Same Category

Updated on

新しいiPad Pro(第3世代)発表!ホームボタンを廃止し、デザインも刷新。

2018年10月30日に発表された新しいiPad Pro(第3世代)。ホームボタンが廃止されオールスクリーンになり、筐体デザインも刷新。サイズも12.9インチと11インチの2サイズ展開になりました。

この記事では新しく発売されたiPadの特徴を記事にまとめました。アクセサリ類も全てバージョンアップした、まさに全面刷新のiPad Proです。

スポンサードリンク

ホームボタンが廃止。オールスクリーンデザインに

新しいiPad Pro(第3世代)最大の特徴がホームボタンの廃止。先んじてホームボタンを廃止したiPhone Xシリーズを踏襲した、オールスクリーンデザインになりました。

iPhoneと違ってディスプレイにノッチ(切り欠き)がない代わりに、左右上下のベゼルはやや太め。それでも全面を覆い尽くすディスプレイで、よりスタイリッシュな1枚のガラス板という印象が強くなりました。

個人的にはエッジが丸くなったことでポップで可愛い見た目になったのがお気に入りです。

 

直線的でソリッドな筐体デザイン

旧モデルは背面がカーブしたデザインでしたが、新しいiPad Pro(第3世代)は直線的な筐体デザインに。横から見ても“板感”が強くなっています。

また後述する新しいApple Pencilと接続するためのコネクタが側面に追加。

逆にこれまで側面にあったSmart Connectorは背面に移動しました。

 

12.9インチモデルは大幅にサイズダウン

11インチiPad Proは従来までの10.5インチiPad Proとほぼ同じ大きさ。ベゼルが狭くなった0.5インチ分、ディスプレイサイズが大きくなりました。

サイズに大きな変更があったのが12.9インチiPad Pro。こちらは旧モデルと同じ12.9インチディスプレイを維持しながらベゼルをなくしたことで、本体サイズが小型化。旧モデルと比較して25%も小さくなっています。

本体の薄さもこれまでの6.1mmから5.9mmと、わずかながら薄くなっています。

 

美しいLiquid Retinaディスプレイ

新しいiPad Pro(第3世代)は液晶ディスプレイであるLiquid Retinaを採用。iPhone XRに搭載されているものと同じディスプレイです。

iPhone XSなどに搭載されている有機EL(OLED)ディスプレイではありませんが、これまでも十分美しかったiPad Proのディスプレイからさらに鮮やかに美しくなっているので期待できそう。

 

Face IDに対応。横向きでも認識可能に

ホームボタンが廃止されたことにより、ロック解除方式がTouch IDからFace IDに変更。iPhoneと違い横向きで使いことも多いiPad Proに考慮し、横向きでも顔認証ができるよう進化しています。

 

A12X Bionicチップ搭載

新しいiPad Pro(第3世代)に搭載されたチップは、iPhone XSよりもさらに性能を強化したA12X Bionicチップを採用。Apple自ら「ほとんどのノートパソコンよりも高速」と表現するほどのパフォーマンスです。

従来モデルに比べシングルコアのCPUパフォーマンスは35%高速化、そしてマルチコアに至っては90%も高速化しているとのこと…!

グラフィック性能も2倍高速化。これまでもiPad Proのパフォーマンスに不満を感じることはほとんどなかったですが、新モデルはそこからさらにパワフルに進化しています。

 

USB-Cコネクタを採用

そして発表中に会場からも歓喜の声が上がっていたのがLightningコネクタを廃止し、新しくUSB-Cコネクタを採用した点。

USB-Cの搭載により充電速度やデータ転送速度の高速化だけでなく、様々な外部機器と高性能な接続が可能になります。

デジタルカメラに直接接続して写真を取り込んだり、4Kディスプレイにケーブル1本で出力したりすることが可能。様々な機器に普及しているUSB-Cを採用することで、外部拡張性がぐーんと広がりました。

新しいiPad Pro(第3世代)からiPhoneを充電することも可能!

 

Apple Pencilも進化

iPad Proの刷新に合わせて純正アクセサリも進化。Apple Pencilが第2世代になり、より使いやすくなりました。

まずは新しいiPad Pro(第3世代)の側面とカチッとマグネットで接続してペアリング、充電ができるようになりました。Pencilのお尻をiPadに挿すという不恰好な充電スタイルとはおさらば。

さらにApple Pencilを握った人差し指あたりにセンサーが搭載され、ダブルタップで機能を切り替えられるようになりました。ペンと消しゴムの切り替えやUndoなどがペンで行えるのは便利。よく使うツールをカスタマイズして割り当てることができます。

ただ便利になったぶん、新品定価が税別14,500円と旧モデルよりも若干高くなりました。

 

Smart Keyboard Folioが登場

これまでiPad Pro専用のキーボードとして発売されていたSmart Keyboardは、新しくSmart Keyboard Folioとして刷新。

旧モデルとの違いは背面部分までケースで覆われるようになった点。そしてiPad Proを立てかける角度を2つの角度から選べるようになりました。個人的には背面も保護されるようになったことで、重さや厚みが増すのがちょっと気になります。

そしてSmart Keyboard Folioも11インチ用が税別19,800円、12.9インチ用が税別22,800円とどちらも値上げ。Smart Keyboardはとても便利なんだけど、キーボードで2万円超えるのはさすがに高すぎですよね…。

 

新しいiPad Pro(第3世代)の特徴まとめ

  • ホームボタンが廃止。オールスクリーンデザインに
  • 直線的でソリッドな筐体デザイン
  • 12.9インチモデルは大幅にサイズダウン
  • 美しいLiquid Retinaディスプレイ
  • Face IDに対応。横向きでも認識可能に
  • A12X Bionicチップ搭載
  • USB-Cコネクタを採用
  • Apple Pencilも進化
  • Smart Keyboard Folioが登場

 

飛躍的に正統進化した、新しいiPad Pro(第3世代)

デザインが刷新され、パフォーマンスも大幅に向上した新しいiPad Pro(第3世代)。これまでの良い点は抑えつつ使い勝手を大幅に向上した新モデルは、一言で表現するならば“飛躍的に正統進化”したiPadだと感じました。

そしてUSB-Cに対応したことにより外部拡張性が増し、よりPCのような使い心地に近づいた印象があります。

スペック的にはノートパソコンと比較しても十分すぎる新しいiPad Pro(第3世代)。これ1台でできることが、さらに広がりそうな可能性を持ったiPadです。

 

発売は11月7日から。ぼくは12.9インチiPad Proを購入!

ぼくは色々と迷った末に12.9インチiPad ProとApple Pencil、Smart Keyboard Folioを購入。

旧モデルの12.9インチiPad Proはその大きさに耐えきれず10.5インチにしてしまいましたが、ディスプレイサイズが変わらず大幅に小型化したということで再度使ってみようかなと。

発売は11月7日から。発売日に届く予定なので届いたらしっかりレビューしたいと思います!楽しみ!

 

iPad Pro3モデルを比較してみました

今回新しく発表されたiPad Proを含め、全3モデル展開になったiPad Proシリーズ。3つのモデルのスペックや特徴を比較し、どのモデルを選ぶのが良いかをぼくなりにまとめてみました。合わせて読んでもらえると嬉しいです。

 

Related Posts

Recommended Posts