Same Category

Kodak PORTRA 400の作例。被写体を優しく写し出す、繊細なフィルム。

旅行で遠い地に訪れたり、大切な人を撮影したり、ハレの日だったり。ここぞという撮影でぼくが選ぶフィルムがKodak PORTRA 400です。

この記事ではそんなKodak PORTRA 400の特徴や作例をご紹介します。人気のKodakフィルムで値段は張りますが、その価値を感じられるフィルムです。

スポンサードリンク

Kodak PORTRA 400の特徴

Kodak PORTRA 400は、Kodak社が製造・販売するカラーネガフィルム。

“世界最高の粒状性”を実現するフィルムとして、ポートレートやファッション撮影などプロユースを想定して作られています。

その描写や色再現度から、プロだけでなくフィルムカメラを使う多くの人から支持される人気のフィルムです。

Kodak PORTRAは160 / 400 / 800と、幅広い感度をラインナップしているのが特徴。ISO 400は晴天時や曇天・室内と様々なシーンで使える汎用性の高さが魅力。

 

Kodak PORTRA 400の色味

Kodak PORTRA 400はしっかりとした色乗りと、優しく繊細な光の描写が特徴。“ポートレート”という名前を冠するだけあり、人肌の美しさは格別です。

Kodakならではのメリハリある色合い

個人的な感覚ですがFUJIのフィルムに比べて、Kodak社のフィルムは総じてメリハリが高い印象があります。

PORTRA 400も例に漏れずシャドウがしっかりと落ちたコントラスト高めの色乗り。

優しく繊細な空気感

ただ色乗りがしっかりとしているだけではなく、光の描写が優しく繊細なのもPORTRA 400の特徴。上の写真では右側から光がふんわりと優しく表現されています。

肌の階調や透明感もPORTRAらしく、きれいに写っています。

Kodak PORTRA 400の作例

これも光が美しく描かれたお気に入りの1枚。PORTRAで撮影した写真は、差し込む光が“見える”ような気がします。

肌が明るく、階調豊かに写ります

夜はKodakらしいこってりした色味

映画のワンシーンのような淡く優しい色合い

 

大切な瞬間を撮るためのフィルム

素晴らしい描写をしてくれるネガフィルム、Kodak PORTRA 400。

PORTRAは通常5本1パックでの販売。1ロールだいたい1200円と決してやすいフィルムではありません。

ただ、大切な“その瞬間”は人生で1度だけ。そんな逃したくない場面は、ぜひKodak PORTRAで撮影してみてください。

PORTRAの美しく繊細な写りが、大切な瞬間を忘れられない思い出にしてくれるはずです。

 

手頃なフィルムならLomography 400がオススメ

ここぞという時に使えるKodak PORTRA 400ですが、日常的に使うなら手頃なLomography CN 400がオススメ。

手に入りやすく、価格もPORTRA 400よりずっと安いフィルム。もちろん描写も申し分なし。下の記事にLomography 400の作例をたくさん載せているので合わせて読んでみてください。

同じタグがついた関連記事を探す

 

Related Posts

Recommended Posts

DRESS CODE. Official LINE@

DRESS CODE.のLINE@をはじめました!記事の更新情報や世間話などをゆるりとLINEに配信予定。新しい記事の更新を教えて欲しい人や、ブログよりもゆるい話が聞きたい人は左の画像から登録してね。