Same Category

Updated on

UNIQLO U 2018年秋冬コレクションレポート!気になったアイテムとぼくが買ったアイテム。

本日9月14日(金)より発売が開始されたUNIQLO Uの2018年秋冬コレクション。

UNIQLO Uはクリストフ・ルメール率いるデザイナーチームが企画する“ベーシックな服に革新をもたらす”をコンセプトにした、ユニクロの人気コラボレーションラインです。

発売日の今日、早速ユニクロ銀座店へ新作を見に行ってきましたので気になったアイテムを中心にご紹介します!

色々試着していくつか服も購入したので、買ったばかりの新作を使ったコーディネートも組んでみました!

スポンサードリンク

UNIQLO U 2018年秋冬コレクションレポート

ユニクロ銀座店はいつものように12階が新作フロア。開店11時くらいに行くと既に人がちらほらいましたが、混雑というほどではありませんでした。

前身であるUNIQLO and LEMAIRE時代はオープンともなると人でごった返していましたが、定番ライン化したこともあり人も落ち着いてきている印象。

UNIQLO U 2018秋冬 アウター

ブロックテックコート

175cmの筆者がLサイズを着用

まずは今季おそらく一番の注目アイテムであるブロックテックコート。コレクションのビジュアルにも使われていたので、店内でも人気の様子でした。

コットンとポリエステルの混紡素材に樹脂をコーティングし、撥水・透湿防水加工を施したレインコートのようなアウター。

ぱっと見はちょっとスウェーデンのブランドSTUTTERHEIM(ストゥッテルハイム)に似てるなと思いました。

14,900円(税抜)

羽織ってみるとざっくりと大きめなシルエットと、ハリのあるガサっとした素材感で独特のボリュームが生まれます。マスタードのような黄色の色味が可愛い。

軽いレインコートとしてはもちろん、前を開けてラフに着ると街着としてもおしゃれ。大きめなフラップポケットもデザインのアクセントになっています。

縫い目は裏側からテープで補強され浸水を防止してくれる本格的な作り。

Mサイズを着用

サイズをジャスト寄りにして黒を選ぶとイメージは一変し、シックな印象に。スーツ通勤の方のレインコートとしても使えそうです。

ブロックテックチェスターコート

12,900円(税抜)

こちらはコットン100%の記事に樹脂加工したチェスターコートタイプのアウター。

先ほどのコートと同じような色に見えますが、こちらはイエローではなくブラウンという表記。ややくすみのある落ち着いた色合いです。

Mサイズを着用

個人的にはブロックテックコートよりも、大人っぽさもあるこちらのチェスターの方が着やすくて好みでした。

ダークブラウンのタートルネックニットとかを合わせると、秋冬っぽい印象で良さそうですね。

ウールブレンドチェスターコート

14,900円(税抜)

個人的に密かに気になっていたのがこのウールブレンドチェスターコート。商品ビジュアルを見たときにやや光沢のある見た目で、着てみたいなと思っていました。

ツイル素材なので生地に畝(うね)感がある

実物を手に取ってみるとコットン55%、ウール45%の混紡素材で、ツイルで畝(うね)のある生地感。もう少しウールっぽさを期待していましたが、撥水加工されていることもあり機能素材っぽい印象でした。

ドロップショルダーでゆったり着ることを想定しているコートですが、身長175cmのぼくにはLでもややサイズが中途半端でした。サイズを間違えて大きめのアウターを着ているような感じ。

XLくらいをオーバーサイズで着用してモードっぽい感じで合わせるとハマりそう。XL,XXLはオンライン限定っぽいのでまた機会があれば試してみます。

ポケッタブルモッズコート

9,900円(税抜)

これもちょっと期待していたポケッタブルモッズコート。コンパクトなサイズで持ち歩きに便利な薄手のコートです。

DARK GREENを試着しましたが思った以上に色が淡かったです。ただこれはこれで中間色のような好きな色味。

ただポケッタブルという特性上かなり薄手で、オーバーサイズで着たときの落ち感があまり好みではありませんでした。もう少しハリのある素材なら良かった…!

生地はかなり薄手

ただ持ち運びできる雨よけとしては十分機能的かつ見た目も悪くないので、街着というよりもレインコートとして使うならありかなと思いました。

でも9,990円という価格を考えると、やっぱりおしゃれ着としても着たくなりますよね…。

ミリタリーフーデッドブルゾン

6,990円(税抜)

Mサイズを着用

男らしい雰囲気のミリタリーフーデッドブルゾンはMA-1ブルゾンにフードがついたようなアイテム。

裏地はメッシュの仕様

パーカーではなくブルゾンなので、思った以上にボリュームがあり秋の終わりくらいまでの気温にも対応できそう。

ボリューム感や後ろから見たシルエットなどは格好良かったんですが、思った以上にミリタリー感・無骨感が強くてなかなかおしゃれに着こなすのが難しそうだと感じました。

ワークジャケット(レディース)

UNIQLO Uのアイテムはゆったりオーバーサイズで中性的なデザインが多いこともあり、毎回レディースアイテムにも注目しています。その中で今回気になったのがこちらのデニム素材のワークジャケット。

Lサイズを着用

短め丈で袖がやや長め、かつアームホールがズドンと太いシルエットなのですが、メンズが着ると丈の短さが強調されてパンチの効いたモードっぽい雰囲気になります。

5,990円(税抜)

この日は結構着丈の長いTシャツを着てきたこともありかなり個性的ですが、もう少し着丈の短いインナーを挟めばもっと着やすそうです。

後ほど紹介するエクストラファインメリノタートルネックセーターを合わせて着てみても良い感じ。

体系と普段のファッションテイストによりますが、このレディースのワークジャケットは意外とメンズでもありだと感じました。

 

UNIQLO U 2018秋冬 シャツ・ニット

オープンカラーシャツ(長袖)

こちらも注目アイテムの1つ。鮮やかな色展開のオープンカラーシャツ。

2,990円(税抜)

モデルの着用写真ではフロントボタンを全部閉めたり、タックインして着ていたこともあり「難易度高そうなアイテムだな…」と思っていたのですが、実際に着用すると意外と使いやすいと感じました。

サイズがゆったりしているので、フロントは開けてざっくりラフに羽織ってあげると良い感じにリラックス感がでます。

裾もボックスシルエットなので、タックインせず普通に羽織る感じで着てあげるほうが自然かなと思いました。

ブラウンの色が2色あるのですが、ぼくが着用しているのは35 BROWNの方。この色味いいですね。

悩んで買わなかったんですが、写真を見返していると欲しくなってきた…!2,990円だし後日買いに行くかも。

エクストラファインメリノタートルネックセーター(長袖)

商品名が長いですね。笑

Mサイズを着用

メリノウールを使ったタートルネックは薄手のハイゲージニットで秋口から使いやすそうな印象。首元はニットを折り返すようになっているので、冬の厚手コートと合わせてもボリュームバランスが良さそう。

GRAYカラーはやや緑がかった中間色で、この色味が結構好きでした。3,990円という価格ならアリな商品です。

 

コラム:混雑するコラボアイテムをゆっくり試着する方法

ここでちょっと息抜きがてらに小ネタを。コラボ商品発売直後は多くの買い物客がいるユニクロ店内。店内の鏡や試着室の前には人がたくさんでなかなかゆっくり試着できないことも。

そんな時にオススメなのがコラボアイテムがあるフロアとは別のフロア(階)で試着をすること。

ユニクロ銀座では最上階12階がコラボアイテムフロアなのですが、2つほど下のフロアはほとんど人がいなかったりします。

ぼくはいつも気になる商品を見つけたら、商品を持って別フロアでゆっくり試着したり写真撮影をしています。参考にして見てください。

※商品を持ってフロアを移動したり、店内で撮影を行う場合は、前もってスタッフの方に声がけしてからにしてくださいね。

 

UNIQLO U 2018秋冬 ボトムス・その他

ワイドフィットテーパードアンクルチノ

ここからはボトムス編。

3,990円(税抜)

まずぼくが今回唯一購入した、ワイドフィットテーパードアンクルチノ。アンクル丈のコットンパンツです。

ガシッとした厚手のコットン生地で、腰回りはゆったりしながら裾にかけて細くなっていくテーパードシルエットがきれいで気に入りました。

シルエット自体はカジュアルですが、センタークリース入りなのできれい目な印象もキープできるのがポイント。

この横からのシルエットが良い感じ。ディッキーズのチノパンと同じような素材で、よりきれい目にも着れる印象。

サイズは悩んだ末にベージュのW73とブラックのW76の2本を購入しました。実際のコーディネートは記事の後半で。

イージーワイドフィットアンクルパンツ

3,990円(税抜)

こちらはTwitterで要望をもらって履いてきたボトムス。ベルトがゴム仕様、生地もさらりとしたポリエステル素材で楽に履けるパンツです。

このイージーなシルエットは結構良かったのですが、いかんせん生地感がテロっとしていて“部屋着感”が否めずぼくは断念。

ゆるいストリートスタイルなんかにはハマりそうなパンツだと感じました。

ショルダーバッグ

2,990円(税抜)

小物類で気になったのはショルダーバッグ。ファッションのポイントにもなる大きめなサイズ感で、コットンとポリエステルの薄手でシャリ感ある素材がガシガシと使いやすそうな印象

後ろから背負ったシルエットも悪くなく金額も手頃なので、普段使いから旅行用まで1つあると便利だなと感じました。

 

購入したアイテムを使ってコーディネートを組んでみた

ここからは購入したワイドフィットテーパードアンクルチノのベージュとブラックを使って、それぞれコーディネートを組んでみました。

大人カジュアルなスタイル

Coordinate Item
  • Jacket:Barbour×WhiteMountaineering
  • T-shirt:FRUIT of the LOOM
  • Pants:UNIQLO U
  • Shoes:NewBalance M1500
  • Glasses:Ermenegildo Zegna

まずはベージュのチノパンのイメージそのままに、カジュアルなコーディネートを。ハンティングジャケットをベースにしたブルゾンと合わせてみました。

カジュアルアイテムが中心ですが、ボトムスのテーパードシルエットとセンタークリースにより、ほんのり大人っぽさも加わっているかなと思います。

コーディネートを横から。このアングルから見たこのチノパンのシルエットが好きなんです。

チノパンを使ったカジュアルジャケットコーデ

Coordinate Item
  • Jacket:JUNYA WATANABE
  • Shirt:MAISON KITSUNE
  • Pants:UNIQLO U
  • Shoes:J.M.WESTON
  • Glasses:Thom Browne

こちらはチノパンをフォーマルに着こなそうをテーマにしたジャケットコーデ。ベージュの金ボタンブレザーと合わせて、プレッピーな印象になるよう意識しました。

きちんと感のある革靴を合わせるだけで印象が一気に変わりますね。

スケーター風ジャケットコーデ

Coordinate Item
  • Jacket:Used
  • T-shirt:Vintage
  • Pants:UNIQLO U
  • Shoes:VANS × ELEY KISHIMOTO
  • Glasses:BLYSZAK

こちらはブラックのチノパンを使い、スケーターテイストを意識したジャケットコーデ。

ブラックはワンサイズ大きい76インチを選らんだので、そのルーズ感が活きるようストリートを意識したスタイルにしてみました。

 

UNIQLO U 2018年秋冬コレクションは今後も追加予定

UNIQLO Uの2018年秋冬コレクションは今日が発売初日ですが、実は一部アイテムは10月以降にも順次発売されるものがあります。

さらに先日の台風の影響でオープンの今日に間に合わなかったアイテムもあるそうで、フルラインナップが揃うのはもう少し先になります。

ただ秋から使える人気アイテムはシーズン中に完売になってしまうこともあるので、気になったものがあったら早めに買っておくのがオススメ。この記事がご参考になれば幸いです!

 

過去のUNIQLO新作レポート記事もどうぞ

UNIQLO U 2018年秋冬だけでなく、過去にもUNIQLOの注目コラボの新作発売日にレポート記事を書いています。よければこちらも合わせて読んでみて下さい。

こちらは昨年のJW ANDERSONコラボの時のレポート記事。

こちらはUNIQLO Uが始まったファーストシーズン、2017年春夏新作のレポート記事です。

 

Related Posts

Recommended Posts