple Watchはスマートフォンじゃない

ぼくがApple Watchを毎日つけない理由は、Apple Watchをあくまで時計として考えているから。

「Apple Watchは時計でしょ?」と当たり前に思うかもしれませんが、実はApple Watchをスマートフォンのような位置付けとして捉えている人は意外と多いです。

心拍数が図れたり、通知を腕で受け取れたり、電話ができたりと便利な機能がたくさん備わっているApple Watch。その機能性ゆえiPhoneと同じように、毎日使うことを前提に考えてしまいがち。

でもそうした便利機能はいったんさておき、Apple Watchをただの時計として考えたら毎日つける必要はないんです。

複数の腕時計を使い分けることは普通ですし、だからといって「あれ、この前つけてた腕時計はやめたの?」とは言われないはず。

Apple Watchの難しさはファッション性の高い「時計」という側面と、機能性の強い「ガジェット」という側面の両方を持っていること。

「あれ、Apple Watchはやめたの?」という質問は、Apple Watchを時計ではなくガジェットとして捉えているからこそ出る質問なのかなと思います。

Apple公式サイトよりキャプチャ

もっともApple Watch=ガジェットと考えるのが悪いことではないですし、最近はApple自身もどちらかというと便利端末としてApple Watchの魅力をアピールしているように思います。

 

時計はファッションに合わせて使い分けるもの

Apple Watchをひとつの時計、特にファッションウォッチとして考えると、その日の服装に合わせて最適な時計を選ぶのが理想的な使い方だと思っています。

ミッキー文字盤はハズしに意外と使える

DAMUEというカスタムG-SHOCKもお気に入り

その日のファッションに応じてスニーカーや革靴を履き分けるように。

ぼくはその日のファッションによってApple Watchが合うのであればApple Watchを、他の時計の方が相性が良いなら他の時計を選ぶようにしています。

Apple Watchの便利な機能はあくまでおまけ。ファッションウォッチにとっては“おしゃれであること”が最大の機能です。

そしてそのおしゃれさをきちんと活用するために、ファッションに合わせてApple Watchと他の時計を付け分ける。これが今のぼくのApple Watchの運用方法です。

 

交換バンドがあれば合わせるファッションがさらに広がる

Apple Watchの魅力の1つが高いカスタマイズ性。文字盤をカスタマイズできるのはもちろんのこと、様々な交換バンドも販売されているので簡単に印象を変えることができます。

大人カジュアルな雰囲気のレザーバンド

クールな印象のステンレスバンド

どんな服装にも合わせやすいミラネーゼバンド

この商品は現在取り扱いされていません

個性が光るDouble Pipingのバンド

Apple Watchのバンドは純正品だと高価なものが多いですが、ここで挙げたぼくが使っているのは全てサードパーティ製。価格も純正と比べると買いやすいものがほとんど。

こうした交換バンドを使えば、合わせるファッションの幅はぐんと広がるはず。ぜひ交換バンドを使ってApple Watchをもっと自由にファッションと組み合わせてみてください。

 

Related Posts

Recommended Posts