Same Category

Updated on

運命の1着に出会う。高円寺のオススメ古着屋15選まとめ

東京有数の古着の街・高円寺。高円寺周辺だけでも100を超える古着屋があると言われています。

この記事ではそんな高円寺にある古着屋の中から、ぼくが実際にお店に足を運んだり買い物をして、「良いな」と感じた古着屋を15店舗厳選して紹介します。

質の高い古着屋が軒を連ねる高円寺。ここでご紹介するのはほんの一部ですが、高円寺で洋服を買うときの参考にしてみてください。

スポンサードリンク

高円寺南口・右エリアの古着屋

高円寺は南口を出て国道381号線の大通りを境界に、右エリア・左エリアに分けて語られることが多いです。この記事でも左右のエリア別に古着屋をご紹介。

手書きの地図も作成

今回は紹介するお店の大まかな場所が分かるよう、ざっくりとした地図も描いてみました。緑色で塗ったエリアが右エリア、黄色で塗った区画が左エリアです。

赤い数字はそれぞれ紹介するお店に対応しています。

右エリア

  • 1.Chart(チャート)
  • 2.HURRY UP(ハリーアップ)
  • 3.MECHA(メチャ)
  • 4.SUNTRAP(サントラップ)
  • 5.GRANDBERRY JAM(グランベリージャム)

左エリア

  • 6.黒BENZ(黒ベンツ)
  • 7.CREEP(クリープ)
  • 8.CORD(コード)
  • 9.SLUT(スラット)
  • 10.OTSU(オツ)
  • 11.SAFARI(サファリ)
  • 12.ROIR(ロワール)
  • 13.那由多(なゆた)
  • 14.BEACH(ビーチ)
  • 15.即興(そっきょう)

 

1.Chart(チャート)

Chart(チャート)は店内の古着の量が半端じゃないお店。2階建てのお店の1階には、革靴とオールドコーチをはじめとするレザーバッグがずらり。

2階はウェアが中心ですがこちらも物量がすごい。トレンチコートやレザーライダース、ニットなどがずらりと何着も陳列されています。

「トレンチが欲しい」など欲しい服の種類が決まっている時は、Chartに来れば自分の気に入る形・サイズのものが見つかりそう。

COOGIのニット / ¥12,800

ぼくは以前ChartでCOOGI(クージー)のニットを購入。古着で人気のCOOGIも色柄・サイズ別に何種類か置いていました。

またお店のスタッフさんは古着の知識が豊富かつ、皆さんフレンドリー。

「ここのラック、今日入荷したばかりですよ」「試着、いい感じですね!」

と、さりげなくだけど気さくに話しかけてくれるところも好感が持てました。高円寺に寄ったらまた来たいお店です。

Chart(チャート)
  • 住所:東京都杉並区 高円寺南4丁目30−8
  • 営業時間:12:00-21:00

 

2.HURRY UP(ハリーアップ)

HURRY UPはアメカジを中心とした古着屋。アメカジといってもクセはそこまで強くなく、比較的着やすいセレクトが多め。

古着定番のミリタリーやアウトドア系の服はもちろん、キャラ物アイテムなどちょっと変わったアイテムもあり幅広い人にオススメできるお店です。

HURRY UP(ハリーアップ)
  • 住所:東京都杉並区 高円寺南4-21-4 1F
  • 営業時間:13:00-20:30

 

3.Mecha(メチャ)

マンション2階の1室にある古着屋Mecha(メチャ)。おしゃれな店内には使いやすいスタイリッシュな古着から個性的なアイテムまでをラインナップ。リングやブレスレット、イヤリングなど小物類も充実しています。

巨漢アメリカ人が着てたであろう超ビッグサイズのスリーピースをオーバーサイズで提案したり、セレクトセンスだけでなく着こなしの提案が面白いと感じる服が多かったです。

メンズ・レディース比率が5:5くらいで、個人的にはレディースアイテムが特に可愛いものばかりで質が高いと感じました。

Mecha(メチャ)
  • 住所:東京都杉並区 高円寺南4丁目23−7 大国屋ビル 202
  • 営業時間:14:00-21:00

 

4.SUNTRAP(サントラップ)

SUNTRAP(サントラップ)はアメリカンヴィンテージのみを取り扱う、創業20年目の高円寺では有名な老舗古着屋。

数々のスタイリストが足繁く通うというSUNTRAP。王道アイテムから見慣れない年代物の服まで、質が高く格好良いものばかり。今っぽく着れる服も多く、長く愛されている理由が分かります。

開放感ある綺麗な店内は入りやすく、取り扱う古着も状態の良いものが多いです。古着好きはもちろんのこと、ファッション好きならきっと楽しめるお店。

また洋服だけでなく古いグラスやボタン、ジップ、空き缶などヴィンテージ小物も幅広く取り揃えています。

SUNTRAP(サントラップ)
  • 住所:東京都杉並区 高円寺南4丁目23−5 ACP#1F
  • 営業時間:13:00-21:00

 

5.GRANDBERRY JAM(グランベリージャム)

夫婦でお店を営んでいるというGRANDBERRY JAM(グランベリージャム)。メンズは旦那様が、レディースは奥様がセレクトを担当しているそう。

おしゃれで落ち着いた店内は古着初心者でも入りやすい空間。12月に訪問したら入口がクリスマス仕様になっていたりと、良い意味で古着屋っぽくないお店です。

セレクトもアメリカンヴィンテージを中心にしつつ、デイリーに取り入れやすいものが多い印象。トルソーのスタイリングも今っぽさを取り入れた可愛い提案で、さりげない古着感が素敵でした。

メンズ・レディース比は6:4くらい。カップルでデートのついでに来ても楽しめそうなお店です。

GRANDBERRY JAM(グランベリージャム)
  • 住所:東京都杉並区高円寺南4丁目7−1 藤和シティコープ102
  • 営業時間:13:00-22:00

 

高円寺南口・左エリアの古着屋

ここからは南口左エリアにある古着屋を紹介。右エリア以上に古着屋が密集する古着屋激戦区です。

有名店からちょっと穴場なお店まで、こちらもぼくが実際に足を運んで調べたお店からピックアップしています。

 

6.黒BENZ(黒ベンツ)

高円寺の有名な古着屋、黒BENZ(黒ベンツ)。「Desperado in the world(ならず者)」をコンセプトにしていて、クセの強いロックなアイテムが中心。

50’sなど年代物の服も多く取り扱っているので、古着らしい個性的なスタイルが好きな人にはハマるお店です。

黒BENZ(黒ベンツ)
  • 住所:東京都杉並区高円寺南4丁目24−12
  • 営業時間:13:00-20:30

 

7.CREEP(クリープ)

中央第二ビルという建物の3階に店を構えるCREEP(クリープ)。白を基調としたお洒落な店内には厳選された古着が並びます。

良い意味で古着っぽさのない、まるでセレクトショップのようなアイテムチョイスは古臭さを感じさせず今っぽく着用できそう。

余談ですが同じビルの2階に入っている「背骨」という小道具屋が、独特な雰囲気で面白いです。CREEPに来た際は合わせて立ち寄ってみてください。

CREEP(クリープ)
  • 住所:東京都杉並区高円寺南4-24-4中央第二ビル3階
  • 営業時間:14:00-20:00 ※水曜日定休

 

8.CORD(コード)

CORD(コード)もスタイリッシュでクセのない古着を取り扱う古着屋。CORDのお店にCREEPのショップカードが置いていたりと、お店同士の交流もあるようです。

個人的な感想ですが、古さよりも「格好良さ」や「今っぽく着れる」を基準にセレクトを行なっているように感じました。

またスタッフさんも非常に親切で、初めて訪れた際は手書きの地図で周辺のオススメな古着屋さんを教えてくれました。記事冒頭で書いた地図もCORDでもらった地図を参考に作成。

あとで紹介する那由多(なゆた)というレディース古着屋と姉妹店です。

CORD(コード)
  • 住所:東京都杉並区高円寺南 4-24-9 高円寺中央ビル 2F 203
  • 営業時間:13:00-20:30

 

9.SLUT(スラット)

SLUT(スラット)は、高円寺パル商店街の中に店を構える古着屋。

商店街の中にあることもあり店内は明るくきれいで開放的。老若男女気負わず入れるお店で、賑わいのある古着屋です。

取り扱う古着はアメカジを中心としつつ、デイリーユースしやすいクセのないベーシックな古着が多め。価格も手頃で「古着を着ない人にも楽しんでほしい」という気持ちが伝わるお店です。

スリランカ製のコーデュロイパンツ / 3,800円

ぼくは以前ここで写真のコーデュロイパンツを購入しました。新品のアイテムと合わせても違和感のない、状態の良いパンツです。

SLUT(スラット)
  • 住所:東京都杉並区高円寺南4−6−1
  • 営業時間:12:30-20:30

 

10.OTSU(オツ)

OTSU(オツ)はまるでデザイナーズアイテムのような、格好良い古着を多数取り扱う古着屋。小さい店内に良いアイテムが所狭しと並びます。

他のお店と比べて多少価格は張りますが、古さを感じさせず今っぽいくお洒落に着れる古着を探しているならオススメのお店です。

OTSU(オツ)
  • 住所:東京都杉並区高円寺南3-57-5
  • 営業時間:12:30-20:30

 

11.SAFARI(サファリ)

OTSUの隣にあるSAFARI(サファリ)は、高円寺で4店舗ほどのお店を構える古着チェーン店。

SAFARIの特徴は販売だけでなく買取も行っている点。コレクターから買い集めたアイテムはマニア好みのヴィンテージ物も多数。

広い店内ですが物量がとても多く、かつ1つ1つのアイテムもスペシャル級。不意に手に取ったスウェットが何万円もするヴィンテージ品だった、というのもよくあること。

どうしても狙っている古着がある、という方はSAFARIに来ると見つかるかもしれません。

SAFARI(サファリ)
  • 住所:東京都杉並区高円寺南4丁目57-4 ベルシャトウ高円寺1F
  • 営業時間:13:00-20:00

 

12.ROIR(ロワール)

ROIR(ロワール)はヨーロッパ系の古着を中心に取り扱うお店。大人な雰囲気の落ち着いた店内には、デザイン性の高い古着が並びます。

土臭いというよりも、少しモードテイストだったり上品な印象の古着が多いので、古着をきれい目に着こなしたいという人にはオススメのお店です。メンズ・レディース共にあり。

ROIR(ロワール)
  • 住所:東京都杉並区高円寺南3-46-5 後藤ビル203
  • 営業時間:13:00-20:30

 

13.那由多(なゆた)

那由多(なゆた)はレディースを中心とした古着屋。可愛くてハイセンスな古着が多く、ファッション好きな女性なら楽しめるオススメのお店です。

スタッフさんもとても気さくで、ぼくも数回行っただけですが顔を覚えてくださっていて、服の話や他愛もない話をよくしています。

コーデュロイキャップ / 3,000円

レディース中心ですがメンズが使えるアイテムも置いてあり、ぼくは以前このコーデュロイキャップを購入。こんなに可愛いのに3,000円と、良心的な価格も嬉しいです。

那由多(なゆた)
  • 住所:東京都杉並区高円寺南3-56-1
  • 営業時間:13:00-20:30

 

14.BEACH(ビーチ)

BEACH(ビーチ)は小さい店内にたくさんの古着が並ぶ古着屋。

最大の特徴はその価格の安さ。1着1,000円代はザラで、5,000円以上の服を見つけるのが難しいくらい。たまに300円なんてすごい価格服もあります。

また商品タグが手書きで、たまにほっこりする一言メッセージが書かれていたりと、全体的にゆるい雰囲気が居心地のよいお店。

「高円寺に来たら毎回BEACHで掘り出し物を探す」という人もいるくらい、宝探し的な楽しさがあるお店です。

BEACH(ビーチ)
  • 住所:東京都杉並区高円寺南3丁目55-2
  • 営業時間:13:00-20:30

 

15.即興(そっきょう)

看板のない人気店、即興(そっきょう)。

写真の通りお店の外観はまったく普通の民家です。住宅街にポツンと位置していることもあり、知らないとなかなか行き着けないお店です。

変わったお店ですが、ここに噂を聞きつけた多くの古着好きが集まります。なんでも古着好きな芸能人も足繁く通っているとか。

海外のビッグメゾンブランドの古着からアウトドアまで、ハイセンスなデザイン古着が多数ラインナップ。メンズ・レディースの比率は4:6ほどで、レディースが豊富でした。

価格はやや高めですが、デザイン性の高いハイセンスな古着は他ではなかなか見つかりません。服好きなら一度は訪れてほしいお店です。

即興(そっきょう)
  • 住所:東京都杉並区高円寺南3-59-14 102号室
  • 営業時間:13:00-21:00

 

高円寺で運命の1着に出会う

古着の魅力はその一回性。その日その場所で何気なく手に取った1着と、再び会えることはほとんどありません。

そんな一期一会の出会いだからこそ古着は難しく、同時にそれが古着の楽しさでもあります。自分にぴったり合う古着と出会った経験のある人はだれでも、その後古着の魅力に取り憑かれてしまいます。

この記事で紹介したお店が、あなたにとって運命の1着と出会う場所になれば嬉しいです。今後も足を運んで良いお店があれば、記事に追記してご紹介します。

 

古着の着こなし方についても記事を書いています

着こなし次第では古臭くなったり、汚らしく見えてしまう古着。ぼくが古着を着る際に気をつけていることを以前記事で書いたので、よければこちらも合わせて読んでみてください。

同じタグがついた関連記事を探す

 

Related Posts

Recommended Posts

DRESS CODE. Official LINE@

DRESS CODE.のLINE@をはじめました!記事の更新情報や世間話などをゆるりとLINEに配信予定。新しい記事の更新を教えて欲しい人や、ブログよりもゆるい話が聞きたい人は左の画像から登録してね。